治療記録6 入院

こちらは子宮体癌ステージ2、卵巣癌ステージ1bの治療記録になります。
情報が必要な方への発信と、備忘録を兼ねてupしていきます。

 

 

***

【2018年10月15日入院】

翌日の手術に備えて、前日の午前中に入院しました。

入院受付を済ませ、病棟に行き、病室に案内されます。
個室に入ったのですが、日当たりがよく、明るい病室で少しほっとしました。
病室で着替え後、採血、マットレスの圧の計測、弾圧ストッキング(術後に履きます)のサイズ測定、体重・身長測定などを済ませ、麻酔科に行くように指示を受けました。

麻酔科の先生から、全身麻酔の説明、術後の副作用などについて説明を受けます。
やはり、副作用で術後吐き気や頭痛が出てしまう人がいるとのこと。
これは看護師の友人からも言われていたので、覚悟していました。
こちらに関しても対副作用の薬があるので、あまり心配しすぎないようにするしかないかなと思い、病室に戻りました。

昼食後、仕事を休んで付き添ってもらっていた夫は所用で一度家に帰り、夕方までPCで事務仕事を片付けることに。
R病院は、個室では有線ですがLANが使えたので、メールや気になる雑務などを片付けました。

その間、薬剤師さん、師長さん、夜勤担当看護師さん、手術室担当看護師さんの訪問があり、手術のオリエンテーションを受けました。
特に薬剤師さんと手術室担当看護師さんは、明日の手術の様子を詳しく教えてくれ、安心させるように励ましてくれました。
細やかな心遣いが本当にありがたく、緊張や不安がほどけていくように感じました。

夕方シャワーを浴び、夫が差し入れを持って戻ってきてくれたので、一緒に夕食を食べました。
個室だと面会に来る家族もくつろげるので、落ち着いて話ができます。
私より夫の方が緊張しているようで、少し可笑しかったのを覚えています。

面会時間も終わり、夫を見送り、病室に戻ると看護師さんが下剤を持ってきてくれました。
できれば明日の朝、手術前にお通じがあるのが理想とのこと。
(ない場合は、浣腸コースです。。)
前回の膝の手術の時は前日に緊張して眠れなかったので、今回は眠剤も一緒に処方してもらい、20:30に飲むと30分ほどで眠くなってきました。
R病院は21:00消灯と少し早いのですが、ぴったりには電気を消して寝てしまいました。

眠剤のおかげでぐっすり眠ることができ、手術前の体力温存に役立ったと思います。
不安な方は、念の為処方してもらい飲んでしまった方が良いかもしれません。
効能の軽いものから処方されるので、この程度では癖になるようなことはないそうです。
それよりもぐっすり眠れる方が、手術や術後の回復に体力を温存できて良いそうですよ。

 

 

La mimosa 公式  Instagram は、アカウントを持っていなくても下のバナーをクリックすると見ることができます。
再開した旅行など、日々のことはこちらで発信していきます。
コメントも大歓迎です。

Instagram