治療記録3 検査

こちらは子宮体癌ステージ2、卵巣癌ステージ1bの治療記録になります。
情報が必要な方への発信と、備忘録を兼ねてupしていきます。

 

***

【2018年9月4日 R病院にてMRI検査】

R病院を受診した翌日、同じくR病院でMRI検査を受けました。
この日は、この検査のみで終了。
結果は、検査結果が出揃った次回の外来で詳しく聞くことになっています。

 

 

【2018年9月10日 検査専門病院にてPET-CT検査】

この日は、検査専門病院にてPET-CTの検査を受けました。
行くまでどういう検査か分からなかったのですが、放射性薬剤を投与し、ブドウ糖代謝の機能で病巣や腫瘍の大きさ、悪性か良性かなどを判断できるそうです。
CTは部位ごとの検査になりますが、PET-CTの場合は全身を一度に検査できるので、癌の転移の有無なども分かるそうです。

検査は約3時間ほど。
受付・着替え30分、医師の問診・薬剤投与30分、薬が体内に浸透するまでの安静時間1時間、PET-CT撮影30分〜1時間、という感じでした。

 

この間、料理教室の9月レッスンがあり、まだ卵巣嚢腫の可能性も残っていたので、生徒さんには卵巣嚢腫としてお話しました。
詳細をお話しようか悩んだのですが、レッスンは楽しい場所として提供したいと思い、全ての結果が揃ってからお話することにし、10月の手術と、腫瘍が良性だった場合のスケジュール(手術と療養で2ヶ月お休みする)をご説明しました。
過去に同じ経験をした方や、お知り合いの方の体験をお話してくださる方が多く、女性特有の臓器として、トラブルは多いんだなと感じました。

 

また、先生の許可をもらい、かねてから手配していた北海道へも旅行に行ってきました。
1人で行ったので自分のペースで周れ、色々と考えたりする事もでき、有意義な時間になったと思います。
何より震災直後だったので、わずかながらでも大好きな北海道の応援ができた事が、過去に住んでいた者としては嬉しかったです。

 

【2018年9月13日 Tレディースクリニック細胞診結果】

北海道から戻り、空港からその足で最初に診察を受けたTレディースクリニックに、細胞診の結果を聞きに行きました。
検査は外部に委託するので結果が出るまで2週間ほどかかるが、大事な結果なので聞きに来てください、と言われていたのです。
旅行の手配などが済んでしまっていたので、スケジュール的にこの日しか受診できず、旅行先から場違いな格好で向かいました。
この日は心配した夫が一緒に結果を聞きに来てくれるとのことで、会社を半休取ってくれた夫と待ち合わせをし、診察を受けました。

結果は、限りなくクロ。
「脅かすわけではないけれど、、、」と先生が申し訳なさそうに前置きした上で、超音波検査の画像も見ながら、卵巣と子宮に悪性腫瘍特有の影が映っていること。
原発の特定が画像だけでは診断しづらく、大腸癌からの転移の可能性もあること。
ここではこれ以上は判断できないので、R病院で他の検査結果と合わせて診断を受けてほしい、と言われました。

どこかで覚悟ができていたので、冷静に聞く事が出来ました。
先生はとても申し訳なさそうにお話なさっていましたが、私の不調を真剣に聞いてくれ、発覚しにくい卵巣癌を見つけてくれた先生には感謝しかない、とお伝えしました。
R病院での診察や今後の治療方針をお話し、先生に励ましてもらってクリニックを後にしました。

 

大腸癌の名前が出てきた時には少し驚きましたが、自覚症状のなさから、その線は薄いだろうな、と何となく感じていました。
でも、Tクリニックの先生が慎重派だったからこそ、見つかった病気です。
良い先生に診てもらえて良かったね、と夫と話しながら帰宅しました。

 

 

 

 

La mimosa 公式  Instagram は、アカウントを持っていなくても下のバナーをクリックすると見ることができます。
再開した旅行など、日々のことはこちらで発信していきます。
コメントも大歓迎です。

Instagram

治療記録2 治療方針決定

こちらは子宮体癌ステージ2、卵巣癌ステージ1bの治療記録になります。
情報が必要な方への発信と、備忘録を兼ねてupしていきます。

 

***

【2018年9月3日 R病院受診】

 

初めの告知から週末を挟んで最短の3日後、隣駅にあるR病院に向かいました。
1日でも早く検査を、というTクリニックの先生の勧めもあり、R病院の予約センターの方にも予約外での受診を勧められたので、受付開始30分前に病院に到着しました。

R病院は610床、32もの診療科のある大きな総合病院で、地域の拠点となっている病院です。
特にスポーツ整形外科はプロスポーツ選手も受診するほど有名で、私も4年ほど前に膝前十字靭帯断裂の怪我をした時に、手術・入院・リハビリでお世話になりました。

それほどの病院なので、いつも混み合っており、予約外の診察待ちがどれくらいになるのか…
でも、できれば卵巣癌の得意な先生に診てもらいたい。
そう思っていたので、事前にHPで産婦人科の先生のプロフィールを読み、男性のS先生と女性のN先生のどちらかにお願いしたいと決め、受付でダメもとでお願いしてみました。
本来は医師の指定は出来ないそうですが、たまたまこの日の外来担当医師の関係で、N先生に診ていただくことが出来ました。

診察室のドアを開け、初めてN先生の顔を見た時に「私、この人好きだなぁ」と思ったのを良く覚えています。
私の目をしっかり見て、にっこりしながら、「こんにちは〜今日はどうしたのかな?」と柔らかく言ってくれたからです。
この時の直感は間違っていなくて、今でも病院は嫌ですが、先生に会うのは嬉しくて通っています。

予約外で診ていただく事にお礼を言い、Rクリニックで書いていただいた紹介状を見せながら症状を説明しました。
N先生は一度も遮ることなく「うん。うん。」と頷きながら、しっかりとお話を聞いてくれます。
そして、「詳しい検査をしないと診断名は出せないけれど、卵巣に問題があるのは確かかな。もしかしたら子宮も少し関係してるかもしれない。でも癌かなぁ??」と言われました。

あれ?Tクリニックの先生と、少し話の印象が違うぞ??
と思ったのですが、今から思うと、この後受けていく様々な検査の結果が出るまでに約2週間。
その間、あまり不安になり過ぎないように配慮してくださったのかな?と思います。
現に、腫瘍の内容に関わらず手術は必要なこと、腹腔鏡ではなく全身麻酔の手術になること、手術・入院の予約まで、この日のうちに決定していました。

確かに、卵巣の腫瘍が良性でも悪性でも、大きさ(卵巣が腫れて大きさが6cmと8cmになっていました。通常は2~3cmだそうです。)的には摘出手術になるし、手術をするまでは患者の私がやる事は一緒なんだなぁ、と理解しました。
でも、N先生のこのくらいあっさりした対応が、更年期障害からいきなり癌にまで話が飛躍して混乱していた3日目の私には、とてもありがたかったです。

そして、この後もずっと思うことになるのですが、「卵巣癌になったからって、日常の生活で出来ないことはないよ」と、この時N先生が言ってくださった言葉が、私の目標になっていくのです。

美味しいものも、仕事も、旅行も、お酒も、運動も。
少し気をつけながらにはなるけれど、私の人生に必要なものは全部諦めなくていい!

この言葉に、どれだけ勇気づけられたか。
周囲の人にびっくりされるくらい気持ちまで元気でいられるのは、N先生のこの言葉があったからだと思います。
N先生に出会えて、本当に良かったです。

この日は内診はなく、血液検査だけをし、翌日のMRI撮影、後日別の施設でPET-CTの検査を受ける予約をし、帰宅しました。

 

 

 

 

La mimosa 公式  Instagram は、アカウントを持っていなくても下のバナーをクリックすると見ることができます。
再開した旅行など、日々のことはこちらで発信していきます。
コメントも大歓迎です♪

Instagram