治療記録1 異変と告知

こちらは子宮体癌ステージ2、卵巣癌ステージ1bの治療記録になります。
情報が必要な方への発信と、備忘録を兼ねてupしていきます。

 

***

【2018年8月30日Tレディースクリニック受診】

2〜3年ほど前より、月経不順に悩んでいました。
痛みはさほどないのですが、月経周期が長く、1週間が10日になり、2週間になり…
煩わしいことこの上なく、婦人科で相談すると「加齢のため」と言われ、様子を見るようにとのこと。
出産経験もなく、40代になったこともあり、そんなものかなと思っていました。
別な病院で受けた婦人科検診や子宮頸がん検診でも相談したのですが、どの先生とも同じ答えだったので、放置してしまっていました。
(確か、場所を変えて3箇所で受けましたが、どの先生も同じ答えでした)

この月経周期がいよいよおかしくなってきたのが、2018年に入ってから。
出血が3週間も続き、しまいには出血しない日がなかった月もあって、やっぱりもう一度診てもらおうと思い、今までとは違う病院に行きました。
でも、この時もまだ更年期障害が始まったのかな?と思っていたので、今までとは違うアプローチで診てもらおうと思い、更年期外来と漢方外来のあるTレディースクリニックに行きました。

ここで、いきなり癌の可能性を伝えられました。
症状を話し、すぐに子宮と卵巣の超音波検査を受けたのですが、内診しながら先生が「これは非常に良くないです」と言ったのです。
更年期の検査だと思っていた私は、とても驚きました。
続けて先生がお腹を上から押し「ここ痛くないですか?」と聞いたのですが、その質問を遮るくらいの痛みで声が出てしまいました。
「画像を見ながらお話しましょう」と言われ、内診台を降り、今撮影した超音波画像を見ながら説明を受けました。

お腹の上から触っても分かるくらい、卵巣が腫れていること。
卵巣と子宮の奥に良くない影が映っていること。
卵巣膿腫(良性腫瘍)の可能性もあるが、経験上あまり良くないタイプの腫瘍であると思われること。

これらを告げられました。
このクリニックではCTやMRIの機器がなく、紹介状を書くのですぐに大きい病院へ行くようにと言われました。
それも、できるだけ早く、と。
行きたい病院があるか聞かれたのですが、突然の事でどこが良いかも分かりません。
察した先生が、提携しているというY病院を紹介して下さる事になり、紹介状を書いてくださいました。

この時の感覚は、ショックというより、「まずいなー」というふわふわした感覚でした。
実母を消化器系癌で幼い頃に亡くしているので、心のどこかで「ついに捕まっちゃったかー」という感じがぐるぐるしているだけです。
先生や看護師さんの心配そうな顔や、気遣ってくださっている声色で「これはかなり良くないのでは?」とやっと思うくらい、あまり現実味を感じませんでした。
クリニックを出て、紹介してもらった病院へすぐに電話をして事情を話すと、4日後の予約が取れました。

この時、ふと思いついて夫より先に友人にLineをしてみました。
高校の時からの親友で、色々な場面を一緒に過ごしてきた信頼できる友人です。
彼女は大学病院の看護師で、健康面に関してもいつも相談してきました。
彼女なら紹介してもらったY病院について、何か情報を持ってるかなと思ってのことです。
メッセージを送ると、たまたま休みだった友人が驚いてすぐに電話をくれ、病院について相談できたのが、この先ずっとお世話になりたいと思える先生に繋がるとは、この時は思いもしませんでした。

クリニックで紹介されたY病院は、家から遠く、通うのに1時間ほどかかります。
友人は病院自体に問題はないけれどそのことを懸念し、我が家から車で10分ほどのR病院を受診してはどうか、とアドバイスをくれました。
手術や入院になった場合、その後の通院もあるので、Y病院では負担になるのでは、と。

そこでR病院についてネットで調べると、Y病院と同じくらい卵巣癌の手術症例がありました。
加えて、R病院には膝の怪我をした4年前に手術・入院したこともあり、すぐにR病院へ気持ちが決まりました。
でも、紹介状はY病院宛…
そこで友人にもう一度相談すると、事情を話せば宛名は変更できるとのこと。
すぐにTレディースクリニックに電話をかけると、R病院で事情を話し、受診した連絡を返信して貰えれば、宛名はそのままで問題ないとのことでした。

すぐにY病院に電話をかけ直し、お詫びをし、予約をキャンセル。
次にR病院に電話をして事情を話すと、「予約外で構わないので、最短の来られる日に来てください」と言っていただけました。

ここまで、クリニックを出てから30分足らずだったと思います。
暑い日に路上で電話をしていて、アスファルトに太陽の光が反射してキラキラして綺麗だな〜という風景が、嫌に心に残っています。
電車に乗って、夫にLineをし、驚いた夫からも電話をもらい、とりあえず夜飲みに行く約束をし、お腹が空いたのでお昼を食べに行きました。

そうなんです。
私、こんな時でもお腹が空いてごはんを食べる事が出来ていたのです。
(この他に餃子とビールも頼んだ…)
我ながら、色々と鈍い…

ちなみに、夜もしっかり飲んでました。
落ち込む夫を励まし、景気付けに2軒目も行ったように記憶しています。

 

よく「ショックだったでしょう…」とか、「お辛いでしょう」とか声をかけて頂くのですが、こんな感じで淡々とこなしている、という感じです。
強がりでも、現実逃避でも、不真面目でもなく、目の前のやるべきことをやる、という感じ。
もちろん、癌になってよかったとは1ミリも思っていません。
抗がん剤治療の副作用の恐怖もありました。
でも、「なっちゃったものは仕方がない」
これに尽きるかな。

 

こんな感じの治療日記になりますが、情報が必要な方もいると思うので、記録していきたいと思います。
不定期更新ですが、よろしくお願いします。

 

 

La mimosa 公式  Instagram は、アカウントを持っていなくても下のバナーをクリックすると見ることができます。
日々の些細なことは、こちらで発信していきます。
コメントも大歓迎です♪

Instagram

今年もよろしくお願いいたします

 

2019年、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、楽しく、美味しく新年を迎えられたでしょうか?
私は年末からひいた風邪がなかなか治らず、実家ですっかりお世話になっていました。
同じく帰省していた姉夫婦が美味しいものを色々と作ってくれて、文字通りの寝正月。。。
普段は風邪など滅多にひかないのですが、治療中で白血球の数値が下がっているためか、長引いてしまいました。

ようやく終日起き上がれるようになったので、その後放置してしまっていたブログも再開していきたいと思います。
しばらく治療の記録が主になりますが、よろしければご一読ください。

 

La mimosa 野呂京子

 

実家の犬とごろごろごろごろ…

 

 

 

 

La mimosa 公式  Instagram は、アカウントを持っていなくても下のバナーをクリックすると見ることができます。
日々の些細なことは、こちらで発信していきます。
コメントも大歓迎です♪

Instagram