2015台北たび〜夜ごはん編・阿城鵝肉〜

 

前回の台湾たびの中でベスト1だったと思っている「阿城鵝肉」。
ガチョウのローストが売りの、地元の人に人気のお店です。
おいしくて、美味しくて、帰ってきてからもため息が出るくらい思い出していました。
でも、1つだけ欲求不満に思ったのが、お酒。
見渡すかぎり、店内にビールしかないのです。

この絶品ロースト、赤ワインで食べてみたいな〜〜

の妄想が膨らみ、考えた作戦がこれ ↓↓↓

日本からワインを持って行き、ガチョウはテイクアウト!

台湾は外帯(テイクアウト)天国。
固形物はもちろん、汁物や、鍋料理までも持ち帰りできるんです。
お店にワインを持ち込むことも考えたんですが、思い出す限りそんなことをしてる人はいないし、ローカルなお店で雰囲気を壊すのも…と。
幸い今回のホテルは食器やグラスがお部屋にあり、持ってきたワインもすんなり開けることができました。

ちなみに、私のワインの師匠にアドバイスをもらったところ、中国料理に合うのはシラーとか。
残念ながらイタリアのシラーがなかったので、ちょっとフランスに浮気しましたが、美味しかったからまぁいいか。

シャワーを浴びてさっぱりした後に、クーラーの効いたお部屋で、好きな物をゆーっくり食べる。
これ、結構やみつきになりそうです。

 

阿城鵝肉

住所:台北市中山區吉林路105號
営業:11:30~21:30

ガチョウも美味しいですが、サイドメニューも種類があって美味しいですよ。
特に鵝油拌飯(ローストの肉汁(脂?)をかけたご飯は必食!
今回初めて食べた麻辣血(がちょう?の血を固めたものが、酢辣湯に入っているもの)も美味しかったです。
全メニュー制覇するまで通っちゃいそう。。

 

 

別なお惣菜屋さんでもテイクアウトしたんですが(海老や煮卵の入ったおかずがそう)、パッケージが面白かった(笑)
ハイ、おいしく与えられました♪

 

 

 

 

 

2015台北たび〜夜ごはん編・濟南鮮湯包 〜

 

台湾に来たら食べたいものの一つに、小籠包があると思います。
前回の台湾たびで超有名店の食べ比べをしましたが、結果、お友達が作ってくれる小籠包が1番美味しいという結論になり、今回は食べなくてもいいかな〜と思っていました。

でも、小籠包好きなおっとはまた食べたいんだって。
じゃあ、小籠包以外のお料理も美味しそうなお店にしましょう、ってことで調べてやって来たのが「濟南鮮湯包 」
ここで衝撃の美味しさの小籠包に出会えました!

なんと、松茸の小籠包!
これがもう絶品で。
「松茸入ってるよ〜」って脳が信号を出しているせいかとも思ったんですが、そんなことでごまかされないくらい舌は鍛えているつもり。
じゅわっと溢れ出すスープには、確実に鼻腔を抜けていく松茸の芳醇な香りが感じられます。
皮も薄く、たゆんたゆんな感じは、好みどストライク。
普通の小籠包もおいしかったですが、松茸入り、かなり好きになっちゃいました。

牛肉と干し豆腐の炒め物や、

青菜炒飯などを美味しく食べテンションが上がり、

豪華なエビ炒め(エビの揚げ物、塩漬け卵ソース)まで頼んじゃったのが敗因。。

実は、この後のお会計で、手持ちの現金が足りないことに気がついたんです…orz
綺麗なお店なので、カードを使えるとばかり思っていて、2人ともあまり持ち合わせていなくて。
小銭入れからポケットからかき集めても、200〜300円分足りない…
そうしたら、お店のお兄さん「OK,OK,」って苦笑いしながら言ってくれましたー
本当にごめんなさい!!

というわけで、ここもリピ決定。
次回はお詫びしてちゃんとお支払いしてこようと思います。。

 

済南鮮湯包

住所:台北市濟南路三段20號
電話:(02)8773-7596
営業:11時~14時半 17時~20時半

お昼もやっているので、ランチにもOK。
松茸入り小籠包は、たぶん季節商品ではないかと…
ちなみに松茸入りは350元、プレーン小籠包は180元。
日本語メニューもあります。
お会計負けてくれたりと、お店のひとはかなりいいひと!
ほんとにごめんなさい!!

 

 

テンション上がると値段を見ずに注文してしまう癖、どうにかしよう…
実は前日にも海老胡椒炒めを注文して、お会計でびっくり!な事件が…orz
海老は高い!も学習しましょう。。

 

 

 

 

 

2015台北たび〜お昼ごはん編・鄭記豬脚飯〜

 

大雨の被害が続いています。
実家が茨城にあるので、お見舞いのメールをたくさんいただきました。
幸いなことに、実家のある県央・水戸市は大きな被害は出ていないようですが、県南西部の常総市一帯は未だ救助活動が行われているようです。
どうかこれ以上被害が拡がらないよう、救助活動にあたっている方たちの二次災害が出ないよう、祈るばかりです。

 

台湾の旅行記が途中でした。
こんな時に、とも思うのですが、台湾も先日の台風で被害を受けたばかり。
観光客ができる支援もあると思うので、旅行記続けていきたいと思います。

 

*** *** ***

今回のたびでは、お昼を台北市内で過ごしたのは2回だったので、台北のお昼ごはん編はこれがラストになります。
と言っても、朝食屋さんがお昼過ぎまで営業していたり、終日営業の食堂も多いので、朝に、お昼に、夜に、と食べ方は旅のスタイルに合わせて、というところでしょうか。

でも、こちらのお店は立地のせいか、お昼利用のお客さんが多いようです。

「鄭記豬脚飯」豚足ごはんで人気の名店です。
手前のものがそうですが、トロトロに煮込まれた肉つきの豚足(足なんだから肉があるのが当たり前なんですが、沖縄の”てびち”とはちょっと違う肉付きなのです)、煮卵、高菜、キャベツなどの野菜が乗った、ボリューム満点の丼ごはん。
トロトロのプルプルな豚足を頬張ると「生きてるー!」って、エネルギーがみなぎってきます。
唇がぱっつりしそうな勢いのコラーゲンっぷりですが、野菜のおかげで見た目ほどにはこってりしていないと思います。(当社比)
豚足が苦手なおっとは、奥の東坡肉飯(角煮ごはん)を食べましたが、こちらもおいしかったそうです。
でも、私は豚足ごはんの方がスキ。
ここもリピ決定かな。
ご馳走さまでした。

 

【鄭記豬脚飯】

住所:台北市延平南路22号(台北郵便局のすぐ近く)
電話:02-2371-1366
営業時間:11:00~20:00
定休:毎週日曜日

台北郵便局の向かいにあるので、お昼時は地元のひとで混雑しますが、メニューは上記の2つと、虱目魚(サバヒー)の煮付けの、すでに煮込まれている3つが柱メニューなので、満席でもさほど待たないと思います。
一見ローカル過ぎて入りにくい雰囲気ですが、お店の方は皆さん親切です。
店頭に、豚足も角煮もサバヒーも並んでるので、指差しで注文できますよ。
スープはセルフで無料でした。

 

 
シルバーウィークに旅行を予定されている生徒さんもいるので、UP急ぎます!

 

 

 

イタリア料理教室La mimosa 9月レッスンメニュー

 

 

イタリア料理教室La mimosa 9月のレッスンがスタートしました。
レッスンメニューの詳細をご紹介いたします。

 

Pane   Taralli Napoletani
ナポリ風タラッリ

南イタリアの乾パン、タラッリをご紹介します。
半発酵生地で作るスナック的なパンで、おやつにも、食事やワインのおつまみにもオススメなタラッリ。
アーモンドを練りこんで、香ばしく、スパイシーに仕上げます。

 

Primo Piatto   Paccheri con Polpo affogato
溺れ蛸で和えたパッケリ

ナポリの郷土料理、蛸のトマト煮込みを南イタリアで人気のあるショートパスタ、パッケリで和えたお料理。
漁師風に、敢えて無骨に仕上げました。
涼しくなってきて、煮込み料理も苦ではなくなる季節。
ほったらかし料理の真髄ですが、美味しさは保証付です。

 

Secondo Piatto   SANMA al Finocchio
さんまのフィノッキオ焼き

脂が乗ってきた旬のさんまを使って、美味しいイタリアンに仕立てましょう。
フィノッキオ(フェンネル)の風味をまとったさんまは、新しい味わい。
塩焼き+大根おろしも捨てがたいですが、イタリアンなさんまも美味しいですよ。

 

Dolce   Delizia al Limone
デリツィア・アル・リモーネ

ソレント地区の郷土菓子、デリツィア・アル・リモーネを作りましょう。
工程の多いお菓子ですが、家で食べるデザートとしてレシピを工夫しました。
「家で食べる=持ち運びをしない」をメリットとし、クリームをぎりぎりまでゆるく仕上げたので、とろーりふわふわの食感も楽しめます。

 

今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは、

’14 greco (右)
カンパーニア州の白ワイン。
香りはナッツやハーブ、干し草、アプリコット。
酸味がしっかりとしていて、あらゆるお料理に合わせやすい、万能なワインです。

’13 KRA’TOS PAESTUM BIANCO(左)
こちらも南イタリアを代表するぶどう、フィアーノ種100%の白ワイン。
はちみつのニュアンスが特徴。
香りはフルーティーですが、ミネラル感もしっかりあります。

今月はカンパーニア州のお料理を中心にメニューを構成しました。
太陽が懐かしい空模様が続いていますが、食卓だけでも乾いた風が吹くように、南イタリアの美味しいお料理をご紹介します。
お料理はスパイシーに仕上げていますので、ドルチェは甘〜く滑らかな食感を楽しめるように工夫しました。
オーブンに煮込み料理。
本格的な秋の到来です。
どうぞお楽しみに!

秋と言えばの、キノコにすだち。
絶品香りしめじと四国の友人が送ってくれたすだちをきゅっと絞って、イタリア仕様のコントルノに仕上げました。(お皿も友人Kさんからのプレゼント♪)
きのこの内容はクラスによって変更があるかもしれませんが、こちらはささっと仕上げてお試しいただきます。
秋の味覚をお楽しみください。

残り日程の空席状況です。

Eクラス:9月11日(金)11時〜    満席

Aクラス:9 月12日(土)11時〜  残3席

Bクラス:9月13日(日)11時〜   残1席

Hクラス:9月15日(火)11時〜  残1席

Fクラス:9月26日(土)11時〜  満席

Gクラス:9月27日(日)11時〜  満席

体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお早めにお申し込みください。
また空席待ちも承ります。ご遠慮なくお申し付けください。

 

 

 

 

イタリア料理教室La mimosa 9月レッスン空席状況

 

お待たせしておりました、9月レッスンの空席が確定しましたので、ご案内いたします。

Cクラス:9月7日(月)11時〜   満席

Dクラス:9月8日(火)11時〜   満席

Eクラス:9月11日(金)11時〜    満席

Aクラス:9 月12日(土)11時〜  残3席

Bクラス:9月13日(日)11時〜   残1席

Hクラス:9月15日(火)11時〜  残1席

Fクラス:9月26日(土)11時〜  残1席

Gクラス:9月27日(日)11時〜  満席

今月のメニューは

Primo Piatto・・・溺れタコの煮込み和えパッケリ
Secondo Piatto・・・さんまのフェンネル焼き
Pane・・・タラッリ
Dolce・・・デリツィア・アル・リモーネ(レモンケーキ)

上記を予定しております。

体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお早めにお申し込みください。
また空席待ちも承ります。ご遠慮なくお申し付けください。

 

*** *** ***

 

先日、千葉の農場を見学させていただきました。
写真は落花生です。
現地では塩茹でもポピュラーな食べ方。
ご馳走になったレストランでもいただきましたが、とっても美味しかったです。

こちらは花オクラの畑。

蕾の中の根元部分に小さなオクラが!
こちらは花を食べる品種で、大きくなってしまった実は毛がごわごわしていて食用には向かないそうです。
でも、

観賞用にはこの通り。
日持ちも良いので、夏場の貴重なグリーン素材として重宝しそうですよね。

 

今回ご案内いただいたのは、ベジターの畝田さん。
ルッコラステーション代表として、生産者さんから直接野菜を買い付けなさっています。
時には収穫もし、新鮮野菜を発送してくださいます。
この日も1日たっぷりたくさんの生産者さんをご紹介くださり、あっちの畑でパクリ、こっちの畑でパクリ、とたくさん見学(味見)をさせてくださいました。

土の匂いと圧倒されるほどの緑・緑・緑。
この場所に立つと、お料理のインスピレーションが湧き、いろいろなことを試してみたくなります。
今後レッスンでも積極的に取り入れていきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

 

警戒心ゼロののびのび猫。
よい環境だな〜