2015台北たび〜お散歩おやつ編・冰讃 〜

 

レッスンの時に生徒さんから「台湾ごはん、美味しそうでしたね〜」と妙に過去形で言われることが多かったので「まだ終わってないよ??」と言うと皆さんびっくり!
「どれだけ食べてるんだ…」って皆のカオに書いてある。。

でもね、名誉(?)のために言うと、1日3食しか食べてないんですよ?
おやつを食べる時は、お昼を抜いたり軽くしたりと工夫をしていたし。
空いた時間にはプールでがしがし泳いでいたし?

って、この丸顔が何を言っても説得力ないですね(笑)
では、いよいよ食べ物編ラスト!
夏を懐かしく思い出すかき氷で締めましょう。

夏の台湾に行かれる方は、皆さんこれをお目当てにされるんじゃないでしょうか。
台湾マンゴーのかき氷です。
前回も食べた冰讃のマンゴーかき氷、芒果雪花冰です。
雪花冰という、ミルク味の氷をふわふわに削って作るかき氷で、このふわふわ氷と濃厚ずっしりなマンゴーとのバランスが美味しさのポイント。
暑い日に食べると、美味しさも三割り増しくらいに感じます。

でも、昔スタイルのかき氷も捨て難い、ってことで頼んだ5種トッピング+黒蜜かき氷。
甘草ゼリー、煮落花生、小豆、かぼちゃだんご、タロイモだんごをトッピングしてもらいましたが、これがまた美味!
マンゴーも美味しいけど、私はこちらのクラシカルな方もとても好きです。
シェアして食べられるなら、こちらもお勧めです。

 

 

冰讃

住所:台北市雙連街2号
営業:11:30~23:00

マンゴーの季節しか営業しないので、注意してください。
遅い時間だとマンゴーが売り切れることがあるみたいです。

 

次で本当にラスト!
台北ホテル編をUPします。

 

 

【おしらせ】

 

 

 

 

 

カリフォルニア・レーズン協会公認クッキングアンバサダーとして、レーズンの魅力をお伝えしています。
先日あった粉研で美味しいレーズンパンをいただきました。
丸顔がますます丸く?!
こちらでご紹介しています。
よかったらご覧になってください。

 

世界の家庭料理レシピサイト FOODIES レシピ

FOODIESレシピさんでは、他にもイタリア家庭料理などをご紹介しています。

 

 

イタリア料理教室La mimosa 10月空席状況&食事会のお知らせ

 

 

イタリア料理教室La mimosa 9月のレッスンが終了しました。
皆様お疲れ様でした。
今月は天候不順な日が多く、例年の9月とは違い、一足飛びに秋が濃くなってきたように思います。
これから更に秋が深まり、お料理するのが楽しみな季節になりますね。

 

写真は、トレンティーノ=アルト・アディジェ州で食べた、カネーデルリ。
ドイツやオーストリアで食べるジャガイモのお団子、クヌーデルに似ていますが、こちらはパンで作るお団子です。
ポーヴェロ料理(貧乏料理)と言われますが、ハムやチーズ、卵などが入って、なかなかズシリとくる一皿で、寒くなってくると食べたくなる北イタリアのお料理。
10月はこちらをご紹介しようと思います。

Antipasto   きのこのスフォルマート
Primo Piatto  カネーデルリ
Secondo Piatto  ローストポーク・りんごとジャガイモのソースで
Dolce      モンテビアンコ(イタリア版モンブラン)

上記のメニューをご一緒に作る予定です。

10月の空席状況は、

Cクラス:10月05日(月)11時〜   残席1

Dクラス:10月06日(火)11時〜   満席

Aクラス:10月10日(土)11時〜   残席1     ※満席になりました

Bクラス:10月11日(日)11時〜   残席1

Hクラス:10月13日(火)11時〜   満席

Eクラス:10月16日(金)11時〜   満席

Fクラス:10月17日(土)11時〜   満席

Gクラス:10月18日(日)11時〜   満席

※カレンダーの関係で、10月はレッスンの順番がアルファベット順ではありません。
レギュラー会員の方は、お間違いのないようにご注意ください。

体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」より、お気軽にお申込みください。

 

 

 

【レギュラー会員・ワンレッスン会員の方へお知らせ】

春のお花見が残念ながら雨で中止となってしまったので、次のイベントの機会を伺っていました。
そこで、食欲の秋を堪能するべく、食事会を開催したいと思います。
前回の食事会でも美味しい郷土料理を作ってくださった市川シェフにまた腕をふるっていただき、北イタリア料理を堪能しませんか?
(白トリュフが食べられるかも!??)

日時:10月23日(金)19時30分〜
会場:ALA (JR原宿駅・東京メトロ副都心線 明治神宮駅 徒歩5分)

詳細は追ってご連絡いたしますが、おおよその参加人数を把握したい為、ご参加ご希望の方は info@lamimosa.jp までメールにてご連絡ください。
会場の都合により、希望者多数の場合は先着順にて締め切らせていただく場合がございます。
柔軟に対応したいと思っていますが、予めどうぞご了承ください。
なお、「開始時刻に間に合わないけれど参加したい、、、」などのご相談も、お気軽にご連絡ください。

今年の誕生日のお祝いも、市川シェフにALAでご馳走を作っていただきました。
おいしかったのよーーー
スタッフの方にもお祝いしていただき、楽しいひと時でした♪
食事会も楽しみ!!

 

2015台北たび〜お散歩おやつ編・北投・淡水〜

 

今回のたびも台北のホテルに滞在していたのですが、日中は電車やバスを使って、近郊の街へ遊びに出ていました。
台北はMRTという地下鉄がとても便利で、主要な場所へはほぼこれで行き来できます。
それに路線バスも加えれば、かなり無敵。
両方で使える「悠々カード」という、suicaやパスモのようなチャージ型カードを作ると、とても便利。
特に路線バスは料金体系がちょっと複雑なので、チャージしておいたカードで乗り降りできるのは思いの外楽チンでした。

その路線バスを使って行ったのが、温泉で有名な北投。
MRTでも行けるのですが、朝ごはんに出かけた先に北投行きのバス停があったので、試しに乗ってみました。
MRTの方が早いと思いますが、車窓からの景色を眺めることができるので、バスも楽し。

北投では、さくっとドクターフィッシュの足湯を楽しみました。
角質を食べてくれる魚と聞いて、ピラニアみたいなのをイメージしていたんですが、金魚みたいで可愛いの。
でも、なぜかおっとより私の足の方が人気で、微妙な気分。。
ネイルサロンに行って、フットケアには気を使ってるのになーーー

写真は撮らなかったのですが、北投には素敵な建築で有名な温泉博物館と図書館があり、街や市場を散歩したりと、よいショートトリップのコースになると思います。

でも、この後に行った淡水は、うーーーん、、行った日(晴天の週末)が悪かったのか、海沿いは休日の原宿・竹下通りのようなすごい人混み。。
早々に退散して、別区画の路地裏散歩を楽しみました。

老舗の風格の豆花屋さん。
豆花とは、簡単にいうと豆乳プリン。
甘い絹ごし豆腐と言ってもいいかな?
大抵は、トッピングを選び、甘いシロップをかけていただきます。
私は落花生と緑豆の甘い煮豆、甘草ゼリーなどを入れてもらいました。
ふわふわつるん、ひんやりしていてとても美味しかったです。

更にずんずん歩いていると、香ばしい良い匂い。
台湾名物、雛排のお店です。
雛排は、フライドチキンのことで、台湾の人はこれが大好き。
夜市には大抵名物の雛排やさんがあります。
ここのお店は骨つきのものなど、いろいろな部位がありましたが、一番人気は骨なしの胸肉。

ご覧のように、すごい大きさです。
でもこれ、お肉を叩いているからの大きさで、かつ、皮は取り除いてあるようなので、見た目よりもしつこくはありません。
このお店では、オーダー後に、更に揚げ直ししてくれるので、熱々のさっくさく!
私は豆花でお腹いっぱいだったので、これはおっとがほとんど一人で食べてましたが、軽くイケた模様。
好みでスパイスなども振ってくれるので、ピリ辛にしてもらって、美味しくいただきました。

 

お散歩で発見したワン。
唐揚げ風?サイババ風??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015台北たび〜お散歩おやつ編・平渓線〜

 

シルバーウィークに入った途端、とっても良い天気ですね〜
私はここまで16日間、おやすみ無しで仕事だったので、連休は遊ぶぞー!と気合が入っているところです。
初日はお弁当を持って野球観戦(久々勝ち試合見られました!)、TVでラグビーW杯観戦(Japanの大金星に感動!)と、なかなか楽しい滑り出し。
楽しい気分ついでに、台北お散歩編をUPします。

 

今回の台湾たびでは、電車やバスなどの公共の乗り物で台北近郊の街へ遠足に行きました。


中でも平渓線で行った、猫村として有名な「猴硐」は1番行きたかった場所。

村中猫まみれで、猫好きにはたまらない場所です。
(以前ご紹介したオリに入った三段猫は、ここの村で飼われているコです。生徒さんから指摘があったんですが、食材じゃないですよ!)

むはー!と大興奮の私を冷ややかな目で見るおっとのご機嫌を取ろうと、おやつも食べました。

黒糖かき氷です。
地味〜なルックスですが、下にサツマイモのお団子や、甘い煮豆などが入っていて、とっても美味しかったです。
黒糖はこの村の名物なのかな?
あちこちにのぼりが立っていました。

お次はランタン飛ばしで有名な十分へ。
線路の脇にせり出すように露店が並ぶ、平渓線でも人気の街です。
1メートルもある大きなランタンに願い事を書き、日を灯して飛ばす「ランタン飛ばし」が名物。
私たちもやってみましたが、飛んでいったランタンはどうなっちゃうんだろう…と、ちょっと環境が心配になりました。。

ここでも何かおやつをと思ったんですが、天気のよい週末だったのも重なってすごい人出だったので、帰りは十分老街の外れからバスに乗って台北市内へ帰り、夜市でおやつ。

「蚵仔煎」牡蠣のオムレツです。
ビールも飲んで、おやつっていうよりアペリティーボかな?

この蚵仔煎のように、台湾では「小吃」と言われる軽食がたくさんあり、好きな時に楽しむことができます。
簡単な食事としても、おやつとしても、おつまみにもちょうど良いので、とても便利。
小吃の食べ歩きも楽しいですよ。

 

平渓線

沿線の駅周りは、ノスタルジックな風景が広がり、異国でいながら、懐かしい気持ちになります。
台北からは台鉄で。台鉄瑞芳駅で乗り換え。
電車は1時間に1本ほどなので、乗り換え時間などに注意。
週末はとても混むので、帰りは十分からMRT木柵駅行きのバス、というのも手です。
ただ、バスは大部分が山道を通るので、乗り物酔いしやすい方は注意してください。

 

 

あんにゅい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015台北たび〜夜ごはん編・真平北〜

 

 

台北夜ごはん編のラストは、鍋料理。
実は、この旅行の前日、締め切り仕事が終わらずに完徹し、ちょっとへろへろになっていた私。
加えて35℃の炎天下で散歩だプールだ、と少々飛ばしてしまい、夕方ちょっと具合が悪くなってしまいました。
じゃあ、夕ご飯は体に優しいものを(具合悪くても食べるヨ!)、ってことで選んだお店。
ここまで読んできて、胃が痛くなってきたひとにも優しい記事になっています(笑)

酸菜白肉鍋、酸っぱい白菜と豚肉の鍋です。
漬物って発酵が進むと酸っぱくなってきますよね?
それを鍋にしたもので、酸味と発酵食品のコクがたまらなく美味しい鍋です。
煙突のような部分に熱く焼けた炭が入っていて、ずーっとぐつぐつ煮えています。

写真は具が2種類しか見えませんが、肉だんご・豬血(豚の血を固めたもの)・海老・豚バラ肉・あさり・白菜などなど、海山の具材がたっぷり。
日本では馴染みがない豬血ですが、つるんとした食感でさほど臭みはなく(レバーより臭くないです)、食感のアクセントになって私は結構好きな食べ物です。

こちらのタレで食べるのですが、このタレがまた絶品!
沖縄の豆腐餻に似たものが入っていて、何とも言えないコクが出てるのです。
これ再現したいな〜
このタレが美味しすぎて、具合の悪いのを忘れてお腹いっぱい食べました。
というか、、
どうやら胃腸が温まったのが良かったようで、食後とっても元気に!

台湾料理は油の使い方も控えめで日本人にも合うと思いますが、とは言っても和食に比べるとちょっとパワフルなものもあります。
暑いのでどうしても冷たいものを摂ってしまい、胃腸も疲れがち。
そんな時はぜひ鍋料理を試してみてください。
室内はエアコンが効いてるので、暑い時でも美味しく楽しめますよ。

 

真北平

住所 :台北市寧波東街1號(地下鉄MRT「中正紀念堂」徒歩2分)
電話:02-2396-9611
営業 : 11:00~14:00、17:00~21:00

こちらのお店、落ち着いた雰囲気でお料理がリーズナブルなので、地元の人に人気のお店だそうです。
鍋はボリュームがあるので、お盆で運んで来てくれる小菜や他のお料理はほどほどに。
私たちは鍋の他に小菜2皿、水餃子1皿をオーダーしましたが、お店の人に「多いよ?」と言われました。(食べちゃったけど、、)
私たちは食べられませんでしたが、北京ダックも人気らしいです。

 

お店の近くのカフェ。
猫に釣られてふらふら入っていく人多数。
招き猫のプロだ!