2015台北たび〜お昼ごはん編・老牌牛肉拉麺大王〜

 

いよいよ台北たび記録、お昼ごはん編に突入です。
朝もおいしいお店がいっぱいで頭を悩ませましたが、お昼も同様。
毎日おっとと何を食べるか、熱く議論してました。
そんな中、満場一致(って二人だけだけども。)で向かったお店は、昨年に続いてのリピート店「老牌牛肉拉麺大王」です。

ここで絶対外せないのは「炸醤麺」です。
腱などの色々な部位を秘伝のタレで炒めた肉そぼろが、たっぷりとかかっています。
麺は台湾では珍しく、コシのあるもっちり麺。さぬきうどんのような食感です。
卓上にある高菜や豆豉をお好みでトッピングして、カスタマイズ完成。
(おろしニンニクもありますが、肉そぼろに結構なニンニクがガツンガツン入っているので、私は割愛)
ぐにゃぐにゃ混ぜて、いただきます!

こちらもおいしい「麻辣油牛肉拉麺」。
店名にもなっている牛肉拉麺を辛くした麺です。
名前の通り、柔らかく煮込んだ牛肉がゴロゴロ入っていて、食べ応え抜群。
おっと、滝汗をかきながら夢中で食べていました。

昨年も来てすっかりファンになってしまった炸醤麺。
何故かお店の方がコワモテのおじさんばかりで、最初は尻込みしてしまうかもしれませんが、美味しさは格別です。
(おじさんも、ハオチーって言うとニコッとしてくれました。)
口頭注文もなかなかハードルが高いですが、筆談で乗り切って!
頑張った甲斐にもほどがある、おいしい世界が待ってますよ。

 

老牌牛肉拉麺大王

住所:台北市中正區重慶南路一段46巷7號
営業:10:00~20:00

台北駅の南西側にある、城中市場の中にあります。
地元のひとのお買い物用の市場らしく、生活感がたっぷりで、そぞろ歩きも楽しいです。
ほぼ全てのメニューに大と小があるので、お腹の空き具合に応じて。
でも、麺がもちもちしてるので、小でも結構お腹がいっぱいになると思います。

 

 

ここの炸醤麺があまりにも好きすぎて、こんなレシピを考案しました。

「カリフォルニア・レーズンを使った炸醤麺」

詳しい作り方はコチラからご覧ください。

カリフォルニア・レーズン協会公認クッキングアンバサダー、第3期もご指名いただきました。
また1年、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

2015台北たび〜朝ごはん編・Mr.Lin’s〜

 

 

イタリア料理教室La mimosa 8月レッスン全クラス終了しました。
皆様お疲れ様でした。
今月は酷暑に嬉しいメニューにしたのですが、レッスン終わった途端に涼しくなり。。アレ??
またきっと残暑がやってくると思うので、その時に作ってみてくださいね。

 

*** *** ***

 

さて、まだ暑い頃に行った台湾。
朝ごはん編の最後は、あまりの人気に屋台から路面店へと大出世を果たしたオメデタイお店「Mr.Lin’s」。

「法式豬排」ふわふわのフレンチトーストに、甘めの味付けの焼き豚を挟んだサンドウィッチで人気のお店です。
チーズ(起司)をトッピングするのが、お店のひとのオススメ。

実はこのお店、前回屋台時代にトライしたのですが、残念ながらお休みで入れず…
その後路面店になったと聞いて、人気は本物だったんだな〜と思い、今回は絶対に来てみたかったのです。
営業時間は早朝〜午後15時頃まで。
朝ごはんにもいいですが、時間が合えばお昼にもよいボリュームです。
このフレンチトーストの他に、パンが素焼き(トースト)してあるサンドウィッチタイプや、ごはんと組み合わせるメニューもありました。

ちなみに中国語でサンドウィッチは「三明治」と書きます。
日本語的解釈だと「三方を明らかにして治める」というかんじ?
なんだか分かりやすくて、すぐに覚えてしまいました。

店内は今時のコーヒーショップ風で、若い人が入りやすいような綺麗な造り。
伝統的なスタイルの朝食やさんではありませんが、たまにはこんな朝ごはんもいいなと思いました。

 

Mr.Lin’s

住所:台北市中山區農安街8-2號
営業:6:00〜15:00(完売次第閉店)
URL:https://www.facebook.com/MrLinsBreakfast

お店は不定休なので、行く前に必ず上のfacebookをチェックした方が良いですよ。
フレンチトーストタイプの「法式豬排」も美味しいですが、私は素焼きパンタイプの「豬排三明治」にチーズをトッピングしたものが気に入りました。
レジに小さなメニュー(英語併記)があるので、指差しでオーダーできます。
お店の人がとっても笑顔で、いろいろオススメしてくれました。
帰る日の機内食用に買うのもいいな♪

 

 

次はお昼ごはん編。
だんだんボリュ〜ミ〜になりますよー

 

だん!だん!!だん!!!

 

 

 

2015台北たび〜朝ごはん編・佳香點心大王〜

 

台湾式朝ごはんにすっかり魅了され、今度はMRT(地下鉄)でちょっと遠出をして、地元の人に人気があるというお店へやって来ました。

MRT景美駅の近くにある、「佳香點心大王」です。
景美駅は私たちが滞在していた中山エリアからはちょっと遠いので行くのを迷ったのですが、地下鉄に乗っても行く価値あり!の名店でした。

食べたのは、
おなじみ「鹹豆漿」と、

「小籠包」、

そして絶品すぎた「焼餅加蛋」!
なのに、写真を撮り忘れちゃった…
実はこれ、「胡椒餅加蛋」というここの人気メニューを頼もうと思っていたんですが、私が間違えてオーダーしてしまったんです。
でも、これがもうもうもう!絶品すぎ!!
翌日もまた来ようか悩んだくらい、美味しかったんです。
ここは絶対再訪決定。

そして、絶品さんがもうひとつ。
ここの「冰豆漿」。
これは冷たい豆乳で、だいたいどこのお店もお砂糖で甘くしてあります。

甘い豆乳って、豆腐好きな私でもそれほど好きではなかったんですが、台湾で飲んで以来、大好きになってしまいました。
朝ごはんやさんには大抵置いてありますが、街角のジューススタンドでも飲むことができます。
暑い時に飲むほんのり甘い冰豆漿は最高!
そして、そんな中でもここの冰豆漿はさらりとしていて、喉越しもよく、甘さも適度で本当に美味しかったです。
思わずおかわりしちゃいました。

この日は土曜日で、近くの市場の買い物ついでに寄る地元のお客さんがひっきりなしにやってきて、店内かなりのカオス状態。
でも、私が邪魔にならないようにそーっと写真を撮っていると、もっと奥で撮りなさい!って勧めてくれたり、日本人と分かると日本語で話しかけてくれたり、皆さん親切にしてくれました。
全メニュー制覇したいくらい、通ってしまいそうな予感です。

 

佳香點心大王

住所:台北市羅斯福路六段255號
営業:月~金 AM 3:00~11:15
土日     AM 3:00~11:45

台北中心部からは少し外れますが、MRT景美駅からは徒歩で5分かからないくらい。
外帯(テイクアウト)のお客さんが多いので、店内で食べる場合は混雑していてもそれほど待たないと思います。
日本人と分かると、日本語メニューを出してくれます。
個人的には、人気店の阜杭豆漿より好きです。
「佳香點心大王」(よい匂いのおやつキング)という名前もスキ。

 

 

 

 

 

2015台北たび〜朝ごはん編・世界豆漿大王〜

 

台湾に来たら、ホテルで朝ごはんを食べるのは勿体ない!
と、私は思います。
それくらい台湾の朝ごはんやさんは充実していて、甘いものからしょっぱいもの、軽いものからガツン系まで、多種多様に楽しめます。
朝ごはんの為に台湾に来たいくらい。
それくらい惚れ込んでいます。

前回のおきにいりで、今回も再訪したこちら。

同名のお店があるようですが、こちらはMRT雙連エリアの路地裏のお店です。
出勤前にテイクアウトする人や、軽く食べて行く地元の人がひっきりなしに出入りしています。
壁には日本語訳のメニューもあり、この日は日本人グループも何組か来ていました。

私たちが来た時は誰もいなかったので、優しいおかみさんがカタコトの日本語でお世話してくれて、たくさんオーダーできました。

私がこのお店で1番好きなのは「卵入り飯團」。
熱々のもち米ごはんに、肉そぼろ、油條、高菜、卵焼きなどを巻き込んだ、ラップごはん。
ボリュームがあるのですが、もちもちのごはんに、カリカリの油條、ふわふわの卵焼きなどの食感が美味しくて、台湾に来たら一度は頼みます。

そして、やはり「鹹豆漿」も。
ここの鹹豆漿はザーサイがたっぷりで、豆乳にもちょっと酸味が付きますが、それがアクセントになって美味しい。

「大根餅」は甘めのタレをかけて。
カリカリもっちりで、ひょいひょい食べちゃう。

この後、小籠包も頼んで(台湾では朝から食べられるお店が多いです)すっかり満足。
店内もキレイで落ち着いてゆっくり食べられるし、おかみさんも旦那さんもいつもニコニコしていてとっても優しいので、大好きなお店です。

猫もいるしね♪

 

 

世界豆漿大王

住所:台北市林森北路310巷27號
営業:6:00~11:30、18:00~23:30
定休:毎週日曜夜と一ヶ月のうち3日間(不定期)

最寄駅はMRT雙連駅ですが、中山エリアからも歩けます。
お店の通りがちょっと分かりにくいので、事前に地図で確認した方が良いですよ。
ちなみに、ご主人達は優しいですが、猫はツンデレです。

 

 

 

 

2015 台北たび 〜朝ごはん編・阜杭豆漿〜

 

お盆も終わり、通常モードに切り替わった方も多いでしょうか?
お子様がいらっしゃる方も、夏休み終盤ですね。

La mimosa でも、明日から後半クラスのレッスンが始まります。
一雨あって嬉しいところですが、ご参加の皆様、どうぞお足元にお気をつけてお越しください。

残りの日程では、8月23日(日)11時〜のクラスに1席空きが出ました。
体験レッスン、ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

 

 *** *** ***

 

さて、8月上旬に台湾に行ってきました。
私達が行った翌週に大型の台風が台湾を直撃し、大きな被害が出てしまいました。
生徒さんでもご旅行予定の方がいらっしゃいましたが、直前にキャンセルなさったそうです。
被害に遭われた方、ご予定の変更を余儀なくされた方、お見舞い申し上げます。

調べてみたんですが、その後の情報があまり入ってこないので(曲がったポストくらい??)現在の台北市内の様子が良く分からないのですが、応援の意味を込めて旅行記を綴っていきたいと思います。

 

今回もチャイナエアラインの始発便、羽田〜松山空港を利用しました。
羽田発朝7時台、松山空港着10時台、空港で両替し、タクシーでホテルに荷物を預けに行っても10時半くらい。
この便で来ると、台湾の朝ごはん屋さんの営業に間に合います。

今回の台北初ごはんは、「阜杭豆漿」で。
朝食を外で済ませる人が多い台湾で、地元の人にも観光客にも1番人気のある朝ごはん屋さんではないでしょうか。
待つ時は2時間近く待つこともあるそうで、行列覚悟で行きましたが、運良く15分ほどで順番がきました。
平日の朝食には遅い、11時という時間が良かったのかな?

食べたのは、左下から時計回りに鹹豆漿・蛋餅・蔥花鹹・大餅。
写真の量を、おっとと二人で食べました。

鹹豆漿は、豆乳のスープのような食べ物で、朝ごはん屋さんの定番中の定番です。
ここのは、干しエビがたっぷり入っていて、豆乳もフルフル。
揚げたお麩、油條が最初はサクサク、だんだんと水分を含んでフニャフニャしてくるのが美味しいんです。
大餅をちぎって浸しても◎

蛋餅は、クレープのような生地に卵焼きを挟んだもの。
生地はむちむち、卵焼きはふわんとしていて、見た目よりあっさりです。

蔥花鹹は、サクサクのパイ生地の中にたっぷりのネギ餡が詰まっています。
熱々を頬張りたいので、これは1人1個にすれば良かったな。

こちらのお店、とにかく列が長い!
建物の2階にあるんですが、お店のレジ前から階段を通り、建物外まで列が出来ていました。
でも、建物入り口付近に並んだ私たちが15分待ちだったので、レジ前の列が一列なら待ってもいいかもです。
(もっと混んでいる時は、このレジ前の列がぐるぐると折り重なっているそう。。)

オーダー方法は、カウンターで注文し、そのままレジにスライドして支払い。
同時にトレーに載ったお料理を渡されるので、好きな座席で頂きます。
連れがいる方は、順番がカウンター近くなったら、席を先に取っておいた方がいいでしょう。
日本語と英語はほとんど通じません。
私はおっとに列に並んでいてもらい、カウンター上にあるメニュー(中国語(北京語))を眺めに行き、紙に書いておいて順番が来たらお店の人に渡しました。

おっとはここの鹹豆漿にハマったようです。
私も大餅や蔥花鹹などの粉ものが気に入りましたが、30分以上並ぶなら、他所のお店に行っちゃうかなぁ…
列が短いタイミングを狙って、また来たいと思います。

 

阜杭豆漿

住所:台北市忠孝東路一段108号2F-28
(MRT板南線「善導寺」駅5番出口すぐ脇。1階は「華山市場」になっているビルの2階)
営業:5:30~12:30くらい(なくなり次第終了)
定休:月曜日、旧正月5日間、端午節、中秋節

 

ここもそうですが、ローカル色の強いお店はメニューがほとんど中国語(北京語)です。
食事を楽しみたい方は、あらかじめお料理の中国語に使われる漢字を少し予習しておいた方が、より楽しめると思います。
でも、中には日本語メニューがあるお店も。
次は、そんな朝ごはんやさんをご紹介します。