カリフォルニア・レーズンを使った保存食/常備菜

 

少し前になりますが、カリフォルニア・レーズンファンクラブ第4回リアルイベント「カリフォルニア・レーズンを使った保存食/常備菜 発表試食会」に参加しました。
協会公認のクッキングアンバサダーの皆さま方と一緒に、テーマに沿った料理を持参・調理し、プレゼンテーションをする、といった趣旨です。

料理家の皆さまのお料理、着眼点など、勉強になるものばかりで、あっというまの3時間でした。
皆さまの美味しいお料理の詳細やレシピは、コチラでご確認いただけます。

私はこちらの「サルデ・イン・サオール」をご提案しました。

イタリア・ヴェネト州の郷土料理で、新鮮な魚を保存する為に生れたお料理。
流通・冷蔵技術が発達した現在でも、家庭の常備菜として、また、現地の飲食店での定番料理として親しまれています。

たっぷりの炒めた酢玉ねぎを鰯が見えなくなるまで乗せるのが美味しさの秘訣。
そして、もう一つの影の主役が、レーズンです。
保存の為に酢をたっぷり使うのでなかなか酸っぱいのですが、レーズンが甘さを補ってくれ、酸味を和らげてくれるのです。
砂糖が貴重だった時代には、レーズンが天然の甘味料としての役割も果たしたのでした。

製糖技術が発達した現在でもその習慣は残り、イタリア料理にはお菓子を除き、調味料として砂糖を加えるレシピはほとんどありません。
自然で身体に優しいものを日常的に摂る習慣があるので、人工的な物が口に合わないイタリア人も多いのです。

流行やイメージなどに関係なく、日常的に自然のものを取り入れるスタイル。
私はとても格好が良いと思います。

サルデ・イン・サオールは、食べ物の傷みが気になる、これからの季節にもぴったりです。
ぜひご家庭で作ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

カリフォルニア・レーズン協会公認 クッキングアンバサダーとして、レーズンの魅力をお伝えしています。

 

 

 

世界の家庭料理レシピサイト FOODIES レシピ

FOODIESレシピさんで、イタリア家庭料理&ニッポン家庭料理をご紹介しています。