2014欧州食旅~クロアチア・ドゥブロヴニク~

 

明日から2015年。
もはや「2014」のタイトルが虚しくなってきていますが、気にしないでー(笑)

ドゥブロヴニクの地名より、この風景をご覧になっていただいた方がピンと来る方も多いと思います。
1979年に世界遺産に登録された旧市街は「アドリア海の真珠」と言われ、多くの観光客で賑わっています。

そう、、ちょっと観光地すぎるのです。。
この街並みの絶景は一度は目にしたい風景ですが、観光地の食事は難易度が上がってしまって…
景色がご馳走!と割り切ることにして、ここでは風景写真を数点ご紹介します。

猫写真が数点混ざってますが、ドゥブロヴニクは猫天国でもありました。
至るところに猫がいて、幸せなひと時♪
最後の黒猫は、ヨーロッパでは幸運を呼び込む使者として可愛がられているんですよ。
2015年、新しい年に皆さまに幸がたくさん舞い込みますように!

よいお年を!!

 

 

 

 

と書いている現在、埼玉のおっと実家におります。
数日前は伊豆におりまして、そして明日は横浜に戻り、明後日からは再び伊豆。
来年も放浪しながら美味しいものを探求していきたいと思います!
酒場じゃないよ!!

 

 

 

 

クリスマスおわりました。

 

 

皆さま、楽しいクリスマスの準備、進んでいますか?

La mimosa ナターレのレッスン、全て終了しました。
1年間、お疲れさまでした!
それに伴い、私のナターレも終了~
1ヶ月クリスマス料理を作り続けて、燃えつきました。。
今日と明日は、餃子やお好み焼きを食べて過ごそうと思います(笑)

先日からせっせと作っているお正月飾り。
姉と一緒に花餅を作って以来すっかりはまってしまい、いくつ飾るの!?状態なほど作りまくっています。

デザインを考えて~
ワイヤーで縛って~
という作業が楽しくて♪

お正月のお料理の準備も始めました。
今年は3箇所で過ごすので、作ったり、下ごしらえしたりの準備が沢山。
レッスン終了と同時に、食材の手配も始めました。
(レッスン中は冷蔵庫ぱんぱんなので。。)

 

クリスマスに大掃除にお正月準備に、と忙しい年末ですが、皆さま体調に気を付けて楽しくお過ごしくださいね。
Buon Natale ☆

 

 

って、終わっちゃうみたいですが、年内しぶとく旅行記UPしまーす。
大掃除の休憩時などにお付き合いください♪

 

 

 

 

2014欧州食旅~クロアチア・ザグレブ3~

【お知らせ】

ナターレのレッスン、キャンセルで12月19日(金)11時~のクラスに空席が出ました。
ワンレッスン・体験レッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお早めにご連絡ください。

 

*** *** ***

横浜でも雪が降ってきました。
さらさらとオリーブの葉に当たる雪の音が、部屋の中にいても聞こえます。
体調を崩されている方も多いので、皆さんもお気を付けくださいね。

同じくらい寒かったクロアチア・ザグレブ編、ラストにご紹介するのは、郷土料理の美味しいレストランです。

サルマというお料理で、挽肉やお米を詰めたロールキャベツです。
日本で食べるロールキャベツと違うのは、塩漬けのキャベツを使うことでしょうか。

 

これがその塩漬けキャベツ。
丸ごと漬けるんですね~
たまたま食事の前に寄ったドラツ市場で見かけた光景です。
これを見てから食べたので、とても勉強になりました。

肝心のお味の方は、今まで食べたロールキャベツの中でNo’1の美味しさでした。
(含む自作。。)
トマトと一緒に煮込むんですが、このお店のはトマトソースをそれほど効かせていないので、あっさり。
塩漬けキャベツはしっかりと乳酸菌発酵された漬かり具合のものを使うそうで、酸味が効いていて、大きな塊をぺろっと食べられました。
暖かな煮込み料理を欲していましたが、重いのはちょっと…という気分だったので、嬉しかったです。

パンも美味しかった~
ラードかな?
多めの油脂を練り込んであるパンで、温めて持ってきてくれたんですが、これが表面がかりっとしていて更に美味しく感じました。

こちらはシュニッツェル。
オーストリアから伝わったと思われる、カツレツです。
薄切りのお肉でハムとチーズを巻き、パン粉を付けて揚げたお料理。
文字だけで美味しそうでしょ?
ボリュームもありますが、レモンをかけていただくので意外と軽く食べられます。

 

こちらのお店は地元の人の利用が多いようで、休日のこの日は、あちこちのテーブルでお祝いをしていました。
後で調べてみると、クロアチア政府から「伝統料理の推奨店」として、栄誉ある第一号店に選ばれたそうです。
お値段も手ごろですし、ドラツ市場からも歩いて行けるので、観光とセットでお勧めできるお店です。

 

Stari Fijaker 900
住所:Mesnička 6/1000 Zagreb,Croatia
電話:01-4833829
営業:日 AM 11:00 – PM 10:00
月 – 土 AM 11:00 – PM 11:00

写真のお料理は、1皿を2人でシェアしています。
これにグラスワインを1杯ずつ飲んで、1人1,500円ほど。
店内の雰囲気も素敵で、今度はゆっくり寄りたいな。

 

なぜゆっくり食事が出来なかったかというと…

蚤の市にハマってしまったから!
日曜日限定で開かれるブリタンスキ広場の蚤の市を強硬手段でねじ込み、ブダペストで行けなかったマーケットのカタキ!とばかりに真剣に挑みました~

その戦利品がこちら。(+姉へのお土産
エスプレッソカップは200年前のものだそうですが、うーん、真贋はいかに??
でも、歪んだガラス部分が可愛くて、値段交渉も頑張ってゲットした、私にはお宝なのです。
レッスンでエスプレッソをご希望の方には、これでお出ししていますよ~

 

それにしても、ザグレブを思い出すと鉛色の空を思い出します。
でも、ようやくこれで悪天候ともおさらば!
青い空、オレンジの屋根~なドゥブロヴニクへ続きまーす。

 

 

 

 

ナターレの準備

 

今月はレッスン日程が変則的ですが、すでに2クラスのレッスンが終わりました。
なかなか写真を撮る余裕がなかったので、撮影日を作って一気撮り。
合わせて、リース、スワッグ(壁掛け)、そして勢いでお正月飾りまで作ってしまいました。

今年のテーブルセッティングのテーマは「実り」。
豊穣を願って、実モノをたくさん使ってデコレーションしました。

に教えてもらってせっせと作っていた落花生トナカイは、ここにいます。
置いたらジオラマ風になったけど(笑)

私的には「完璧!」と思ったリースですが、姉に言わせると「まぁまぁ」だそうです(笑)
ボリュームを均等に花材を盛り込むのが難しいんですよね。
欲張ってたくさん花材を使ったので、吊るしたら重さで少しゆがんじゃった。。

もう一つはスワッグ(壁掛け)スタイルに。
鰯の頭とか刺したい感じ??

もみの木は2代目になり少し小さくなりましたが、生木にこだわっているので、香りも楽しんでいただけると思います。
ここから5年くらいかけて大きくします。

そして、そして!
待ちに待った、皆さんに差しあげるクリスマスプレゼントがイタリアより届きました!!
50個急いでラッピング。(と言うほどのラッピングでもないですが…)
ささやかなプレゼントですが、楽しみにしていてくださいね。
(間に合わなかったCクラス、Dクラスの方達、ごめんなさい(>_<) !お年玉として取っておくので、来月まで待っててね!)

 

直近のご案内ですが、

12月13日(土)11時~
12月16日(火)11時~

上記の日程に1席ずつ空きが出ました。
体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

 

また寒波がやって来るそうですが、身体が暖まるお料理をご紹介します。
どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

イタリア料理教室La mimosa 12月レッスンメニュー

 

2014年、今年最後のレッスンが始りました。
ナターレのご馳走メニュー、今年も豪華なお料理に仕上がっています。

 

Antipasto   Souffle’ di Parmigiano
パルミジャーノのスフレ

パルミジャーノをたっぷり入れた、ふわふわ熱々のスフレ。
オーブンから出したてのふくらんだ様子は、パーティーのスタートを盛り上げてくれます。
熱々の前菜を、よく冷えたスプマンテと一緒にお楽しみください。

 

Primo Piatto   Tortellini in Brodo
トルテッリーニ入りブロード

イタリアのナターレ料理をご紹介します。
丁寧に作ったブロードに、コクのあるフィリングを詰めたトルテッリーニを浮かべ、熱々をいただきましょう。
身体が暖まり、気持ちまでゆったりとする、極上の一皿です。

 

Secondo Piatto e Contorno   Ossobuco alla Milanese
ミラノ風オッソブーコ

仔牛の骨付きすね肉を、コトコト煮込んで作る、ミラノを代表する郷土料理。
たっぷりのソースが絡まるほろほろと柔らかなお肉を食べると、美味しくてうっとりしちゃいます。
ソースを美味しく作るコツもご紹介します。

コントルノには、これもオッソブーコには定番のサフランリゾットを。
黄金色のリゾットに、来年の縁起担ぎの願いも込めました。
おめでたい組み合わせなので、年の瀬にぜひ作ってみてください。

 

Dolce   Gelatina al Vino rosso
ナターレの赤ワインゼリー

キリスト教では、赤ワインはとても大切な意味を持ちます。
ちょっとだけナターレの趣旨を考えられるように、こんなデザートを用意しました。
上にはゆるくホイップしたクリームと洋梨を添えて。
ご馳走の後でも、美味しく食べられるデザートです。

 

ナターレのお料理にmieux-mieuxさんが合わせたワインは…

Franciacorta Francesco 1 Brut (右)
ロンバルディア州のスプマンテ、フランチャコルタ。
シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で作られる洗練された味わい。
中でもUBERTIではリザーブワイン率が高いので、より複雑味が増しています。
華やかでエレガント。パーティーにぴったりの1本です。

’05 VALTELLINA SUPERIORE SASSELLA RISERVA(左)
干したプラム、コニャックなどの濃厚な香り。
この造り手(NERA)は良年のぶどうでないとRISERVAを造らないため、さすがの高品質に仕上がっています。
オッソブーコと合わせると数倍香りが拡がっていく、好相性の赤ワインです。

 

今年のナターレは、定番料理に私なりの解釈を加えたお皿をプラスしてメニューを構成しました。
毎年レベル(予算)が上がっていっている12月のお料理(笑)、皆さんへ1年の感謝の気持ちを込めて作っています。
楽しく、美味しく、華やかに。
そんなひと時を過ごしていただけたらと思います。

 

残り日程、一度満席になったのですが、新たに13日(土)11時~16日(火)11時~のクラスに1席ずつ空きが出ました。
毎年なかなか空きが出ないナターレレッスン、ご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお早めにお申し込みください。

 

 

今月は調理時間に少し時間がかかります。
レッスン後のご予定に余裕を持ってお越しください。