台北ごはん3

 

【お知らせ】

台風18号の影響による公共交通機関の乱れが予想されるため、10月6日(月)Cクラスのレッスンの開催の有無を検討しております。
ご参加予定の方には、5日20時頃に個別にメールにて御連絡を差し上げますので、御確認のほど宜しくお願い致します。

La mimosa 野呂京子

 

*** *** ***

台北ごはん、続きます。

行く前から皆に言われたのが「小籠包、美味しいよ~~」とのお言葉。
日本でもなかなかに美味しいものは食べられると思うのですが、皆が口を揃えて「現地で食べるのは一味違う!」と言うので、楽しみにしていました。

最初は「どのお店に行こう~」と悩んでいたのですが、はしご作戦のおかげで1日4~5食は食べられる事になったので(笑)、2店を食べ比べてみることにしました。

ということで、小籠包対決~!

杭州小籠湯包

 

最初に行ったのは「杭州小籠湯包」。
生徒さんからお勧めされてたので、ここは絶対行きたいなと思っていました。
ノーマルな小籠包(8個・110元)の他に、写真の蟹みそ入りの「蟹黄包湯 180元」も有名なお店。
思っていたよりもちもちっとした皮に、スープたっぷりの餡が包まれています。
餡のお肉は挽きが少し粗めで、存在感があるタイプ。
1個がなかなか大きいので、結構食べ応えがあります。
蟹みその方はコクがありましたが、少し油っぽかったかな?
蟹みそは好きですが、小籠包ではノーマルの方が好みでした。
次に行く予定のお店があったけど、誘惑に負けて小菜(ピータンのザーサイ巻き)と鶏の手を食べちゃいました。
美味しかった!

 

鼎泰豊本店

お次は「鼎泰豊本店」。
日本にも支店がある、超有名店ですね。
いろいろ調べていた時に「でもやっぱり鼎泰豊は美味しい」という現地在住の方の情報もあったので、「杭州小籠湯包」とは別な日に行ってみました。

頼んだのは「小籠包 10個200元」、の他に玄米の炒飯、高菜と豚肉の漬物、などなど。
鼎泰豊の小籠包は皮は薄く、少し小ぶりで、一口でぱくっともいけます。
たゆんたゆんなスープを生地を破ってすするのもいいのですが、やはり一口で食べる方がバランスが良いかな?
お肉は細かめに挽いてあり、生地の薄さとのバランスが良く、美味しかったです。

 

では、気になる対決の勝敗は!?

 

 

お友達が作ってくれた小籠包が1番美味しい!((笑)

スミマセン、1人で美味しいの食べちゃって…

上の2店、どちらも美味しかったんですよ?
でも、皮の厚さ、生地のもちもち加減、肉餡とスープのバランス、温度、など、全てのバランスが良く、一体感があったのは、以前 中国料理歴の長い日本のお友達が作ってくれた小籠包でした。
灯台もと暗し。。

でも、杭州小籠湯包の地元の人があふれる雰囲気は楽しかったし、サイドメニューも魅力的なものばかりでした。
海老とへちまなどの変わり種の小籠包も食べたいので、また行きたいです。

鼎泰豊は、店内に入ると、至れり尽くせり。
さすが高級店だけはあります。
朝から電車で遠出をして少し疲れていたので、このサービスには癒されました。

紅油抄手

それにこれ、鼎泰豊の海老のピリ辛ワンタンが絶品でした!
玄米の炒飯もぷちぷちしていて美味しかったし、小籠包以外のお料理のレベルもさすがでした。

 

 

という訳で、小籠包対決は意外な結果になりましたが、個人的には、お友達のお料理はやっぱり凄かったんだ!ということが分かって、感激を新たにしました。
今度からは台北で小籠包を抜きにして、他のごはんを食べても安心していられます。
「次回からはまた1食違うものを食べられる~♪」と、小籠包を頬張りながら次の旅のごはんを語り合う、中年夫婦。。

 

 

杭州小籠湯包

住所:台北市杭州南路二段17號
電話:(02)2393−1757
営業:日~木11:00~22:00、金土11:00~23:00
休業:年中無休(旧正月は3日間ほどお休み)
カード:不可

 

鼎泰豊・本店

住所:台北市信義路二段194号
営業:10:00~21:00(月~金) 、9:00~21:00(土日、祝日)
休業:無休
カード:不可

 

どちらのお店も、ピーク時はかなり混みます。
通し営業をしているので、14時~17時くらいが狙い目。
遠出で食事時間がずれたのが幸いして、並ばずに食べられました。

 

 

 

 

でも…
もし、上の2店どちらが好きか?と聞かれたら、私は杭州小籠湯包のショウロンポウの方が好きかな。
おっとは鼎泰豊を選ぶというので、この辺は好みの差なんだと思います。
それもごく僅差。