2013イタリアたび シラクーサでシチリアの洗礼

 

長々とお休みをいただきましたが、2013イタリアたび(たべ)記録、再開します。

 

per CHIZURU

 

シチリアたびは、まだまだ夏の余韻が残る、ブーゲンビリアが咲き乱れるシラクーサから始まりました。

カターニア空港からシラクーサのホテルへ到着するまでに、さすがシチリア!の一通りの洗礼を受け、軽く酔っぱらったみたいなテンション。
簡単に書くと…

その1 空港発のバスですら、1時間半遅れ
(まぁ、普通?)

その2 シラクーサに到着したバス停からチェントロ(中心街)に行くはずの無料循環バスが、財政難で半年前に廃線になっていた
(やっぱり不景気…)

その3 タクシーに乗ったら、運転手さん道に迷う
(カーナビに住所入れてる段階でおかしいと思わなくちゃ>私)

その4 運転手さん、実はラグーサの人で、シラクーサの道は分からない
(乗った時に言え!)

その5 運転手さん、道を聞いたコワモテの通行人とすっごいシチリア弁で怒鳴り合い、2人から「とにかく降りろ」と言われ怖々降りるも、運転手さん立ち去る
(えーどうなるのー??)

その6 コワモテがどこかへ電話をかける
(シチリア弁、全然聞き取れない…)

その7 茫然としていたら、様子を伺っていた目の前のバールのお姉さんがいきなりカンノーロ(お菓子)をくれた
(食べたらお金払え!って言われるやつ??)

その8 お姉さん「Buon viagggio ! よい旅を!」と言い残してにこやかに立ち去る
(えぇ?!いいひとー!!)

その9 コワモテの知り合いのタクシーが現れ、コワモテやっぱり「Buon viaggio !!」と言って立ち去る
(ゴメン、すっごいいいひとー!!!)

その10 無事にホテルに到着。しかも、端数の2ユーロは切り下げ!
(もちろん、荷物分上乗せしてお支払しました!)

と、ざっとこんなカンジ。
不便だったり、もー!って思う事もあるけれど、シチリアの人のこの親切があるから、それでオールOKになっちゃうんです。
これが最初に分かったので、この後からぐっと楽しくなりました。

となると、お腹も空いてきて…
ホテルの可愛いお姉さんに聞いて、お勧めのレストランへ向かいました。

 

まずは前菜のブッフェ。
野菜や、新鮮な魚介を使ったものなど、盛りだくさんにあります。
好きな物をたくさんでも、ちょっとずついろいろでも、気分に応じて選べるのは嬉しいですよね。
後から知ったんですが、シチリアは前菜をこのスタイルで用意するお店、多いんです。
いろいろ食べなくてはいけない私みたいなヒトには、素敵なスタイルです。

アラカルトの前菜もありますよ。
こちらは、レッスンでもご紹介した、うにのブルスケッタ。
これを食べた時に、「このお店はアタリだな」と思いました。
田舎料理過ぎず、でも洗練され過ぎず、私の好みのお料理ばかりです。

セコンドにしようか迷ったけれど、名前に惹かれて頼んだ「鮪のボッタルガ(熟成させた魚卵)とアーモンドのリングィーネ」。
いやぁ、絶品でしたコレ。
遅い昼食になってしまったので、夕食を考えて控えようと思っていたのに、おっとと譲り合わないほど。
(早い話、奪い合いね)
ボッタルガはボラの方が美味しいとずっと思っていましたが、鮪だって負けていません。
鮪はシチリアの名産なので、やっぱりボッタルガも美味しいんですね。
アーモンドのまったり感も上手に活かされていて、忘れられないパスタになりました。

 

周りを見渡すと、ヴァカンツァを楽しむヒトばかり。
ブーゲンビリアが咲き乱れ、キレイな海を目の前にし、天気も良くて、ごはんも美味しい!となれば、楽しむしかないよね。

肩の力を抜いて、リラックスしましょ。

 

にゃんこ天国だし♪

 

 

La Tavernetta DA Piero

住所:Via Cavour,44,Siracusa
電話:333.2352296
定休:木曜日

 

 

【お知らせ】

「カターニアの穴場レストラン」の記事でご紹介したお店で食べた、「鰯のベッカフィーコ」について、Tabelatte さんのサイトでもご紹介しています。
名前の由来や、カターニア風とパレルモ風の違いなどにも触れていますので、ご興味のある方は覗いてみてください。

 

イタリア料理教室La mimosa11月レッスンメニュー

 

 

大変お待たせいたしました。
イタリア料理教室La mimosa 11月レッスンメニューをご紹介いたします。

 

Piatti tipici Siciliani

シチリア郷土料理

まぐろのソテーごま風味
かじきまぐろのスピエディーニ ピスタチオ風味
葱とパンチェッタのスピエディーニ
牛タンのオイル漬け
お米とツナを詰めた焼きトマト
うにのブルスケッタ
パンチェッタ巻きポテト
パプリカのチーズ焼き
カポナータビアンカ
ブロッコリーのアンチョビ蒸し
かぼちゃを巻いた茄子のオーブン焼き
人参のクミン風味
ほうれん草のオイル蒸し
市場の焼きリコッタ
ドライトマトのブルスケッタ

 

Dolce   Pignolata
ピニョラータ

 

今月は、私が旅をして感激した、シチリアの美味しいものをぎゅぎゅっと集めました。
お料理は全部で15種類。
作るのはちょっと大変ですが、食べるのはとっても楽しい、ブッフェのような盛り合わせです。
食べて美味しかった現地の味、インスピレーションを受けたオリジナル料理など、今回の旅を通じて吸収してきた、私のシチリアを表現できたと思います。
日本のクリスマスや、年末年始にもオススメなお料理達です。

ドルチェはシチリアのナターレ(クリスマス)のお菓子、ピニョラータを。
松の実(ピノーリ)に似ている可愛らしいお菓子で、作るのは簡単、食べるのも簡単で、ついつい食べ過ぎてしまう危険なお菓子です。
お料理の合間に、ささっと作りましょう。

 

今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは、

’11 Lighea (リゲア)
シチリアのズィビッボを100%使った、土地の白ワイン。
白い花やりんごの蜜など、エレガントで複雑、エキゾチック。
バランス良くきれいにまとまったワインです。

’13 CORVO NOVELLO (コルヴォ ノヴェッロ)
ネーロターボラ、フラッパートを使った、2013年のノヴェッロ。
しっかりとした味わいながら、ノヴェッロらしい、チャーミングな仕上がり。
果実味が程良い、飲み飽きしないノヴェッロです。

 

 

今月は調理に時間がかかるので、終了時刻が通常より30分~1時間ほど遅くなります。
レッスン後のご予定に、余裕を持ってお越しください。

 

***お知らせ 1***

イタリア・ヴェネト州在住のお友達、akiさんが素敵なツアーを企画しました。
ヴェネトの冬野菜の代表ラディッキオの生産農家訪問や、収穫祭を巡るツアーで、通常の旅行ではなかなか難しい、貴重な体験ができます。
旅程を見るだけでも楽しい、魅力的なツアー。
ぜひご覧になってみてください。

http://www.3dent.co.jp/home/radicchio

akiさんより資料をお預かりしていますので、生徒さんでご興味のある方はお知らせください。

 

***お知らせ 2***

続きを楽しみに待ってくださっている方も多いシチリアたびのレポートですが、更新が滞ってしまい申し訳ありません。
1週間ほどお休みをいただきました後、再開いたしますので、もうしばらくお待ちください。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

2013イタリアたび カターニア穴場レストラン

 

続いて、カターニアのお勧めレストランのお話。

カターニアの魚市場に続いての記事なら、あのお店でしょーと思った、シチリア通のあなた。
ふふふ、違うのです。
カターニアの魚市場内にある超有名店のAntica Marina、行くには行ったんですが、なんと工事中で臨時休業!
電話が通じないのでおかしいな?とは思ったんですが、朝、市場に行ったついでに覗いてみると、職人さんがわさわさ。。
「予約したいんですが…」と言うと、「今日まで工事でお休みだよー」とのお返事!
「えぇー、このお店で食事するために日本から来たのにー」(←大げさ)と言ってみるも、「ごめんね、また来てね」との答えに、「分かりました」と納得せざるを得ません。
カターニアで食事が出来るのは今夜が最後。
系列店があるとの情報も耳にはしていたんですが、すっかり心が折れてしまい、心機一転、一から出直すことにしました。

私がレストランを探す時に1番に参考にするのが、住んでいる人のお勧め。
地元のひとが美味しいと思うお店で食事がしたいのです。
バス事件でイマイチ合わなかったホテルのお姉さんとは別なお姉さんがフロントにいたので、試しに聞いてみると、「どんな雰囲気のお店がいい?」と聞いてくれました。
おぉー、これはホントにお勧めを考えてくれるんだな、と思い「この土地の家庭的なお料理が食べたい」と言うと、勧めてくれたのが「STREET FOOD」という名前のお店。
名前を聞いただけでは絶対行かないなー、と思ったのが顔に出たのか、「私が友人達とよく行くお店で、安くて美味しくて、お店の人の感じもいいのよ」と教えてくれました。
じゃあ行ってみようか、と思ったのが大正解。
カターニア最後の夜は、大満足な夜となりました。

こちらのお店、テーブル用のメニューはありません。
お店に入ると、調理済み、もしくは火を入れるだけにされた前菜類が並び、脇にはセコンド用のお肉などがずらり。
お勧めの魚介類が書いてある黒板もありました。
それを眺めてから、テーブルでお店の人と相談しながらメニューを決めていきます。
こういうスタイル、大好きです。

まずね、もうパンからして美味しい。
今回のシチリアでは「パン美味しいなー」と思って食べてましたが、ここのが断トツ1番に美味しかったです。
これにサラミとチーズで終わりでもいい、と思ったくらい。
終わらないけど。

アンティパストには「海の幸の前菜盛り合わせ」をお願いしましたが、1種類・1皿ずつ登場。
これは「カジキまぐろのカルパッチョ」。
軽く燻製にしたものは良くありますが、ここのはカジキがオール生(ビールみたい?)なんです。
まったく火が入っていないので、身がねっとりまったり。
旨みが舌に絡みつくようです。

「鰯のベッカフィーコとアランチーニ」

詰め物をした鰯のベッカフィーコ。
以前レッスンでもご紹介しましたが、ここのは揚げるスタイル。
熱々でかりっと揚がっていて、油くさくなく、ぱくぱく勢いよく食べてしまいました。

前菜はこの他、「タコのサラダ」「甘海老とオレンジのマリネ」「小イカのフリット」。
テーブルに乗りきらないほどですが、ジョージクルーニー似のおにーさんが、冗談を言いながらてきぱきサービスしてくれて楽しい。

「ポルチーニと海老のタリアテッレ」

これはおにーさんに「ポルチーニのパスタが食べたいけど、何か混ぜたい」と言ったら勧めてくれた海老入りバージョン。
シチリアでは、海の幸+山の幸を一皿に一緒に使うお料理を多く見かけました。
これもスペイン統治時代の名残なのかもしれません。
トスカーナの人とかに言うと「ポルチーニに海老!?」と眉をしかめられるかもしれませんが、海老が突出することなく、あくまでダシの位置に留まり、ポルチーニの旨みを存分に引き立てていました。
ジョージ、やるなぁ。

「スピエディーニ2種 カジキマグロのインボルティーニ ピスタチオ風味・パンチェッタの葱巻き焼き」

セコンドにはスピエディーニを。
ビステッカ・フィオレンティーナを強く強く強く(笑)、勧められましたが「この前フィレンツェで食べちゃった」と言ったら、次に勧めてくれたのがコチラ。

これ、多くは語りません。
とても美味しかったので、今月のレッスンでご紹介します!

最後の夜、カッフェとドルチェはお散歩しながら他で食べたかったので断って、お会計をしてもらうと、2人で49ユーロ。
おっとの「安い!」がまた聞けました(笑)

ちなみに、

海の幸の前菜盛り合わせ×2人分
ポルチーニと海老のタリアテッレ×1皿
スピエディーニ2種×1皿
パン・水・ビール大1本・白ワインボトル1本

以上をおっとと二人で食べました。
セコンド2皿いくつもりだったんですけれど、前菜でかなりお腹がいっぱいに。
普通の人だったら、プリモもパスした方がいいかもしれません。
ジョージ以外のスタッフも皆カンジが良くて、とても美味しく、楽しく食事が出来ました。
店名や店構えだけでは絶対に足を止めなかったお店だと思うのですが、行ってみないと分からないものですね。

 

STREET FOOD

住所:Via Coppola,54,CATANIA
電話:095250015

調べてみたら、トリップアドバイザーでも評価が良いようでした。
英語のコメントが多いですが、地元の人達も食事会をしていたりで、なかなか流行っていましたよ。
スタッフは英語も話せます。
ジョージは築地にも行ったことがあるそうです。(この情報いらない?)

 

 

続いては、今回のたびで1番のおきにいりになったシチリア・シラクーサ編。
レッスンが始まるので、のんびり更新していきます。

 

 

 

2013イタリアたび シチリア最大級の魚市場 カターニア

 

すったもんだありましたが、目的も無事に果たしたカターニア滞在。
結果オーライ♪ なご機嫌な気分で改めて街を眺めてみると、やっぱり面白いものです。
特に、食器と同じくらい楽しみにしていたのが、シチリアの一般消費者用としては最大級と言われる魚市場。

朝8時頃だったんですが、すでに買い物する地元のひともチラホラ。
でも、なぜか男性ばかり?
南部の方が亭主関白の傾向が強いと聞いていたんですが、社交場的な場所での買い物は男性がするんでしょうかね?

カターニアの魚市場は、専門店が多かったです。
このお店は、かじきまぐろ屋さん。
他にも、貝屋さん、うに屋さん、海老屋さん、雑魚屋さん、などなど、見ていて飽きません。
まぐろ専門店もあって、美味しそうな中トロもありました。

 

このお店は専門店ではありませんでしたが、ディスプレイが凝っていて面白かった!
魚を色や大きさを考えてバランスよく配置していて、まるで魚が飛び跳ねているみたい。
こういうセンスって、イタリア人は上手いなぁと思います。

ここはお肉屋さん。
手前のお肉は、馬肉です。
シチリアは馬肉も良く食べるので、あちこちでメニューに見かけました。
「キロ6.99ユーロって、奥さん安くない?!」
なんて、つっこみを入れていたのはおっと。
さすが、おばさんっぽいおじさん、目の付けどころが違う。

これは、シチリアの夏~秋にかけて食べられる「フィーキ・ディ・インディア インドいちじく」。
いちじくって名前ですが、実はサボテンの実なんです。
シチリア中、あちこちでサボテンになっているのを見かけました。

食べてみたかったので、ホテルの朝食に出てきて喜んだのも束の間、棘が刺さった…
お店なんかで出てくるのものは、普通は棘は取ってあるんですが、目に見えないほどの小さなものが残っていたようで、旅行中、手がチクチク痛かったです。。
皆さんも食べる時は気を付けてください。
ちなみに、実の中は小さな種だらけですが、種ごと食べます。

ここはブロッコリーばかりを売っていた八百屋さん。
大人の頭くらいの大きさで、1個2ユーロ。
ここでもおっと、「安い!」を大連発。
種買って帰って、庭で作ってね。

魚市場の周りには、八百屋さん、お肉屋さん、お菓子やさん、パン屋さん、雑貨屋さんが集まっていて、ここで一通りの物が揃います。

実は「カターニアの市場でまぐろを買って、お刺身で食べる!」という野望があって、お醤油とわさびも持参していたんですが、この後予定があって泣く泣く断念。。
次回は、キッチン付きのホテルかアパートを探して、ぜひこの市場でお買い物をして、料理をしてみたいと思います。

 

あ、レストランの話はすぐ次に。
ほんとに、すぐ。

 

 

 

 

2013イタリアたび 陶器の街カルタジローネで猛ダッシュ

 

今回のシチリア旅でどうしても来たかったのが、カルタジローネ。
世界遺産ヴァル・ディ・ノートの街の一つで、陶器の街として有名です。
中でも、陶器のモザイクをはめ込んだサンタ・マリア・デル・モンテという大階段が街の一番の見どころでしょう。

ここの陶器はシチリアの中でも評価が高く、そのためリーズナブルとは言えませんが、その独特の釉薬や焼成温度の影響か、とても素敵な色合いで表現されています。
器オタクとしては、何としてでも手に入れたい!
そんな思いで、バス便の多い(はずの)カターニアにわざわざ宿を取って出かけました。
カターニアとカルタジローネは、バスで1時間半ほどです。

が、、、
ここでも、公共交通機関の便が悪いシチリアを体感します。

まず、カターニアから出ているはずのバス。
日本で主な路線のInterbus社とAST社のサイトで調べてみると、Interbusの方がサイトの造りが良くてサクサク調べられます。
一方AST社の方は、かなりの頻度でエラーになってしまう…
こうなると信憑性はInterbus社の方が上だと思うでしょ?
ところがどっこい(どっこいって初めて使ったケド、、)、カターニアのバス停に前日調べに行ったところ、Interbus社のHPで調べたカターニア午前中発の便が全然ない!
シチリアはお昼休みを取るお店が多いので、これでは陶器屋さん巡りは厳しいかも、と思い直し、ホテルのフロントでも調べてもらいました。
すると「Interbus社のサイトで調べると、午前の便があるわ!」と言われ、だからそれはないんだってばー!と言っても「でもサイトにあるんだから、たぶんあるでしょ?」と言われる始末。
そうね、この人達、ぜーーーったいバスでカルタジローネなんか行かないんでしょうね。と戦意喪失。

念のため、電車の便(カターニア~カルタジローネ間は一応鉄道も通っています)も調べてみるも、買い物するには早朝6時台の便しかなく、カターニアの鉄道駅付近の雰囲気を考えると朝まだ暗い時間に「鴨ってください♪」と言わんばかりのおっとを連れては、あまり選択したくない手段。

困ってInterbusu社のチケット売りのおねーさんに聞いてみると「ASTなら午前便があるわよ~」との答えに、勢い込んで「何時にあるの?!」と聞くと「さぁ~?」とのつれない返事…

肝心のAST社のバス停には時刻表はなく、チケット売り場もなし。
結局、1時間ほどエラーと闘いながらAST社のサイトでカルタジローネ行きの便を調べて、何とか午前中2便を発見し、翌日30分前にバス停に行って、近くの人に聞きまくる作戦に出ました。
これが功を奏し、同じAST社のラグーサ行きのバスの運転手さんからカルタジローネ行きの出発時刻を聞き出し、待機。
紙に手書きで「CALTAGIRONE」と書かれたバスを発見した時は、涙モノでした。。。

と、こんな騒動の末辿り着いたカルタジローネ、それはそれは素晴らしい眺めが広がっていました。
と言いたいところですが、まだまだあるよシチリア。

バスの終着駅から街の中心部までは約2キロ。
路線バスもあるにはあるんですが、1時間に1本程度。
タクシーもなし(ついでにタクシーの電話番号もなし)。
バス停付近で日向ぼっこしていたおじいちゃん達に道を聞いて、歩いてチェントロに向かいました。
もちろん、途中で違う人にも道を確認するのは言うにも及ばず。
おじいちゃん疑ってごめんね、でもイタリアが私をこうさせたの。。

そんなこんなでやっと辿り着きました、陶器の大階段!
これは142段登り切った、頂上から撮影しました。

142段、一段一段に陶器のタイルが埋め込まれています。
このデザインは、上に行くほど新しくなっていくそうですよ。
どれもがみんな素敵で、登りの疲れを忘れさせてくれます。

カルタジローネの陶器には、昔は青・緑・黄色の釉薬しかなく、赤色などが使われるようになったのは近代に入ってからだとか。
焼成温度が低かったので、赤色などはなかなか出にくかったようです。

この階段添いにはたくさんの陶器屋さんが並んでおり、一見するとやはり昼休みを取るお店も多そう。
ダッシュで見て周り、結局階段ふもとのエリアにある、いろいろな作家さんのものが集まったお店で購入することに決定。
昼休みを聞くと、ここは通しで開けているそうなので、急いでレストランでお昼休憩を取ることにしました。
イタリアの田舎街はお昼の時間を外すと、あとはバールくらいしか選択肢がないのです。

このエリアは豚肉が美味しいそうなので、豚肉のグリルとコントルノのピアットウニコを、土地の赤ワインと一緒に流し込み。
とても美味しかったんですが、帰りのバスの時間が気になって、早々にお店を後にしました。

この後のことは、今思い出しても疲れる(笑)

急いで陶器店に戻り、レジの人に「たくさん買うから、ここに置かせて」と言って、売り場とレジを何往復もし、友人に頼まれていた分も購入。
送料は友人達も負担してくれるというので、送るつもり気満々でいたのですが、日本まで180ユーロもかかると言われ「180ユーロも払っても壊れるかもしれない航空便より、機内持ち込みできるスーツケースで、自分たちで運んだ方が良くない?」という結論に至り、手持ちで運ぶことを決行。
(焼成温度の低い陶器は、壊れやすいのです)
10キロの陶器を抱えて、迫るバスの出発にダッシュで2キロの道のりをバス停へ。
5分前にバス停に着くと「切符はあそこのバールで買って」と、こんな時に限って融通の効かないバスの運転手さん。
来る時に切符を往復分買っておこうか迷ったんですが、帰りはどの会社のバスに乗るのかその時点では決めかねたので、片道分しか買っていなかったんです。
坂道をもう一度ダッシュでバールに戻り、切符を買ってバスに乗り込んだ時は「もう二度とバスでは来ない!」と心に誓いました。

でもね、これで終わりじゃないの(笑)

カターニアに戻って、買った器分増えた荷物をを翌朝乗る飛行機で運ぶには、どう考えてもスーツケースが1つ足りない。
迫りくる閉店時間に追われ、20分でスーツケースを買いに夜の街へGO!
あまり選択肢があるわけではなかったんですが、どうにか気に入ったものを見つけ、連休前の楽しげな地元っ子をよそに、疲れた顔でスーツケースをガラガラ引いてホテルに戻りました。

 

念願かなって行けたカルタジローネ。
違う意味でも思い出深い街になりました。
でもやっぱりまた行きたいなぁ~
もちろん車で(笑)

 

遠足で来ていた、イタリアの子供たち。
笑顔で登れるなんて、若いねぇ。。

 

INFORMAZIONI

カターニアからカルタジローネへ行くバスは、カターニアの鉄道駅前のAST社の発着所、及び駅付近のInterbus社のバスターミナルから出ています。
いずれの会社も、チェントロにある Piazza Borselino(ボルセリーノ広場)とカターニア空港を経由しますが、ボルセリーノ広場のAST社のバス停は小さく、非常に分かりにくいので注意してください。
2013年10月現在、ボルセリーノ広場のAST社のバス停は、Interbus社のチケット売り場の前の道路際にありました。
AST社のバスの切符はカターニア発ではバス内で購入できましたが、カルタジローネ発はバス停近くのカルタジローネの駅のバールで購入しました。
運転手さんによっては、バス内で購入させてくれるかもしれませんが、念のためバールで購入しておいた方がよいと思います。

不慣れな人には使いにくいイタリアのバスですが、中でもシチリアは更に不便です。
バスの時刻はもちろんですが、バス停の確認、切符の準備、帰りのバスの時刻など、調べられることはあらかじめ調べておくことが大事です。
そして、分からない事や不安なことは、どんどんひとに聞きましょう。
大抵の人は親切に教えてくれるので、この点で不便さをカバーできると思います。
そして、時間には余裕を持って。
遅れる事が多いイタリアのバスですが、たまーに時間より早く出発してしまうことも。
気を付けないと、私のようにダッシュするはめになりますよ~(笑)

 

 

次は、疲れた体を癒してくれた、カターニアの美味しいレストランのお話。