2013イタリアたび チョコレートの街モディカ

 

ヴァル・ディ・ノートの諸都市の一つ、モディカにやってきました。
モディカは1693年の地震で壊滅し、その後、後期バロック様式の建築を取り入れながら、見事に再建しました。
現在は、モディカ・アルタ(高台の街)とモディカ・バッサ(下の街)とに分かれてはいますが、家々の隙間を縫うように小路や階段が点在し、人々が行き来しています。

イタリアに来てから晴天続きですが、この日は特に暑く、ブーゲンビリアとジャスミンが匂い立つほどに咲き乱れていました。
時間も空気も、とてもゆっくり流れているように感じます。

さて、モディカに来た目的は、ここにもスペイン統治時代の素敵な置き土産があるから。

それが、このカカオです。

シチリアの中でも早い時代からスペインに統治されていたモディカには、スペインが新大陸発見をしたことから、南米よりこのカカオも持ち込まれました。
当時のカカオはお菓子というよりは、防腐剤や精力剤としての効能が重宝されていて、ここモディカの名物でもある牛肉とチョコレートのビスコッティ「ムパナティッギ」という食べものが生まれます。

牛肉とチョコレート?!というと妙な感じがしますが、まだ冷蔵庫などがなかった時代、防腐効果の高いカカオを混ぜる事で長期間保存の可能な食品を作った訳です。
食べてみると、シナモン・クローブなどのスパイスが効いているので牛肉の味はほとんど感じません。
甘いのでお菓子として認識しますが、昔はどちらかというと滋養強壮のための食べものだったそうです。

チョコレートの製法にも、スペイン統治時代の伝統が活かされています。
カカオの風味を損なわないようにするため、砂糖やスパイスを混ぜた後は低温で加熱します。
そうすると、砂糖の融点に達しないので、砂糖の粒子はじゃりじゃりと残ります。
これがモディカのチョコレートの特徴で、非常に繊細で香り高い、カカオの味を存分に楽しめるチョコレートになるのです。

いろいろなフレーバーをたくさん試食させてもらいましたが、低温で加熱しているせいか、カカオの油脂分が酸化していなくて、デリケートなのに力強い、本当に美味しいチョコレートでした。

見学させていただいたのは、モディカの老舗中の老舗のドルチェリア(パスティッチェリア=お菓子屋さん)ボナユート。

お店には、ひっきりなしに地元のひとがお菓子を買いに来ていました。
ここはチョコレートはもちろんですが、生菓子やジェラートもあって、それがお目当ての人も多いようです。
見学が終わった後、シチリア名物のカンノーロも試食させてくださったんですが、詰められたリコッタがとても美味しくてびっくりしました。

モディカは品があって、のんびりしていて、とても素敵な街です。
同じく世界遺産に登録されたバロック様式の街、ラグーサやシラクーサの陰に隠れがちですが、たくさんの人にぜひ行ってみてもらいたいと思いました。

 

L’Antica Dolceria Bonajuto

住所: C.so Umberto I° n.159
電話: +39 0932 941225

 

 

この日も日中は半袖でOK!
お天気が良くて、気持ちが良い毎日です。

 

 

 

 

2013イタリアたび シチリア美味しいレーズン料理

 

先日から、シチリアに来ています。

シチリアは日本の四国と岡山県を足したくらいの大きな島で、その地理的な要因で、様々な国の戦略の拠点として侵略と統治が繰り返されてきました。
ギリシャ人、ローマ人、アラブ人、スペイン人、フランス人 などなど、なんと13もの征服者に支配されてきたのです。
そのため、多種多様な文化が入り混じり、イタリアの中でも独特の文化を形成しています。

そんなシチリアの食文化に惹かれて深く掘り下げたいと思い、数回に分けて訪れる事にしました。
今回はシチリア南東部の、シラクーサ・ノート・モディカ・ラグーサ、そして東部・中部のカルタジローネ・カターニアを周る予定です。

そんなシチリア・シラクーサの素敵なレストランで、早速美味しいお料理をいただきました。

手長海老と甘海老、シャコのカタラーナ

カタラーナはスペインのカタルーニャのこと。
シチリアはもちろん、他の州や島でもスペインとの関係は深く、イタリア料理にも影響を残していて、サルデーニャ島発祥と言われる「カタラーナ・アラゴスタ 伊勢海老のカタルーニャ風」というお料理が、イタリアでは人気があります。

でも、ここシチリアもスペインの支配を受けてきた時代があるので、当然シチリアにはシチリアのスペイン風というものが存在するのです。
中東文化の影響を受けているシチリアならではの、レーズン入りのカタラーナは海老とレーズンの甘酸っぱさが絶妙でした。

世界は広いけど海は繋がっていて、こんなに興味深いお料理が生まれるんですから、空も繋がっている現代では、もっと新しい世界が広がっていくんでしょうね。

なんて壮大な事をイメージできる、素晴らしいお料理でした。

 

 

こちらのお店の情報なども交えて、シチリア編しばらく続きます。

 

 

2013イタリアたび フィレンツェモツ対決

 

 

フィレンツェにやってきました。
フィレンツェは昔1カ月ほどアパートを借りて滞在した事もあってなじみがあり、仲良しの友人達もいるので、たびのスタートを切るには良い体慣らしになります。

早速お土産を友人に引き継ぎ、挨拶もそこそこにお昼を食べに行きました。

フィレンツェでのミッションは、「モツ対決!」

友人に教えてもらい、フィレンツェで評判のモツ料理屋さんで中央市場の中にある、NERBONEに行ってきました。
土曜日のお昼時に行ったので、すでに黒山の人だかり。
まずは注文をするレジに並び、お金を払います。
その後に、料理を出してくれるカウンターに並び直し、レシートを見せながら再注文、という流れで購入できます。

こちらは、調理担当のおじさん。
眼光するどいなーと思って怖々写真を撮っていたら、ウィンクしてくれました。
おちゃめだ。。
このおじさんがお肉を切ったり、パニーノを作ったりの担当です。

私がオーダーしたのは、ランプレドットのパニーノ。
ランプレドットは、牛の2番目の胃袋です。
これを細かく切り、手前の辛い赤いソース(ピッカンテ)と、ハーブやニンニクで作る緑のソース(ヴェルデ)をかけ、塩・胡椒を振り、ロゼッタと言われるパンにはさんで渡してくれます。
好みで、ヴェルデだけ、とか、ピッカンテ多めで、とかをお願いできます。
このおじさんは他にも、ローストビーフやポルケッタ(焼き豚)なんかも担当しているので、自分の注文したものをもう一度言いながら細かいリクエストをします。

で、こちらがその「ランプレドットのパニーノ」です。
良く茹でられたランプレドットは脂も落ちていて、とても柔らか。
ピッカンテを多めにしてもらったので、食欲を刺激してくれて、これまた美味しい!

 

そして、こちらが「フィレンツェ風トリッパ煮込み」
トリッパは牛の4番目の胃袋です。
たっぷりの香味野菜と一緒に煮込まれ、かけられたチーズも相まって、とろとろの食感。
こちらも脂がしつこくなく、とても美味しかったです。
(こちらはお皿盛りなので、レジのお兄さんが用意してくれます)

 

気になる対決の行方ですが、おっとはトリッパ派、私はランプレドット推しで、決着しました。
甲乙つけがたいのですが、私はモツをこんなにあっさりさせられるランプレドットの方が、ちょっとエライように思いましたが、こってり好きなおっとはソース煮込みのトリッパの方が美味しく感じたようです。

なんてことをやいやい言い合いながら、ワインとビールでイタリア最初の食事を楽しみました。

 

NERBONE

住所:Via S.Casciano,47r

お昼時になると、混雑します。
ちょっとひるんでしまう雰囲気ですが、よく見てるとシステマティックに進んでいくので大丈夫。
お料理は、パンにはさんでパニーノにするか、トスカーナの塩無しパンを別添えにしたお皿盛りかを選べます。
モツ以外の、ローストビーフやオッソブーコも美味しいそうです。
席は相席必須ですが、隣の人とお話したりも楽しいですよ。

 

 

 

 

イタリア料理教室 La mimosa 11月レッスン空席状況

 

イタリア料理教室 La mimosa 11月の空席が確定しましたので、ご案内いたします。

A:11月9日(土)11時~   満席

B:11月10日(日)11時~   残1席

C:11月11日(月)10時半~ 満席

D:11月12日(火)11時~   満席

E:11月15日(金)11時~   満席

F:11月16日(土)11時~   満席

G:11月17日(日)11時~   満席

H:11月19日(火)11時~   残1席   ※満席になりました

 

今月も全クラス満席で、体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方にはご不便をおかけしております。
ご参加をご希望の方は空席待ちとして承りますので、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

 

*** *** ***

 

10月レッスンにご参加の皆さまにはお知らせしておりますが、イタリアへ行ってまいります。
イタリア滞在中もメールの送受信は可能ですので、レッスンに関するご連絡などは通常通り、ご遠慮なくメールください。

 

今回はいつもに増して、出国までの仕事ラッシュが凄かった…
あまりに疲れてしまったので、夕べはマッサージに行ってしまいました。
気持ち良かったー!

 

が、それも束の間の心地よさ…

職場から直接空港へ来るおっとの分の荷物も合わせて、1人で4つも運びました~(@_@。
成田エクスプレスの出る最寄駅まではタクシーで行ったんですが、運転手さんもびっくり。
だって、総重量で50キロあるんですもの(笑)

本当は事前に荷づくりをして、荷物だけ送ってしまおうと思っていたんですが、仕事が忙しくてそれも叶わず。
覚悟を決めて、気合で運びました。
ちなみに、小さな方のスーツケースと黒いバッグは、全部友人達へのお土産です。
行商ができるヨ

 

そして、毎度おなじみ、空港グルメ。

しばらく辛い物も食べられないので、辛い刀削麺とビールでお疲れ会。
(旅のはじまりだけど…)

荷物運びを頑張ったご褒美に、おっとがご馳走してくれました。
元気出たー♪

 

 

 

 

 

チョコシナモンと洋梨のフォカッチャ

 

 

イタリア料理教室 La mimosa 10月の全レッスン終了しました。
皆さまお疲れさまでした。

今月は、年末に向けてのご馳走シーズンに備え、また、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもあるので、基礎代謝を整えられるような優しい家庭料理をご紹介しました。
ちょっと地味かな?と思ったのですが、やっぱり素材の力を活かすようなお料理は、体が喜ぶような感覚がありますよね。
ぜひ復習して、寒い冬に備えましょう。

今月一番時間がかかったのが「ぶどうのスキャッチャータ」。
発酵生地なので少々時間がかかりますが、気持ちと時間に余裕がある時に、楽しんで作っていただきたいお菓子です。
スキャッチャータとはトスカーナ地方での言い方で、いわゆるフォカッチャのことを指します。
いろいろなバリエーションが出来ることをお話しましたが、レッスン後、洋梨を使ったアレンジバージョンを作ってみました。

チョコシナモンシュガーと洋梨のフォカッチャ

レッスンでご紹介した作り方がベースですが、朝食やおやつ用に小さめに成形してみました。
このままでも美味しいですが、ヨーグルトを乗せて食べてもとっても美味しい!
作り方はこちらの方が簡単なので、入門編としてこちらから作ってみるのも良いですね。

詳しい作り方は、tabelatte さんでご紹介しています。

実はこのレシピ、S&Bさんの「おひさまキッチンシリーズ レシピオーディション」というイベント用に、”カバくんのチョコシナモンシュガー”という商品を使って作りました。
このおひさまキッチンシリーズ、可愛い動物たちがキャラクターなんですが、それぞれ職業や性格付けがしてあり、可愛くて楽しい世界観がツボです。
ちなみに、カバくんは鞄作りが趣味のパン大好きシェフ。
そんなカバくんが美味しいパンをたくさん作って、鞄に詰めて仲間達にお裾分けしに行くイメージで作りました。
美味しいものは、皆で食べたいですよね♪

 

 

 

私は、自分の鞄にイタリア行きの用意を詰め始めないと…