新宿御苑 赤ちょうちん

 

レッスンお疲れさまです!
ご参加いただいた皆様、お楽しみいただけたでしょうか?
私の好きなメニューばかりですので、これからの方もどうぞお楽しみに!

そのレッスンですが、毎月8クラスを約2週間の間にぎゅぎゅーっと集中させています。
それは、なるべく旬のものを、最良の時期に、ご紹介したいと思っているからです。
盛りの短いものなどは、1ヶ月のうちにそのタイミングが移ろいでしまったりするので。。
せっかく四季がある国に住んでいるので、季節のものを、美味しいタイミングで食べたいですよね。

外部のお仕事も有り、そういう訳で2週間はお休み無しで働いております。
その代わり、お仕事ウィークが終わるとはじけるように夜遊びしているんですが(笑)
最近、そんなお休みの日の晩に友人達と通っているお店をご紹介します。

うふふー
美しいでしょう~
その名も「刺身盛り合わせ」!
もちろん、お魚じゃないんですよ。
なんと、ホルモンのお刺身なんです。
この日の内容は、ガツ・ミノ・ハツ・タン・ハラミ・センマイの6種類。
いやぁ、とろけました~

写真には味噌ダレがかかっていますが、お願いすれば、塩&ごま油、生姜&お醤油、山葵&お醤油なども用意していただけます。

こちらは「ミックス焼き」
と言っても、お好み焼きじゃないんですよ?(しつこい?)
ホルモンのミックス焼きです。
むっちむちーのとろんとろんで、お替りが追いつかないくらいビールが進みます!

こちらは「ハラミニラ炒め」
神々しいくらいの美しさです。
ハラミもですが、ニラが最高です。
写真だけで、ビール飲めそう(笑)

 

という感じで、内臓ラヴァーな方にはぜひお勧めしたいホルモンの名店です。
私も知人の方に紹介していただくまで全くのノーマークのお店でしたが、今では月イチくらいで通っています。
コムタンスープなどのスープ類も美味しいので、食事をしたい人にもお勧めです。

一つ難を言えば、お店は分煙ではないので喉が弱い私にはたまに辛い時も。
また、カウンターやテーブルは問題ありませんが、お座敷だとちょっと窮屈なので、フトモモの太い股関節の硬い人(=おっと)には少々難儀。
でも、お店の方もとっても親切で、難を押してでも通いたい、美味しいお店です。

 

赤ちょうちん

住所:東京都新宿区新宿1-18-10
電話:03-3354-7266
営業:17:00~23:00
定休:日曜・祝日

 

韓国の方かな?
スタッフさんに一生懸命な可愛い女性がいて、仕事の疲れも癒されます~

 

 

イタリア料理教室 La mimosa 5月レッスンメニュー

 

お待たせいたしました。
イタリア料理教室La mimosa 5月のレッスンがスタートしました。
今月のメニューをご紹介します。

 

Antipasti   Fegatini di Pollo con Cipollini, Frittata
鶏レバーと葱のソテー

鶏レバーを使ったボリュームのある前菜。
レバー嫌いな方も克服できたほど、美味しく仕上がりました。
丁寧な下処理と、葱の効果で、臭みは感じません。
白ワインと唐辛子の効いた、おつまみにも最適なお皿です。

プラスおまけで、セコンドピアットを作る過程で出る残り野菜でフリッタータも追加。
即興で作ります。

 

Primo Piatto   Gnocchi di Spinaci e Ricotta
ほうれん草とリコッタのニョッキ

粉を極力減らして作る、ふわんふわんのニョッキ。
難しそうですが、普通のニョッキよりも簡単に作れます。
チーズがたっぷり入るので、コクがあって美味しいですよ。
ほうれん草の緑と、トマトソースの赤が目にも鮮やかな一皿です。

 

Secondo Piatto   Verudure Imbottite miste
野菜の肉詰めオーブン焼き

色とりどりの野菜に、ラム肉のミンチを詰め、オーブンで焼きました。
ハーブやスパイスをたっぷり使うので、羊特有の匂いも気になりません。
野菜もたくさん食べられるので、意外とヘルシー。
大皿でどーんと出すと、パーティーなどで歓声が上がるようなメニューです。

 

Baba’ alla Napoletana
ナポリ風ババ

ナポリの3大ドルチェのひとつと言われる、ババ。
卵たっぷりの発酵生地に、ラム酒をたっぷり染み込ませた大人のお菓子です。
試行錯誤の末、かなり美味しいのが出来ちゃいました。
La mimosa の自信作、ぜひ召し上がってください!

 

今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは、

i vini italiani
’11 Ciro’ rosato(右)
カラブリア州のロゼワイン。
土着品種100%で作られる綺麗なロゼワインは、ピリ辛味のレバー、羊のセコンドピアットにぴったり。
カラブリアの乾いた風が吹くような、爽快なワインです。

’10 Costa D’Amalfi TORAMONTI ROSSO
カンパーニア州のぶどう3種で混醸された赤ワイン。
濃いベリー、さらっとしたタンニンは、主張しすぎることなく飲みやすいワインです。
ニョッキや肉詰め野菜のオーブン焼きに合わせて召し上がってください。

 

今月は南イタリアのお料理をご紹介しています。
魚料理のイメージが強い南イタリアですが、特に内陸部は、羊や野菜をよく食べるエリア。
家族が集まった時にマンマが作る、大皿料理のイメージでメニューを構成しました。
「シンプルだけど美味しい」を地のままいく南イタリア料理は、こういう家庭的な雰囲気の方がより美味しく感じるような気がします。
私もかなりおきにいりのメニュー達。
どうぞお楽しみに!

今月は

5月20日(月)10時半~
5月24日(金)11時~
5月25日(土)11時~
5月28日(火)11時~

上記のクラスに空席がございます。
体験レッスン・ワンレッスンご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

 

 

魚も美味しいけれど、お肉も美味しい南のイタリアン、ぜひ食べに来てくださいね!

 

 

 

Baba’ alla Napoletana

※今月のレッスンメニューに関しての記事です。

 

おいしいごはんをたっぷり食べて、チャージ完了!
仕事も再開しています。

5月のレッスンも目前に迫り、せっせとレシピ作りに励んでいます。
今月は、Baba’ alla Napoletana を作りますよ。

Baba’の型がまだ届かないので、とりあえずマフィン型で試作してみました。
この型で焼くとちょっと太っちょさんですが、かなり美味しくできました!
(盛り付けは少しキレイ過ぎですね。。お花は止めます。)

Baba’は以前からリクエストのあったドルチェだったんですが、発酵生地特有の時間の読めなさで、他にもお料理をたくさん作るレッスンではなかなか難しいかな~と思っていたんです。
単発のレッスンも検討したんですが、「ババクラス開設!」っていうのも、なんだか語呂が悪いし(笑)
でも、熱いご要望にお応えしたく、密かに研究を重ねていました。
そしてついに、家庭でも作りやすく、かつ簡単に出来るレシピが出来上がったので、ご紹介しちゃいます!
(Sさん、がんばりました!)

レッスンではBaba’専用の型を使って焼きますので、ナポリで見かけるあのコロコロキノコのようなBaba’が出来ますよ~
もちろん、写真のようなマフィン型でもアレンジできますので、ご安心ください。

今月はこの他、

Antipasto・・・鶏レバーの葱炒め
Primo Piatto・・・ほうれん草とリコッタのニョッキ
Secondo Piatto・・・野菜に詰めた羊のオーブン焼き

上記のメニューをご紹介します。
南イタリア、カンパーニァ州の家庭料理を中心にメニューを構成しました。

 

19日(日)11時~
20日(月)10時半~
21日(火)11時~
24日(金)11時~
25日(土)11時~
28日(火)11時~

上記のクラスに空席がございます。
体験レッスン、ワンレッスンご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお申し込みください。

 

 

パワフルなマンマのお料理、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

Osteria Urara

 

先週誕生日を迎えまして、39歳になりました。
父が「末娘がそんな歳に…」とショックを受けていたのが、ショックでした(笑)

私の誕生日は結婚記念日でもあるんですが、今年はOsteria Urara というイタリアンのお店でお祝いをしました。
ここには別宅のキッチンのように通っていて、毎回美味しいごはんを食べさせてもらっています。
今回はお祝いということで、予算だけお伝えして、後は全てお任せでお料理を作っていただきました。
食べた量が(飲んだ量も…)凄かったので長くなりますが、お時間ある方はどうぞー。

アペリティーボの後、まずは、前菜の盛り合わせ。
ブッラータのカプレーゼ・鴨とフォアグラのインボルティーニ・豚肉のパルミジャーノ焼き・軽くスモークした鯖のマリネ。
これで、サービスでいただいたスプマンテ、半分くらい飲んじゃいました。
もちろん、ボトル半分。

次は魚料理。
でも、これも前菜。
右は黒鮑のソテー・肝ソース、左は烏賊とカルチョフィーのソテー・カルチョーフィーのムース添え。
カルチョーフィーのお料理はリグーリアの郷土料理ですが、以前に「食べたい!」と言っていたのを覚えていて、作ってくださいました。
感激!
スプマンテなくなっちゃった!
ということで、白ワイン。

お次はプリモ、じゃなかった、セコンド・ピアット?
うずらのソテーに、リゾットはコントルノ??
ではなくて、正真正銘プリモピアット!
すごいゴージャス~
でもこのリゾット、ゴージャスだけじゃないんですよ。
油分と水分の繋ぎ方も、お米の硬さも、波が打つような仕上がりも、全てがペルフェット!
米どころヴェネトでリゾットの勉強はたくさんしましたが、こんなリゾットなかなか食べられません。
おっとに夢中で訴えましたが、食べるのに夢中でまるで聞いてない。。
心して食べてー

ほうぼうのソテーとチュッピン。
チュッピンはリグーリア地方のズッパ・ディ・ペッシェのことで、煮込んだ魚介類を煮汁ごと濾して作ります。
魚介類の濃厚なダシが、すごい!の一言。
シェフの大作です。
美味しかったな~
で、そろそろ赤ワイン。

ようやく、ラスト!
これがまたすごかった~
仔牛の腿とリードボーのソテー。
私の仔牛史上、ナンバー1でした。
父から冒頭の電話がかかってきたところだったので、思わず「死ぬ前におとーさんに食べさせてあげたい…」とつぶやいてしまい、「ご病気なんですか…」とお店の方をしんみりさせてしまいました。
すみません、天ぷら食べて、焼き肉食べて、うなぎ食べて、ピンピンしてます。。

 

「〆にパスタ食べますかっ?」とのお誘いは丁寧にお断りして、野菜のグリルを少し頂いて、おっとリクエストで軽くドルチェで終わることに。
て?あれ??
これドルチェ???
「よかったらー」と言って、自家製ベーコンを炙ったものをひょいっとくださいました!
条件反射でぱくっとしてしまう、私達(笑)
オープンキッチンなので、シェフの近くに座るとこういうサービスがあります。

そして、本物のドルチェ。
予約する時にケーキなどは断っていたんですが、最近スゥイーツおやじ化しているおっとのリクエストで急遽用意してくださいました。
文字がmarikoさんの時と違って男らしいのは、おっとがいたせいだよね、うん。
食後にグラッパもサービスしていただき、つい癖でくぃっっと。

ここまでで、ドルチェを入れると何とお料理14種類!
お酒はビール、プロセッコ、スプマンテ、白ワイン、赤ワイン、グラッパの5種類!!
すごいでしょー
シェフも、私達も頑張りました!(笑)

今回は生徒さん方に頂いた、10年前のワインも持ち込みさせていただき、一緒に堪能しました。
ワインもひたすら美味しく、幸せなひと時でした。
有志の皆さま、本当にありがとうございました。

 

と言う訳で、食べに食べ、飲みに飲み、今年の誕生日は終了しました。
お祝いをしていただいたOsteria Urara は、普段も食材が書いてある看板があるだけで、メニューはありません。
その日お勧めの食材を、好みの調理法で作ってくださいます。
ワインもイタリアの面白いものが揃っていて、楽しめますよ。
気取らないお店でいつ行ってもリラックスできるので、私は疲れている時こそ行きたくなるんですよね。
それは、スタッフの方達のホスピタリティに由るものだと思います。
お料理もお酒も美味しくて、居心地が良い。
私の大好きな、イタリアの食堂のようなお店です。

 

Osteria Urara

住所:東京都渋谷区猿楽町1-3 ユガテビル1F 2F
電話:03-5459-2155
営業: ランチ 平日 11:30〜14:00 LO
土日祝 12:00〜14:30 LO
ディナー 18:00〜24:00(23:00 LO)

定休:火曜日(火曜日が祝日の場合は水曜日)
HP:http://www.osteria-urara.jp

 

ウララの皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

朝の器

 

美しいでしょ~
これはお友達のmarikoさんから誕生日のプレゼントに頂いた、骨董のお皿。
フランス・ボルドーのヴェイヤールという窯で19世紀中~後期に焼かれた、アスパラ皿です。
淡いクリーム色に変色した質感といい、きめ細やかに入った貫入といい、上品でしっとりとした気品があります。

私はこれを朝食のお皿に使っています。
もったいないような使い方ですが、朝からよい器で食事をすると、良い1日になるような気がして。
これを作った人は、まさか100年以上経った日本で朝ごはんの器に使われているとは思いもしなかったと思いますが、骨董遊びの面白さってこういうところにあるような気がします。

これはmarikoさんと一緒に行ったお店で、一目ぼれして動けなくなってしまった器。
明治後期の九谷です。
海外への輸出向けに作られたもののデットストックだそうです。
なるほど、どことなく西洋側から見たオリエンタル風で、クリムトの画みたいな色遣い。
お値段的に1つだけにしようと思ったんですが、明治から一緒にいるのを離してしまうのが可哀想で、2つとも持って帰ってきました。
お酒を入れたり、エスプレッソなどで楽しんでいます。

marikoさんはアートに造詣が深く、ものすごい知識量でいろいろなことを教えてくれます。
東京中のギャラリーに行ってるのでは?と思うくらい、お店にも詳しい。
今回の滞在中も、ガラス作家さんの個展や、骨董品店などを一緒に周って、とても楽しい時間を過ごしました。

もうひとつ、趣味が合うのが、美味しいもの好きなところ。
私は食べ歩きも仕事のうちですが、彼女はその私よりもこだわりが強いかも。
ギャラリー巡りの合間には、パン屋さんやお菓子屋さん巡り、うなぎにタイ料理にホルモン料理。
たまにはお役に立ちたい!と、アテンド頑張りました~

そんな一軒、おきにいりのイタリアンで、marikoさんのお誕生日のお祝い♪
お腹がいっぱいだったので、チーズプレートをデコレーションしてもらいました。
mieux-mieuxさんも一緒で、皆でお祝いできて楽しかったな~

ここは、生徒のYさんに紹介してもらってから、通いつめているイタリアンのお店。
今では月に2~3回は行くほど、大好きなお店です。
コックさんと味覚が合うので、いつもほとんどお任せで美味しく食べられます。

今度は、こちらで私の誕生日のお祝いをしてもらった時のお料理をご紹介しましょう。

Yさん見てますか?
この日のダイスケさんごはん、すごかったですよ~