2012 イタリアたび~レッチェ~

 

 

ローマを後にし、ユーロスターで一気に南下。
5時間半揺られてプーリア州レッチェへやってきました。
いろいろと諸事情があり、あえて電車移動を選んだんですが、その話はまた。

さて、レッチェ。

電車からホームに降りると、熱波のような空気に包まれました。
南に来たなぁという感じに、テンションも上がります。
レッチェは「バロックのフィレンツェ」とも呼ばれ、バロック様式の建築物が数多く残る、とても美しい街です。
プーリア州の中で1番来てみたかった街で、念願かなってようやく来ることができました。

プーリアのお料理の特徴は、オリーブオイル・野菜・魚介・香草、このあたりがキーワードになるように思います。
照りつける太陽に乾いた空気が作る食材を用いたお料理は、とても力強くてシンプル。
この美味しさは、家庭的なお料理でその魅力をフルに発揮するように思います。
しばらく、どーん!ばーん!!なお料理が続くだろうな~という理由で、昨日のローマでは少し綺麗めなお料理のお店を選んだんですが…

 

ほらきた!
これ、前菜のフリット・ミスト、1皿4ユーロ也。
4ユーロなのでそんなにボリュームないかな?と思っていたんですが、いやいやいや。
ピンポン玉大のライスコロッケ、香草入り揚げパン、コロッケなどが、20個たっぷり乗っていました。
いやー、嬉しい!でも多い!!
ハーブの香りたっぷり、外側かりっかりで中はとろっとした美味しいフリットだったのに、微妙に困った顔で食べてしまいました。。

 

ビジュアルがもうすでに美味しい(笑)
このあたりでよく食べられる、空豆のピュレの上に、オイルで軽くソテーした柔らか~いタコ、
その上にルーコラとチーズがたっぷりと乗っているお料理です。
これ、イタリアで今まで食べたタコ料理の中で、断トツ1位の美味しさでした!
ボリュームもすごいけど、美味しいからいい!!

こちらのお店、歩いていて見つけたトラットリアです。
滞在したB&B(ここも素晴らしかった!!)の人に希望を伝え、美味しそうなお店をいくつかピックアップしてもらったんですが、あいにくこの日はお休みもしくは満席で、撃沈…

やむなく…といった気分で選んだんですが、結果おーらい。
シンプルで、力強い、希望通りのお料理が食べられました。

メニューを見る限り「うーん…」と思うものもありましたが、お店の人にお勧めを聞いて相談しながら選べば問題ないと思います。
実際、どのテーブルのひと達も細かく相談していて、運ばれるお料理もとても美味しそうだったので。

レッチェはまだ夏の空気。
食事が終わる時間でも、街はまだまだ活気があって、食後のお散歩もとても楽しかったです。

 

Trattoria di Nonna Tetti

住所:Piazzetta regina maria, 17, Lecce
電話:0832 24 60 36
※英語メニュー有り

 

【おまけ】

ハウスワインを頼むと「髪でも洗うんですか?」という量が入りそうな水差しと、湯のみがどーん!と置かれます(笑)
こういうの、スキ!
でも、残念ながらハウスワインの白は×でした。。。
残念!

 

 

 

 

 

2012 イタリアたび~ローマ~

 

 

ローマに到着しました。

特に何もトラブルなく、テルミニ駅近くのホテルにスムーズに移動完了。
昔使っていたイタリアの携帯の電話番号が生きていて(半年以上使わないと番号失効との噂があったんですが…)、ホテルのチェックインの連絡や、夕食のレストランの予約がすぐにできてラッキーでした。

翌日の出発が早いので、お店選びで時間がかからないようにあらかじめアタリを付けていたお店へ向かいました。

結果、アタリ!

最初に食べたお皿は、バッカラのカルパッチョ。
メニューにあるのを見た時に「バッカラでカルパッチョ?メルルッツォ(生鱈)でもなくて??」と思ってお店の人に聞いてみると、「バッカラを丁寧に処理して作っています」との返答。
バッカラは鱈の塩漬けのことで、独特の風味があります。
「ちょっと奇抜なお料理だな~」と思ったんですが、このバッカラをどういう風に処理しているのか興味があって、他の美味しそうな家庭的な料理を止めて思い切って頼んでみました。

食べてみると、全く臭みは気にならず、むしろ塩漬けの旨みがのっていて非常に美味しい。
水分が抜けた身は生鱈とは違う食感があり、それが旨みを凝縮しているかのようです。
しいて言えば、黒トリュフとの組み合わせは私の好みではなかったですが、調理技術やセンスなどに目を引くものがあり、次のお料理への期待値が高まりました。

セコンドピアットは兎の詰め物。
兎肉ときのこ類をミンチにしたものを、兎もも肉で巻き、オーブンで焼いたお料理。
こちらにもかすかにトリュフの風味を感じましたが、加減がペルフェット!
トリュフが出過ぎず、兎肉の旨みを存分に感じられるとっても美味しいお料理でした。

運ばれているドルチェがとても美味しそうで「食べたいな~」と思ったんですが、
時差ぼけと48時間以上ベッドで寝ていない体ではここまででギブアップ。
翌日からのハードスケジュールに備えて、これで切り上げることにしました。

こちらのお店、センスのある美味しいお料理に、お店の人の接客もとっても丁寧、そしてお値段も手ごろ。
こじんまりとした店内は、温かみがあってとっても居心地がよかったです。
味付けもデリケートで、かつポーションも日本人にはほどよいので、どっかん!なイタリアンに疲れた時や、イタリアでは珍しい?落ち着いていて優しくて丁寧な店員さん(しかも超カッコ良い!)に癒されたい人には最適だと思います。
地下鉄VITTORIO EMANUELE駅の近くですが、TERMINI駅からも歩けるので、ローマを移動の拠点にする時などにもぴったりだと思いますよ。

次にローマで食事する機会があったらまたぜひ行きたいお店が出来て、幸先のよいスタートが切れました。

 

TRATTORIA MONTI

住所:Via San Vito 13/a,Roma
電話:06 4466573
定休:日曜夜、月曜
※英語メニュー有り

 

 

2012 イタリアたび~成田~

 

さて。

今ヘルシンキにいます。
イタリアへ研修に行くために、今回手配したのがフィンランド航空。
ヘルシンキで乗り換えて、ローマに向かいます。

今回は滞在期間も短めなので、準備余裕でしょ♪と高をくくっていた、1日前の私。
バカねぇ(失笑)

出発前夜に、どうしても参加したかったお世話になっている方の記念パーティーがあったので、準備はパーティーに出かける前に済ませる予定だったのに…

そこは私。
何年経っても、学習しない私。

結局、仕事が終わらなかったこともあって何もできずにパーティーへ。
24時頃に帰ってきてそのまま徹夜で準備し、お迎えのタクシーにギリギリ…
またもや、出発する寸前まで大汗かきながら家じゅう走りまわっていました。

でもパーティーは素晴らしかった!!
1982年のバローロをいただいちゃいました♪

 

そして、何とか時間どおりに家を出発し、そこからはさすが日本。
事前のシュミレーション通りに、全てコトが運びました。

コレが懲りない素だったりするのよね…
計算通りの余裕があったので、朝ごはんを成田の空港で。

謝朋殿というお店で、中華粥バイキングなるものをいただきました。
おかわり自由の中華粥に、15種類くらいのトッピングが楽しめます。
ここで大好物のピータンを発見して、ご機嫌♪
勝手に、ピータンのお粥がけみたいな盛り付けにして堪能しましたよ。

機内でも、徹夜のおかげで良く眠れ、疲れも取れてローマに入れそうです。

今回は、南イタリアの美味しいモノを求めて周る予定です。
食べたものを中心に、美味しかったものなど追々UPしていきますね。

 

 

【おしらせ】

イタリア滞在中もメールの送受信は通常通り可能です。
お問い合わせ、体験レッスンのお申し込みなど、ご遠慮なくご連絡ください。

 

 

パーティーいろいろ3

 

 

さて、お次のパーティーは、我が家でのワインパーティー。
数年前に一緒にイタリアワインを勉強したお仲間と、その先生をご招待しての会です。
定期的に集まって食事会をしてきましたが、今回は持ち寄り料理と、それに合わせたイタリアワインを選んでくるスタイル。
その組み合わせを先生にジャッジしていただくという、厚かましい趣旨の会です。
一緒に可愛いお嬢さんを連れて来てくれるメンバーがいたので、キッズメニューを用意したりと、私もとても楽しみにしていました。

なんですが、、、

楽しみ過ぎちゃって、カメラ気分がすっかりオフに。。。
翌日、何か記念に残せるものはないかと、撮ってみたのはコレ。


大人4人+幼児1人で使ったグラスの数々…
いやぁ、飲みました!

差し入れしてくださったビールに、スプマンテ・白ワイン・赤ワイン・赤ワイン・りんごジュース・ジャスミンティー・ガス入りのお水…
ワインを1人1本は飲んでいるので、チェイサーもたっぷり必要で。
グラスもたくさんになるわけです。
ちなみに、果糖はアルコールを早く分解してくれるので、たくさんお酒を飲んでしまった時には効果があるんですよ。
ちびちゃん用に用意したジュースですが、思いがけない効き目を発揮しました。

お料理の方も備忘録的に…

【ちびちゃんメニュー】
・ミートローフ
・タリアテッレのトマトソース
・きのこのクリームスープ
・ポテトサラダ

【大人メニュー】
・スペルト小麦とシーフードのサラダ(Mさん)
・らっきょう入りポテトサラダ(私)
・ししゃもの焼きマリネ(私)
・鶏胸肉の香味醤油漬け(Wさん)
・鶏と茸のシューマイ(私)
・牛筋と大根のおでん(私)
・自家製甘酢生姜を添えた鯛めし(私)
・イタリアチーズ各種(先生)
・パウンドケーキ(Mさん)
・洋梨のトルタ(私)
・ぶどう各種(先生・Wさん・Mさん)

ご覧のように、こちらも打ち合わせした訳でもないのに、バランス良くバラエティに富んだ素敵なテーブルになりました。

私は今回は和食をイタリアワインに合わせてみたんですが、調味料やあしらいなど、いつもの和食を作るよりワクワクしてとっても楽しかったです。
自分で作ったお料理と選んだワインの組み合わせの中では、蒸籠で蒸したシューマイに樽香のある白ワインとの組み合わせに自信があったんですが、
ふたを開けてみると意外にインパクトが弱かったり、思いつきで即興で作ってみたらっきょう入りポテトサラダの方が先生の評価が高かったりと、興味深い結果になりました。

頭で考えすぎても、良くないのかも?

仲良しの仲間と、美味しいワインとお料理。
それだけで、楽しいテーブルは約束されたようなものですものね。
いく度かの会を通じて、シンプルにワインを楽しむ魅力を教えてくださった先生とメンバーに、心より感謝です。

 

【おまけ】

1枚だけ撮れていた写真。

サプライズでメンバーのお仕事の記念のお祝いをしました。
鯛めしもその為に作ったので、喜んでいただけて良かった♪

30周年、おめでとうございます!!

パーティーいろいろ2

 

 

さて、お次のパーティーは「ヨガサークル設立一周年記念パーティー」!

1年前に、近所のお友達に声をかけてもらって始まったサークル。
お友達のこれまた近所に住むヨガインストラクターのお友達を先生に迎え、思考錯誤で始まったこの会も一周年を迎えることができました。

これを記念して、この日ヨガレッスンに参加していたメンバーでピッツァ&持ち寄りパーティーをしました。

ピッツァを作ってくれたのは、ミラノに住んでいたKさん。
イタリアでよく使われるビール酵母を使って、ボリューム満点のピッツァを焼いてくださいました!
レッスン後でお腹が空いていたので、このボリュームが嬉しい♪

この他にも、千切り野菜と茹で鶏の中華風サラダ、マスカットと牛肉のヤム、らっきょうとキュウリのピクルスを豚バラ肉で巻いて焼いたもの、パーネカラサウなど、たっくさん用意してくださいました!!

ん?
あれ??持ち寄りパーティーだったはず…

「みんなヒトが作ったごはん食べたいよね~」という理由で持ち寄りスタイルのパーティーにしたので、他にもたんまりとお料理が出てきましたよ~

・ミックスビーンズサラダ(Sさん)
・マッシュルームとスモークサーモンのサラダ(私)
・ミートローフ(私)
・バナナブレッドケーキ(Jさん)
・パブローバ(先生)
・影のスポンサー(Mさん)

甘いモノからしょっぱいモノまで、和洋中なんでも来い!な、豪華なテーブルになりました。
美味しかったな~~~

 

ヨガを始めた1年前。
「体を動かしたいな」と漠然とは思っていたものの、時間的制約やシステムの煩わしさで何をするか迷っていた時に声をかけてもらったヨガ。
こんなにハマるとは思っていませんでした。
体を動かす爽快感も好きなんですが、精神的にリラックスできるのが私には効果があったようです。
心身のいろいろをリセットできるのが気持ち良いんですよね。
あとは、持病の頸椎ヘルニアや坐骨神経痛にも効果があったこと。
症状が格段に良くなりました。

でも1番は、先生にもメンバーにも恵まれ、気楽に楽しめたこと。
ヨガって「精神統一」や「自己鍛錬」という勝手なイメージが強かったので、面倒くさがりな私には向いていないんじゃないかって、ちょっと怖かったんですよね。
けれど、とーっても優しい先生なので、いつも何かしら褒めてくれるんです。
褒めることがない時は、足の爪まで褒めてくれるんですよ(笑)
おかげさまで、のびのび楽しんでいます。(のびのびし過ぎ?!)

習い事でもあり、趣味でもあり、お楽しみでもあり。
2年目は更に深みに届くよう、集中していきたいと思います。

 

 

好きなポーズは、鳩のポーズ。
でも、靴ひものポーズは苦手。。