懐石はなれ宿善積

 

ちょこっと温泉に行っていました。

 

仕事の隙間を狙って、以前から泊ってみたかった伊豆高原にある「懐石 離れ宿 善積」へ
泊りに行きました。

こちらの宿は、伊豆高原・大室山のそばにある、わずか8室のこじんまりとした宿。
しかも全室離れ形式なので本当に静かで、他のお客さんの気配を全く感じません。

 

お風呂は上の内風呂の他に、こちらの露天風呂が全室のお庭についています。
内風呂も露天風呂も、大人2~3人がゆっくり入れるほどの大きさで、とても広々と入れました。
お部屋からも、内風呂・露天風呂からも、海と大島が望め、解放感もすばらしい!

気になるお食事は、本格的な京懐石。
こちらのような派手目なお料理から、ちょっとしたあしらいや付け合わせの細部に至るまで本当に細やかに気が配られていて、感嘆したり、感心したり。
香り・味の緩急・食材の妙・提供のタイミング、どれをとっても計算されていて、気持ちよく食事ができました。
気持ち良すぎて、途中からカメラ放棄(笑)
メニューだけ載せておきますので、イメージしてみてください。

食前酒・・・みかん酒
先附け・・・独活 巻海老 新蓮根 オクラ 粟麩 ずんだ和え
八寸・・・海素麺・長芋 南京豆腐 かに慈姑真薯 かます南蛮漬 チーズトマト 衣かつぎ
子若昆 糸賀喜 甘鯛煮凝り
椀・・・鱧 寄魚素麺 椎茸 冬瓜 青柚子 梅肉
向附け・・・旬鮮魚 芽物 山葵
小茶碗・・・冷茶碗 雲丹 かに オクラとろろ
油物・・・丸茄子揚出汁 海老 牛蒡 葱 生姜 紅卸し
焼物・・・地魚 帆立油焼 丸十レモン 蓼酢 はじかみ
酢物・・・白芋茎 蓮芋 北寄貝 平貝 子茗荷 胡麻酢浸し
食事・・・魚沼産こしひかり
止椀・・・赤出汁仕立て なめこ 庄内麩
香の物・・・京漬物
水菓子・・・季節の果物
御甘・・・巨峰シャーベット

味・質・量、全て大満足のお料理を、美味しい日本酒と一緒にゆっくり楽しみました。

 

最近仕事が忙しかったので、「ご褒美温泉」と称しての小旅行。
海も山も温泉も食事も、全てが疲れを癒してくれました。

 

 

伊豆高原 はなれ宿 善積

宿の方の近すぎず遠すぎずの接客が、本当に心地よかったです。
また頑張って、疲れたら休みに行こうと思います。

 

 

 

冷蔵庫整理

 

 

我が家には大型の冷蔵庫が2台あります。
名前は「ほっしー」と「むじー」。
仕事でたくさんの食材を扱うので、家電の中でも必須アイテム。
2人家族なので、さすがにレッスン中ではない現在は割と余裕がある、ハズなのに、、、

ここ最近おっとと予定が合わず、お互い家で食事をする機会が少なかったので、
食べられなかったものはせっせと保存食にしたり、冷凍したり。
それでも、かなりパンパンになってきてしまいました。

そこで掃除をかねて食材整理をしたところ、お宝の山!?
というくらいテンション上がるものが発見されましたよ~

それで、こんなものを作りました。↓↓↓

ウニとミニトマトのリングイーネ

ウニは冷凍にはしてありましたが、少し日も経っていたので、惜しげもなくパスタにしてしまいました。
オイルベースにして、トマトは具としてアクセントになるくらいで仕上げるのが好み。
にんにくと、ほんのり唐辛子を効かせると、まったりしたウニもしつこくなりません。
きりっと冷やしたスプマンテと一緒に食べると、至福の時。
レッスンでもご紹介したいけれど、これはどちらかというと肴の会向けかな~

 

おっとと家で夕食を食べられる日は、おつまみになるようなものをたくさん作って、
お酒を飲みながらの宴会ごはんにします。
宴もタケナワになってくると「パスタでも食べる?」という流れになり、
禁断の〆パスタに突入してしまうので、家ごはんの方が太るという…(笑)

最近周囲で病気の為に、プリン体NG、炭水化物NG、糖類NG、塩分NG、アルコールNG、
という人が多く、私もおっとも少々気をつけてはいるのですが…
おっとのストレス具合を見てると、ついつい甘くなってしまって。

 

と、いうことにしておこう。
うん。

 

 

 

 

 

銀座 焼き鳥 武ちゃん

 

お次は焼き鳥。

1~2ヶ月に一度、猛烈に食べたくなる焼き鳥。
このブームは突然なので、予約必須なお店はちょっと面倒…
でも、適当なお店でお茶を濁してしまうと、いつまでもブームは去らず…

ということで、友人オススメの予約不可な焼鳥屋さんに行ってきました。

銀座にある、焼鳥「武ちゃん」です。

銀座三越の裏手にあり、銀座駅と東銀座駅の真ん中ほどに位置します。
白のれんに緑の提灯が渋い店構えです。

入ると、カウンターと壁際に2人用のテーブル席が2卓、4~5人用の小上がり席が1卓ほどのこじんまりとした店内。
座るなり「10本コース?5本コース?お新香は?飲み物は?」と矢継ぎ早に質問され、
悩むことなく10本、お新香食べます、黒ラベル2本、と回答。
こういうお店でぐずぐずするの、格好悪いですしね。
ちなみに、10本コースは2,200円、5本コースは1,400円、と銀座としてはお安めのお値段。

で、肝心の焼き鳥ですが、かなり好みの焼き加減。
外側は焦げ目がしっかり、中はふわ~っとレア気味です。
味付けも、塩・タレ・味噌など、部位に適した味付けで、てきぱきとお姉さんが運んでくれるので、
お任せ状態で食べることに集中。
途中、スープや別勘定の本日のお勧め串をいただいて、かなりお腹がいっぱいになりました。

10本コース+お勧め串1~2本ずつ、お新香、ビール4本で、2人で8,000円ほど。
予約不可、カード不可、個室無し、と、利用するタイミングは選びますが、
急に思い立ってさくっと美味しい焼き鳥を確実に食べたい時は、とても重宝するお店だと思います。

知ってるとちょっと嬉しい、老舗の焼き鳥屋さんでした。

 

 

武ちゃん

住所:東京都中央区銀座4-8-13 銀座蟹睦会館ビル1F
電話:03-3561-6889
営業:17:00~21:30
定休:日曜・祝日

 

予約不可のお店なので、よい時間帯には結構並んでいますが、コースを頼む人が多いので、
回転は良いように思いました。
言いかえれば、あまり長時間座るお店ではありません。
コスパがよいので、初めからハシゴするつもりで伺った方が楽しめますよ。

 

 

 

 

王豚足家

 

8月になりました。
今月は夏休みを取る方も多いでしょうね。
そのためか夕食のお誘いが多く、美味しいお店に連れていってもらっています。
ちょっと写真が溜まってきたので、ご紹介していきますね。

 

トップバッターは、アジアン料理がお得意のお友達が2回ほど連れていってくれた、五反田にある
「王豚足家」という韓国料理屋さん。

牛肉ユッケが絶品です。
ねっとりした赤身肉に卵黄を絡ませると、パラディーゾ!な気分になります。
普段は魚派ですが、美味しいものは美味しい。
おかわりしようか、真剣に悩みました。

 

こちらは初めて食べた、韓国風の茶わん蒸し。
土鍋で直火にかけるので、ふんわりとした仕上がりです。
具だくさんで、おいしいスープの風味満点で、おきにいりの一皿になりました。
次も絶対に頼もう♪

 

お次は冷麺。
って書くと、ずいぶんヘルシーね~と思われるかもしれませんが、ここまでくる間に、焼き肉・チジミ・チャプチェ・キムチ・ナムル・ホルモン鍋・牛筋煮込み・・・と、酔っぱらって満腹中枢が壊れてしまったかのように食べ続け、その上での〆。(笑)
でもね、この冷麺がとーっても美味しかったんです!
麺が独特で、つなぎにじゃが芋?のようなでんぷんが入っているようで、細麺なのにもちっとしています。
スープにはかき氷が入っていて、鍋で汗をかいた後には最高。
食欲がない時(私にはありませんが、、)でも、すすっと食べられます。
蒸し暑い日本の夏には、嬉しいですね。

こちらのお店、一品ずつのボリュームがあるので人数が多い方が楽しいですよ。
この日は男女4人だったので、こんなに食べられました。(あと、多分、みんな酔っぱらっていたから。。)

お友達やご家族で、夏休みの食事会にいかがでしょう。

 

王豚足家

住所:東京都品川区西五反田1-4-2
電話:03-3495-0014
営業:[月~土]17:00~翌4:00
[日・祝] 17:00~24:00
定休:年末年始

 

 

信州たび

 

長野から帰ってまいりました。
信州は涼しくて、快適でしたよ~
気温はそれなりにあるのですが、高原は湿度がちがうのですね。
爽やかな涼風が吹くので、とっても気持がよかったです。

上の写真は、戸隠神社・奥社に通じる樹齢400年以上も経つ杉並木です。
パワースポットとしても有名なので、皆さんにも運気UPのお裾分け。
でも、何も知らなくても、この地に満ちるマイナスイオンだけでとっても元気になりました。

涼しいと言えば、こちらも涼しかった~

黒部ダムです。
日本一高いダムは、後ろに立山連峰を望みます。
残雪があるのが分かる通り、風が本当に涼やか。
標高が高いので陽射しはとても強いのですが、トンネルなどに入ると寒いほどでです。
エメラルドグリーンの湖水、放水の水しぶき、そして綺麗な虹が幾重にも重なって見え、涼感抜群でした。

この他、善光寺、小布施、白骨温泉、安曇野も堪能しましたよ。
中でも白骨温泉は、私の温泉ランキング1~2位を争う位置付けになりました!

硫黄の香りに乳白色の湯は、名湯の名にふさわしいお湯。
今回は「泡の湯旅館」を日帰り入浴で利用したのですが、ここはパンフレットやポスターでもお馴染みの混浴露天が有名な宿です。
私も友人達と一緒に、生まれて初めての混浴温泉体験をしてきました!
最初はドキドキしたのですが、こちらの施設では女性客(多分男性客にも)への配慮がばっちりで、

・混浴露天には、女性専用の脱衣所があり、
・脱衣所から露天風呂までは板塀で遮断されていて、
・お湯には板塀で見えない部分から入り、
・バスタオル利用可能

というシステム。
つまり、男性も入浴しているゾーンには、濃い乳白色に濁った深めのお湯の中をバスタオルを巻いて移動すればよいので、顔と肩くらいしか見えないのです。

これならよっぽどのことがない限り、お互い気まずい思いをしなくてもよいですよね。
混浴風呂には、家族連れや、私達のような男女混合の友達グループなどがいて、皆さんほわ~っと温泉を堪能していました。
私達グループも、一緒に旅行に行ってもいつも温泉だけは男女別だったんですが、
今回は一緒にお風呂を楽しめて、とてもよい思い出が出来ました。
白骨温泉に行ったことがない方も、露天風呂未経験の方も、ここは本当にお勧めです。
内湯も風情があって、源泉のお湯も本当によくて、今度は泊りで行きたいな~

今回珍しく食べものネタがないな~と思っている皆さん。
ちゃーんと美味しいモノを食べてきましたよ~

長野と言えば、やっぱりお蕎麦。
実は、外での食事はぜーんぶお蕎麦を食べていました(笑)
讃岐の再来か?!と、おっと達には笑われましたが…

写真は、その中でも一番美味しかった戸隠のお蕎麦。
地元の方のお勧めで、上の杉並木の入口にある「蕎麦処なおすけ」さんでいただきました。
香り高くて、つるるっとしていて、風味満点。
なるほど、地元の人に人気のお店なはずですね。
別オーダーで天ぷらの盛り合わせもお願いしたのですが、こちらもとっても美味しくておススメ!
ボリューム満点なので、天せいろではなく、お蕎麦×人数分+天ぷら盛り合わせを2~3人でいただくとよいなと思いました。

 

長野は学生時代にスキーでは何度か来たことがあるのですが、雪以外の目的で来たのは数えるほどで、ここまで堪能したのは初めてです。

景色が綺麗で、水も空気も綺麗で、よいお湯もたくさん。
長野は思っていたよりも広くて、行ってみたいところもまだまだたくさんあります。

今回お世話になった友人は、そんな土地勘のない我儘な私達のリクエストに最大限応えてくれました。
(疲れて翌日会社を休んでしまったくらい。。)
申し訳ないくらい良くしてもらった分、次の旅行ではお返しがしたいな~と、
帰ってきて早々に次のプランを立てています。

Sさん、今度は冬暖かい雪のない場所で、温泉&宴会しましょうね!
本当にありがとうございました!!