イタリアたび日記 トリノ

 

ミラノで日本からの移動の疲れを癒してもらって、次の目的地トリノへやってきました。

トリノへ着いてホテルにチェックインすると、テラスからの眺めがよいお部屋に案内されました。
そんなに高いお部屋ではなかったんですが、広い上にバスタブも付いていて、自然とテンションが上がります。
せっかくなので熱いお風呂に入ってゆっくりしてから、街の探検に出かけました。

 

トリノのパン屋さんには、ピエモンテ発祥のパン、グリッシーニがたくさん並びます。
味や形のバリエーションも豊富で、メモを取りながら見入ってしまいました。

地元の人で混雑しているお店があったので、早速お買い上げ。
香ばしくてかりかりっとしていて、今まで食べたグリッシーニの中でも断トツに美味しい!
他に買ったパンもとても美味しく、噂に聞いていたトリノのパンのレベルを体感しました。
グリッシーニを小脇に抱えて、ポリポリかじりながらお散歩を続けます。

お菓子屋さんもトリノらしい品ぞろえ。

トリノはチョコレートも有名で、特にホットチョコレートに泡だてた牛乳などを加える「ビチェリン」はほとんどのカフェで見かけます。

そういえば、トリノはフランスの影響が濃い街で、BAR(バール)ではない、CAFE(カフェ)やSALA DA TE(サーラ・ダ・テ)のようなフランス風の雰囲気のお店が多いようです。外にソファセットを置く店も多くて、歩き疲れた足には嬉しかったです。

 

そろそろ食事にしようかな~と思ってお店を探していると、地元の人が頻繁に出入りするドアを発見。
近づくとレストランで、メニューを見て「ぴんっ」ときたので入ってみました。
ちょうど食べ終わってお店を出るところだったシニョーラが「今日のメニューも美味しかったわよ~」と教えてくれたので、期待大!

まず前菜に「野菜に乗せたクロッカンテ(かりかり)な卵とチンタセネーゼのパンチェッタ」というものをオーダー。
直訳的ですが、その通りの風貌。
ただびっくりしたのは、ポーチドエッグに上手に火を入れてあり、更にパン粉の衣を付けて揚げてあるのにとろりとした半熟状で、この「かりっ」と「とろっ」との食感の対比が唸るほど。
クロッカンテな卵というから、てっきりかりかりパン粉をかけてあるのかな?と思ったんですが、調理技術もハイレベルでとても美味しかったです。
卵を半熟で食べるスタイルも、イタリアではちょっと新鮮でした。
この辺もフランスっぽい。

 

次はピエモンテ名物の「タヤリン」をアンチョビと松の実のソースでいただきました。

タヤリンは細いタリアテッレのようなパスタですが、通常の卵入り手打ちパスタよりもさらにたっぷりの卵(卵黄)を加えるリッチなパスタ。(コレステロールも気になるケド…)
海が遠いピエモンテでは、魚の加工品であるアンチョビもお料理によく使われます。
卵の甘みとアンチョビの塩気に、ローストした松の実のコクも加わって、とてもバランスよくまとまっています。

このテイストに、ローズマリーをプラスするのも新鮮な気分。
盛り付けはちょっとちょんまげっぽくて、クスリとしちゃいましたが。。
パンがざるに入ってきたところといい(このパンもおいしい)、インテリアにもよい意味で遊びが感じられて、くつろげるおいしいお店でした。

 

 

Ristorante Consorzio

住所:Via Monte di Pieta’,23,10122 Torino
電話:011.2767661
HP:http://www.ristoranteconsorzio.it

後で調べたら、地元でも人気のお店だったみたいです。
勘が当たったみたいで、ちょっと嬉しい。。
予約をしてから行った方が良さそうですよ。

 

 

 

【おまけ】

トリノの地下鉄はぴっかぴか!
近代的で不安なく乗れます。
でも、さすがにドアに指を挟まれたら痛いですよ?
くまちゃん笑ってるケド。。

 

 

 

 

イタリアたび日記 ミラノ

すでに「うっちゃり!」とか言いたくなるくらい、食べてます。。。

 

今回はミラノから入りました。
ミラノ在住の友人が歓待してくれて、着いて早々に極上プロシュットとスプマンテでアペリティーボ。

羽田発の早朝便で来たので、ミラノには15時過ぎには到着しました。
ちょっと一息ついてもまだまだ時間があるので、友人宅の近くのショッピングセンターに連れて行ってもらい、イタリアで使っている携帯電話のSIMカード購入・電話開通OK!とさくさく用事がこなせます。
大きなスーパーでワインや食材などを調達し、友人がフルコースのディナーを作ってくれました。
家庭的な味でとっても美味しかったです。感謝!

翌日はナビリオ地区へ出かけました。
この辺りは運河沿いに雰囲気のいいレストランやアンティークショップなどが立ち並ぶ、おしゃれスポット。
ミラノにいるならミラノらしい味を楽しもうと、おしゃれなお料理のお店へ。前菜に食べた「カンパチのタルタルと帆立のグリル」、これがすごく好みの味で、美味しかったです。
ソースなどを工夫して、レッスンメニューにしようかな。

 

もうひとつ、ミラノらしいスタイルと言えば「ハッピーアワー」です。

これはワンドリンクを頼むと、おつまみが食べ放題になるというシステムで、ミラノらしいアペリティーボのスタイルです。
(お店に寄ってはワンプレートの場合もあります)

 

旅行中の野菜不足を補おうと、インゲンのトマト煮・ズッキーニのグリル・豆のインサラータ・カポナータなどを食べました。
他にはハム・サラミ類、チーズ、パスタ・スナック類などが並び、軽い食事としても楽しめます。

お昼にしっかり食べて夕食はこれで軽くというのも、いいかもしれません。
(もちろん、私はこの後レストランに行きましたよ?)
ちなみにこのお店、ワンドリンクと食べ放題のおつまみで5ユーロでした。安い!

ミラノは都会的な楽しみ方が面白い街だと思います。
そういえば、嬉しいことに秋冬もののセールをしているお店もたくさんありました。
ウィンドウのディスプレイを眺めたり、ミラネーゼのファッションを観察したり、街歩きも楽しいですよ。

 

見るだけじゃなく買うのも楽しい!とちょっとフィーバーし過ぎましたが…

 

 

イタリアワインと肴の会

 

先週末「第二回イタリアワインと肴の会」を開催いたしました。
ご参加くださった皆さん、お疲れ様でした!
今回もかなり盛り上がったワイン会。
厳選素材で作った肴メニューとおいしいワインをご紹介しますね!

しますね。
します…
しま……

…なぜかメディアから画像が取り出せず(涙)

壊れたというほどではなさそうなんですが、エラーメッセージが出てしまい、先に進みません。
原因がカメラなのか、メディアなのか、ケーブルなのか、素人にはちょっと分からない感じ。

この衝撃の事実が判明したのが、イタリア出発3時間前。
時刻は午前0時。
さすがに便利な日本でもこの時間に駆け込めるカメラ屋さんはないし、出発まで時間が迫っているしで、あっさり諦めてコンデジを持って行くことに決めました。

というわけで、肴の会の模様は帰国後、修理に出してからじっくりお伝えしますね。

そんな直前のアクシデントもあり、かなりバタバタで到着した羽田空港。
今回初めて羽田発の国際線を利用しました。

早朝便に対応している公共交通機関がないという、こちらもびっくりな事態になっていますが、幸いな事に我が家からは空港送迎の定額タクシーだとぎりぎり許容範囲内の料金で済むので、今回はタクシーをお願いしました。
でも、この状態が乗客数の伸び悩みの一因にもなっているらしく、やっと国土交通省が腰を上げてくれるようです。
主要駅からのバスなどは、早く整備して欲しいですよね。

やはりそれが理由なのか、空港も飛行機もガラガラで何だか不思議な気分です。
横3席×枕3個×毛布3枚を使わせてもらって、のびのびくつろげました。

そして今は、ロンドンで乗り継ぎ便の搭乗まで待機中。
ヒースロー空港は大きくて、楽しいですね。
これからミラノに向けて出発します。

そして、お待たせしておりました、11月の空席情報を「おしらせページ」にUPしました。
体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は、スケジュールをご確認の上お申し込みください。

なお、イタリア滞在中メールの送受信は可能ですが、移動のタイミングなどで返信が遅れる場合もございます。
どうぞご了承ください。

 

では、行ってきます!

 

 

四国たび お土産編

 

四国たびでは 自分用のお土産も買いました。

うどん・すだち・お醤油・にんにく(なぜ?)…

私の興味のほとんどが食べモノなのが良くわかるラインナップですが、2つだけ食べモノ以外のものも買いました。

ひとつは、友人と姉が勧めてくれた黒田商店さんの下駄です。

黒田商店さんは高松に拠を構える、老舗の履物屋さん。
現在三代目の黒田さんが、履きやすく、また、おしゃれな下駄を足に合わせて誂えてくださいます。
台と鼻緒は自由に選べるので、オリジナルの一足になるのです。
すごいのは、その鼻緒の種類。
従来の和装に合わせる下駄では考えられなかったような、驚くような素材や柄が1000種類も揃っているそうです。

私はデニムに合わせる下駄が欲しいと思い、差し色になるような鼻緒を選びました。
表があずき色の正絹の古布、裏が薄ピンクの別珍素材。
3シーズン履けるように、台は焼きの入ったものにしました。
すでに相当履いていますが、全く足が痛くならないのが驚きです。
スニーカーより楽なくらいで、一日歩いた日でも全くストレスがありませんでした。
靴ふぇちの私には堪らない履物屋さん。
次は台も鼻緒も皮素材の、カッコいい草履を狙っています。

 

もうひとつ買ったのが、劇的にきにいってしまった泊ったホテルのパジャマです。
あまりに気に入ってしまったので、次回高松へ行ったら色違いで買おうと決めていたほど。

と思っていたら…

なんと!
友人が少し早いクリスマスプレゼントに送ってくれました!!
しかも、旅中迷って買わなかったものや、時間がなくてあきらめたものまで一緒に(涙)

彼女と知り合ってから聞いた彼女の地元の話はそれはそれは魅力的で、絶対に彼女の住む高松に行ってみたいなと思っていました。
今回、事前の下調べは私もして行ったつもりだったんですが、彼女は鳴門やうどん屋さんにわざわざ出向いて、下見までしてくれていたのです。
私達が現地入りしてからは運転手を買って出てくれ、いろいろなところへ連れていってくれました。
名所やおいしいお店、食材を見たい私のリクエストで地元スーパーやデパ地下。
そして、彼女の実家へも。

そこでは、彼女のお母様がスルメの天ぷらをたくさん揚げて、待っていてくださいました。
昔、私が彼女の話を聞いて「食べてみたいな~」と言っていたことを覚えていてくれて、わざわざ用意してくださったとのこと。

もう感激です。

これは彼女のお父様の大好物で、発祥はお父様ご出身の大阪らしいんですが、今では友人の家の家庭の味なんだそうです。
甘い衣に包まれた噛みごたえのあるスルメ。
甘じょっぱい味が、止まらないおいしさです。
お土産にもたくさん持たせてくださったので、家に帰ってからも堪能しました。

旅中快く車を貸してくださったお父様、天ぷらを作ってくださったり、大雨の中送迎をしてくださったお母様。
そして、行く前から帰った後まで、ずーっと心を砕いてもてなしてくれた友人。
スルメを噛みながら、じんわりと友人と友人家族の温かさに浸りました。

生まれ育った場所から遠いところにご縁ができて、本当に嬉しいです。
また近い内に、絶対訪ねますね。

U家の皆さま、ほんとうにほんとうにありがとうございました!!!

 

 

黒田商店
住所: 香川県高松市田町8-12
電話: 087-831-5758

黒田商店さんは全国でライブ販売をされていて、そこでも誂えていただけます。
詳しい日程はHPで確認してください。

全日空ホテルクレメント高松
高松駅にも、フェリー乗り場にも近い便利なホテル。
瀬戸内海に面したお部屋からの景色が素晴らしいです。
パジャマ(笑)は、水色とグレーの2色あります。

 

 

四国たび、これにて終了!
さて、そろそろイタリアに向けて準備しなくては。。。

 

 

 

四国たび 高松おいしいもの

 

イタリア料理教室 La mimosa 今月のレッスンも全クラス終了いたしました。
皆さま、お疲れさまでした。
食欲の秋、満喫していただけましたか?

通常なら1ヶ月のレッスンが終わると、ほっと一息な気分なんですが、今週末のイタリアワインと肴の会、来週からのイタリア研修旅行など、準備や手配でなんだか気ぜわしく過ごしています。

特に、旅行の研修先にイタリア語で必死にメールしたりしていると、頭が痺れる感覚に…
そこで息抜きにと思ってワインパーティーに行ってきたんですが、ここでもやっぱりイタリアワイン(笑)
否応なしに、イタリアモードで飛行機に乗ることになりそうです。

というわけで、四国の旅を懐かしく思い出したりしていたんですが、肝心の高松のおいしいもののご紹介がまだでした!
巷では『うどん県』の話題で持ち切りですが(一部限定?)、高松はうどんだけじゃないんです!!

地元っ子の友人が足で集めた情報を元に、おいしいものをたくさん食べさせてくれました。
たくさん食べた中での、お店ごとのイチオシとオススメをご紹介しますね。

 


まずは、初日の宴会のお店で食べた、地魚の煮つけ。
(魚の名前を失念!marikoさんフォローお願いします!!)→メバルでした(10/21加筆)
私がよく食べる煮魚は茨城&千葉のものなんですが、煮汁がもっと濃く作られているので、こういうさらりとした煮魚は新鮮でした。
素材の味が生きている煮魚、真似してみたい作り方でした。

和料理 秀慶

住所:高松市内町3-17 丸十第二ビル1F
電話:087-811-7955
営業:17時~23時
定休:不定休

 

これは「青べら」という魚のお造りです。
活け造りなので、可哀想な姿ですが…

熱帯魚っぽいルックスと面白い名前に、すっかりおきにいりになりました。
味は淡白でこりこりっとした食感です。
青べらと赤べらと種類があり、友人のお母さん曰く「赤べらの方が美味しい!」とのこと。
次回はぜひ赤べらを食べてみたいです。

(marikoさん、このお店情報もご存知でしたらお願いします!)

活魚料理 一徳

住所:香川県丸亀市港町307-100
電話:0877-23-1673
営業:11:30~15:30
17:00~22:20
定休日:毎週月・火(祝・祭日は営業)

(↑10/21加筆)


こちらは高松名物「骨付き鶏」です。
皮はかりっかりで、お肉は肉汁たっぷり。
鶏のもも焼きなんですが、ひな鶏と親鶏とを選べるシステムというのが面白いところ。
ひな鶏はやわらかくジューシー、親鳥は噛みごたえがあって旨みが強い、というのがそれぞれの特徴です。
食べ比べた結果、私は「親鶏」派。
食べ応えがあって、ビールにもとてもよく合います。
もう一軒、骨付き鶏を食べられるお店に行ったんですが、友人オススメの「一鶴」の方が美味しかったです。
生徒さん情報をゲットして、先日横浜にある一鶴の支店にも行ってきたんですが、高松と同じ味が
食べられました!
(Hさん、Mさん、情報ありがとうございました!)

 

一鶴 高松店

住所:高松市鍛冶屋町フェスタ2・5F
電話:087-823-3711
営業:平日16時~23時 土日祝日11時~23時
定休:無休

一鶴 横浜西口店

住所:神奈川県横浜市西区南幸2-15-1 ティノビル 6F
電話:045-317-1708
営業:平日17時~23時 土日祝日11時~23時
定休:無休

 


骨付き鶏の後に、はしごして流れ着いたのがこちら。
さんざん飲み食いした後だというのに、あまりにも魅力的なメニューについつい頼んでしまいました。。。
画像は「はもの天ぷら」。
これが私のはも人生で1番美味しかった!!
熱々のからっと揚がった衣の下に、ふわっとろのはもの白身が隠れています。
カウンターに座ったんですが、目の前でご主人が骨切りしている小気味良い音を聞いていたときの、おいしい予感が的中しました。
次はお腹を空かせて、1軒目でぜひお邪魔したいです。

小笹や

住所:高松市紺屋町2-2花月ビル1階
電話:087-813-331
営業:17時半~24時
定休:火曜日・祝祭日

 


おやつも食べましたよ~
写真は「金時豆」の天ぷらです。
友人おすすめのお三時でしたが、食事で120%食べていた身(胃?)にはちょっときつかったので、朝ごはん用にデパ地下で購入。
ホテルでコーヒーと一緒に、おいしくいただきました。
甘く炊いた金時豆の蜜を切り天ぷらにしたもので、セルフのうどん屋さんにも置いてありました。
ごはんのおかずというよりは、やっぱりおやつ向きかな。
スーパーのお惣菜コーナーでも見かけましたよ。

 

 

と、食べた食べた。。。
高松に滞在していた間の昼食と夕食は、計5回。
なのに、うどん屋さん7軒、和食屋さん2軒、骨付き鶏2軒、活魚料理1軒って、あなた…

まぁ私は食べることが仕事な部分もあるのでいいんですが、負けず劣らず、というより私より食べていたおっとはこの先どこへ向かうんでしょうか。

 

帰ってきて真っ先に、体重計を購入した我が家です。。。