夏休み放浪ごはん日記 3

放浪先、お次はひと山向こうのKさんのおうち。
でも、今回は「粉モノ研究会」(通称:粉研)の大事な例会でもありました。

「粉研」では、過去に作ったあらゆる粉物料理の情報交換・レシピの復習・レシピのレベルアップを目的に結成された、結構まじめな会です。

と言いつつ、宴会しながら作っていますが…

今回は、高名な中国料理研究家のトップアシスタントを務めるNさんと、中国料理歴20年以上のKさんに講師になっていただき、点心を教えていただきました。

練って、
 

練って、

切って。

そして出来上がったのは、、、

花巻

とうもろこし入り花巻

餅2種(ネギ入り・肉入り)

土俵が違うので、もたもた成形作業する私を、先生方は優しーく教えてくださいます。
出来上がりの状態を見て、どこがいけなかったかを教えてもらえるのも、実地レッスンならでは。

出来たての点心はすばらしく美味しく、つまみ食いが止まりません。
楽しい上に、おいしいおまけもたくさんあって、やみつきになる会なのです。

次回はそのおまけ達をご紹介しましょう。

粉研の別名は「ごはんを一緒に作りながら、飲んで食べる会」