イタリア料理教室 5月レッスンメニュー

イタリア料理教室 5月のレッスンがスタートしました。
今月のメニューをご紹介します。

Antipasto   Fritto di Asparagi bianchi con Prosciutto
ホワイトアスパラガスのフリット
ホワイトアスパラガスのフリット 生ハム添え

日本の初夏のホワイトアスパラガスをフリットにし、生ハムやサラミを添えていただきます。
揚げたてのフリットの熱で生ハムの脂がじんわり溶ける、ご馳走な一皿。
生ハム・サラミは、3種類を食べ比べしていただきます。
ヴェネト州で食べた感動の味を、ぜひ体験してみてください。

Primo Piatto   Linguine al Limone
リングィーネ レモン風味
リングイーネ レモン風味

食べ応えのあるリングイーネを、レモン風味のクリームソースでいただきます。
手早い・簡単・おいしい、と三拍子そろったメニューですが、きっと誰もが好きな味だと思います。
レモンの風味が爽やかで、初夏にぴったりなパスタです。

Secondo Piatto   Pollo all’Olio d’Oliva
チキンのオリーブオイル煮込み
チキンのオリーブオイル煮こみ

ウンブリア州オルヴィエートのトラットーリアで食べたうさぎの煮込み料理を、鶏肉でアレンジしました。
オリーブオイルの旨みが、淡白な鶏肉をぎゅぎゅっと濃厚な味わいにしてくれます。
じっくりと煮込むことで保存性が増すのも、この季節にはぴったり。
作り置きもできるので、おもてなしにもどうぞ。



Dolce   Affogato con Cantucci
カントゥッチを添えたアッフォガート

イタリアの中部エリアでは「カントゥッチ」と呼ばれる、ビスコッティをご一緒に作ります。
素朴な味わいながら、後をひくお菓子。
イタリアで習ったレシピを元に、食感とコクにこだわって研究したレシピをご紹介します。
暑くなってきたので、冷たいアイスクリームにエスプレッソをかけた「アッフォガート」もご一緒にどうぞ。

今月のmieux-mieuxさんセレクトワインは、
イタリアワイン

(右)’10シャリン

ラベルも可愛い、フリウリ-ヴェネツィア・ジューリアの白ワイン。
シャリンという珍しい土着品種を使ったワインは、白い花の蜜の甘さ、梅酒を思わせる熟成感が心地よい味わい。
ホワイトアスパラガスのふわっとした香りと、抜群の相性です。

(左)’07ランゲ フレイザ

こちらはピエモンテ州のDOCワイン、ランゲ・フレイザ。
ブラックベリーの滑らかな果実実と素直な酸が、とてもバランスよく仕上がっています。
個人的に、こういう素直なワインはとても好み。
飲みながら、相性のよいお料理が次々と浮かびます。

今月は、イタリアの田舎のトラットリアで食べたお料理ばかり。
味わいや調理法もさることながら、シンプル&ストレートな表情もお気に入りです。
おうちのテーブルで食べたくなるような、ほっとするお料理はイタリアンの真髄。
手軽に作れるものが多いので、ぜひご家庭で再現してみてください。

5月は下記の日程に空席がございます。

5月27日(金)11時~   残2席
5月29日(日)11時~   残0席   ※満席になりました

ご興味がある方は「お問い合わせフォーム」より、お早めにお申し込みください。