オステリア La mimosa

今日は高校時代の友人達が、我が家に集まってくれました。

 

今回の集まりは、震災前から計画していた会。

実は、被災地である茨城から参加してくれる友人達がいたので、延期の打診をしたところ、
「むしろ行きたい!」と言ってくれました。
「それならば!」と、慰労会を兼ねて1日めいいっぱい楽しんでもらうことにし、たくさんのお料理を準備しました。

あいにくの天気にも関わらず、皆テンション高めで集合。
ささっと始められるように用意していたはずなのに、しょっぱなから話が面白過ぎて手が動かなーい!

鰯のオーブン焼き

ようやくスタートしても、笑い過ぎて写真がぶれちゃう始末…

この日のメニューは

Antipasti
・ズッキーニとお米のサラダ トマト詰め
・ひしこ鰯のオレンジとフェンネルパン粉詰め

Primi Piatti
・La mimosa スペシャル!鴨ラグー和えパッパルデッレ

Secondi Piatti
・とびうおのソテー白ワインソース
・牛筋とひよこ豆のトマト煮込み

Contorni
・黒キャベツのオイル煮
・チコリのサラダ

Dolce
・お土産ケーキ6種食べ比べ

友人が「フルフルコース」と命名してくれました(笑)

食べて、笑って、飲んで、を延々と繰り返し、ノンストップ8時間。
涙を流すほど笑ったのは本当に久しぶりで、重たいお腹とは反対に、清々しい気分になりました。

残念ながら今回来られなかった友人もいるので、今度は私が地元に戻って
「出張オステリア」を開く予定。

居酒屋さんで慰労会をするような、そんな雰囲気をプレゼントしたいなぁと思っています。

待っててね!

どーなつおやつ

今まで気がつかなかったんですが、私はどうやらドーナツが好きらしい…

疲れている時など、なぜかドーナツが気になります。

素朴な形、シンプルな甘さ、明快なおいしさ、が元気の素の秘密でしょうか。

高カロリーは百も承知。
油脂と糖分を一緒に摂取すると、吸収が良くなってしまうのも辛いところ。

でも、元気になれるお菓子って、ちょっと素敵ですよね。

「お菓子界のカツ丼」と、密かに呼んでます。。。

ネスレ ウェルネスKitchen

 



先日、ネスレ日本株式会社様とのコラボレーション企画、

「ネスレ ウェルネス Kitchenを開催いたしました。

 

 

今回の料理レッスンは

『野菜たっぷりレシピ3品で350gの野菜(一日摂取目標量)がたっぷり摂れる』をテーマに、『マギー 化学調味料無添加コンソメ』を使い、手軽にできるオリジナルのヘルシーメニューを御紹介いたしました。

 

ヘルシーメニューというと、どうしても物足りない印象になってしまいますが、コンソメのコクを補うことで満足感も得られるお料理でメニューを構成しました。

ヘルシー料理の柱となるのが「減塩」と「脂質を控える」ということですが、ただ減らすだけだと肝心の味がおいしくなくなってしまいます。

そこでポイントになるのが、

 

・コクをプラスし、オイルカットを補う

・スパイスや酸味をプラスし、薄味を補う

 

というように、足し算と引き算のバランスを取ることが大切です。

素材や調味料に工夫を凝らしたレシピを、ご紹介いたしますね。

 

レタス

新たまねぎとサーモン・えびのサラダ巻き寿し

 

【材料:4人分】

米・・・1合(約160g)

A・・・水(190cc)+マギー化学調味料無添加コンソメ(1本)

ワインビネガー・・・大さじ2

スモークサーモン・・・8枚(約60枚)

新玉ねぎ・・・小1個

ブラックオリーブ(スライス)・・・8枚

B・・・卵1個(茹でる)+マヨネーズ大さじ2

えび・・・4尾

グリーンレタス・・・8枚

 

【作り方】

1.米をとぎ、ざるにあげて10分ほど置きます。

2.沸騰したら1の米を加え、ふたをします。強火にかけ、再度沸騰したら弱火にし、12分加熱します。

3.新玉ねぎは皮をむいて薄くスライスし、5分ほど水にさらし、ざるにあげてよく水気を切ります。

4.卵は固めに茹で、冷水に取った後殻をむき、細かくほぐして(B)のマヨネーズと和えます。

5.えびは茹でて殻をむき、横半分にスライスします。

6.レタスは5分ほど水に浸け、シャキっとしたらざるにあげて水気をよくふいておきます。

7.2のごはんが炊けたら、火を止め、10分ほど蒸らします。熱いうちにワインビネガーを加え、うちわなどであおぎながらよく混ぜ合わせます。

8.7の粗熱が取れたら、ごはん・具をそれぞれ器に盛り付け、レタスでごはんと具を巻きます。

 

酢飯のお酢がきついと、お子さんには少し食べにくいですよね。

コンソメを入れて炊くことで、酸味が和らぎ、風味が増します。

また、洋風の具材にも合わせやすいので、いろいろなお料理が並ぶ持ち寄りパーティーなどにもオススメです。

 

 

 焼き春巻き

 春キャベツと豚肉のカレー焼き春巻き

【材料:4人分】

キャベツ・・・1/4個

豚肉・・・100g

A・・・カレーパウダー(小さじ1.5)+マギー 化学調味料無添加コンソメ(1本)

春巻きの皮・・・10枚

油・・・小さじ2

【作り方】

1.キャベツは芯を取り、みじん切りにします。

2.1を耐熱皿に入れ、その上に豚肉を広げます。ラップをして電子レンジ600Wで3~4分加熱します。

3.2の豚肉に火が通ったら取り出し、みじん切りにします。

4.2と3をボウルに移し、熱いうちに(A)の調味料を和え、粗熱を取ります。

5.春巻きの皮で4を包みます。

6.5の両面に刷毛などで油を塗り、天板に乗せ、230~240℃のオーブンで10分ほど焼きます。焼き色がついたら裏返し、更に10分ほど焼きます。

7.焼き上がった6を半分にカットし、器に盛りつけます。

 

 

焼き春巻きは揚げない調理法でカロリーを押さえることができ、具材を先に加熱することで、火の通りを気にせずに高温で加熱することができます。

そのため、揚げなくてもパリっとさせることができ、おしくてヘルシーに仕上がります。

また、予め具にコンソメで味付けをしておくことで、タレなしでおいしく食べられ、減塩にも一役買うことができます。

 

 

 

コンソメジュレ

春の焼き野菜サラダ
コンソメジュレがけ

 

 

【材料:4人分】

A・・・ゼラチン(2.5g)+水(100cc)+マギー化学調味料無添加コンソメ(1/2本~1本)

アスパラガス・・・4本

スナップえんどう・・・12個(約40g)

筍水煮・・・400g

新じゃがいも・・・60g(約1個)

パプリカ(黄色)・・・40g(約1/4個)

ミニトマト・・・100g(約12粒)

EXVオリーブオイル・・・大さじ2

塩・・・1~2つまみ

【作り方】

1.Aの材料でコンソメジュレを作ります。ゼラチンは水(分量外)でふやかしておきます。

2.鍋に水とゼラチンを加え、火にかけます。ゼラチンが溶けたら、マギー
化学調味料無添加コンソメと塩を加え、火を止めます。ボウルに移し、氷水にあてながら冷やします。とろみがついてきたら冷蔵庫に入れ、冷やし固めます。

3.アスパラガスは根
元から3~4㎝ほど皮をむき、2~3㎝長さに斜め薄切りにします。スナップえんどうは筋を取ります。筍水煮は適当な大きさに切ります。新じゃが芋はたわし
でこすり洗いをし、皮つきのまま7~8㎜厚さに切ります。パプリカは種とヘタを取り除き、7~8㎜太さの細切りにします。ミニトマトはヘタを取って半分に
切ります。

4.3の野菜をボウルに入れ、EXVオリーブオイルと塩を加えよく混ぜ合わせます。

5.4を耐熱皿に移し、180℃のオーブンで20分ほど焼きます。

6.5の粗熱が取れたら器に盛り付け、細かくかき砕いたコンソメジュレを上からかけます。

 

焼き野菜サラダは、加熱して食べる野菜料理。

野菜は加熱することで消化も良くなり、コンソメのジュレが素材によく絡み、野菜をたっぷり食べられます。

 

今回のお料理に使用した『マギー 化学調味料無添加コンソメ』は、素材の優しい味が活きていて、「どんなお料理にも合わせやすそう」と、ご参加の方にも大変好評でした。

手軽においしくてヘルシーなお料理を作りたい時に、ぜひ活用してみてください。

 

 

 

土鍋ごはん

4月のレッスン、全日程終了しました。

今月は、作る方もボリュームがありなかなか大変でしたが、どのクラスも上手にパッパルデッレの生地を伸ばせていましたよ。

手打ちパスタは、種類や生地の配合を変えて何度も登場するメニューですが、その分、上達具合が一目で分かります。
中堅の生徒さんが、体験レッスンでお越しくださった方に教えながら作業を進めているのを見て、その成長ぶりになんだかじーんときてしまいました。

皆で作ると、やっぱり楽しいですね。

そして、今月のレッスンで皆様に節電にご協力いただいた分の予想電気代金と収益の一部を、被災地への支援金として送らせていただきました。
この取り組みは当面続けていきたいと思いますので、引き続きご協力をお願いいたします。

節電といえば、我が家ではあれから炊飯器を使うのを止めました。
もともとガスで炊くごはんの方が好きだったので、炊飯器は抵抗なくお蔵入り。
土鍋が大活躍しています。

そして、もう一つ活躍しているのが、

蒸籠

中華街で買った、このセイロ。

冷えたごはんを、蒸し直して食べています。
これがあると、電子レンジも使わなくて済みますし、何よりごはんがふっくらするので
冷凍→レンジ解凍 より断然おいしい!
最近よく食べている玄米ごはんも、おいしく復活します。

おっとにも土鍋ごはんの作り方を教えたら、得意気に作ってくれるようになりました。
こういう道具類って、料理好きな男心をくすぐる何かがあるんでしょうか(笑)

誕生日プレゼントはmy土鍋かな…

 

春眠


 

春眠暁を覚えず…

お天気のよい日が続いて、春本番ですね。

用事のついでに千鳥ヶ淵に行ってみたんですが、はらはら散り始めた桜がそれはもう見事でした。

満開の後の、この2~3日目の桜が一番好きです。
しかも、できれば夜桜。
おぼろ月夜に桜の花がぼんやりと浮かび上がり、花色が昼間よりも立体感を持って冴えて見えるから不思議です。

夜風もほわほわと暖かく、月もキレイで、とても気持ちの良い夜でした。

よい夢が見られそう。