イタリア料理 年越しのレンズ豆 


「札幌で食い倒れているの?」というメールをいただきましたが、ちゃんと帰ってきて働いていますヨ。
すでに来春向けのお仕事などを頂いているので、頭の中は一気に春。
このままだと、今年はクリスマスと一緒にお正月もすっ飛ばしそうなので、締め切りを抱えて年越しと
三が日だけ実家に避難です。
最初の避難先はおっと実家。
おっと母はとってもお料理が上手なので、短時間で絶品のおせち料理を次々に作りあげていきます。
和食のベテランの前では嫁の出る幕がないので、イタリアの年越し料理を持参しました。

レンズ豆の煮物と豚肉の牛乳煮込み
(牛乳煮は年越し料理ではありませんが、おっと家からのリクエストで)

イタリアの年越しと言えば、ザンポーネやコテキーノの煮込みとレンズ豆。
ザンポーネは豚足に豚の様々な部位を詰めたもの、コテキーノは豚足詰めが腸詰になったものですが、共にレンズ豆と一緒に年越しの食卓を飾る食べ物です。
年越しにレンズマメを食べるのは、形がコインに似ているからで、「お金が貯まりますように」という願をかける縁起モノのお料理。
日本の御節料理にも縁起かつぎのお料理は多いですが、新年の幸せを願う気持ちは万国共通なんですね。
ザンポーネやコテキーノは日本ではなかなか入手しにくいですが、レンズマメでしたら比較的簡単に購入できますし、平べったい豆なので戻す時間が短時間で済み、あっという間に出来上がります。
簡単に調理法をご紹介します。
レンズ豆の煮物の作り方
【材料:約4人分】
レンズ豆・・・150g
パンチェッタ・・・1切れ
ローリエ・・・1枚
塩・・・適量
EXVオリーブオイル・・・大さじ1~
※パンチェッタはイタリアの生ベーコンですが、なければ普通のベーコン1枚で代用してください。
【作り方】
1.レンズ豆をボウルに入れ、たっぷりの水を注いで20~30分ほど漬ける。
2.1の豆をざるにあけて水気を切り、パンチェッタ・ローリエと一緒に鍋に入れる。かぶるくらいの水を注ぎ、強火にかける。

3.2が煮立ったら弱火にし、ふたをして20~30分ほど豆が柔らかくなるまで煮込む。
4.豆が柔らかくなったら塩で味を調え、仕上げにEXVオリーブオイルを加える。
5.器に盛り付け、好みでEXVオリーブオイルをかけながらいただく。
【ポイント】
・豆の鮮度によって煮込み時間は異なります。豆が踊らない程度の火加減で、様子を見ながら煮込んでください。
・豆が柔らかくなってから塩を加えないと芯が残る場合があるので、必ず充分柔らかくなってから加えてください。パンチェッタやベーコンの塩分によって加える量が変わりますので、味をみながら加減しましょう。
レンズ豆の煮物は本当に短時間で出来るので、年越しのお料理がまだ、という方も今からでも間に合いますよ。
残ったものは冷凍もできますし、スープにしたりカレーに入れたりしても美味しいので、お正月のご馳走に飽きてきた頃にも美味しくいただけます。
宝くじに外れた方も、皆で財運UPをお願いしましょう!
*** *** ***
というわけで、今年のブログはこれにておしまい!
食べ物ばかりのつたないブログに、たくさんのご訪問ありがとうございました。
読んでくださった方が「あ、これ食べたい…」と思っていただけるような、写真・文章を心がけてきましたが、いかがでしたでしょうか?
2011年も、私の「おいしいおきにいり」が皆さんにささやかな幸せを運べますように。
Buona fine e buon inizio !!!

 

札幌 ホテルのおすすめ

観光資源の多い北海道。
中でも札幌は、北海道に来る方のほとんどが立ち寄る街だと思います。

そんな大都市なのでたくさんのホテルがあり、シティーホテル・ビジネスホテル問わず、
価格の割には設備等のレベルがかなり高いと思います。

でも、初めての方は多過ぎても悩んでしまいますよね。

実際、札幌に遊びに行く友人達などからよく「どのホテルにしたらよいか?」という相談を受けます。

私が札幌でホテルを選ぶ時にポイントにするのが、まず立地。

観光客の方でしたら、JR・地下鉄南北線 札幌駅(南口)、地下鉄南北線 大通り駅・すすきの駅・中島公園駅、このあたりを最寄り駅にするホテルを選ぶと便利だと思います。

そして、もうひとつのおすすめポイントが、大浴場付きかどうか。

札幌に観光で来る方は、ホテルに滞在する時間は短いと思います。
でもその分、外歩きで体は疲れていますよね。
特に冬場は日中でも氷点下になることも多いので、冷え切った体を温めてくれるスパは非常に嬉しいもの。
有難いことに、札幌のホテルはスパ付きのところも多いのです。

この2点を総合して、私がお勧めする札幌のホテルは下記になります。

三井ガーデンホテル札幌 (最寄駅:札幌駅)

ホテルモントレエーデルホフ札幌 (最寄駅:大通り駅)

ホテルリソルトリニティ札幌 (最寄駅:大通り駅)

アートホテルズ札幌 (最寄駅:中島公園駅)

この中で、最近我が家がよく利用するのが「ホテルリソルトリニティ札幌」。

それほど大きなホテルではありませんが、大通り公園に面していて駅出口より徒歩30秒のロケーションの良さに加え、清潔なスパ付き、ネット回線無料。
そしてホテル内にコインランドリー(有料)があるので、ジンギスカンの後などに洗濯ができてとても便利なのです。
洗濯ができるのは、長期滞在の方や小さなお子さんがいる方にも本当に便利だと思いますよ。

ホテルの顔、ロビーには暖炉もあって、なかなかお洒落です。

ホテルリソルトリニティ札幌

住所:北海道札幌市中央区大通西5-3
電話:011-241-9269(代)
URL:http://www.trinity-sapporo.com/index.html

上記に加え、あと2つ系列ホテルが近隣にありますが、グループの中ではここが一番おすすめです。

札幌 焼き肉のおすすめ

「あのお店出てこないな~」と思っている方。

大丈夫。
ちゃんと行ってきましたよ~

 
塩ホルモン

札幌・塩ホルモンの名店『芦山』
こちらのお店もすでに15年以上通っていますが、美味しさは全く衰えません。

新鮮な牛ホルモンは臭みもなく、塩味の加減も絶妙。
七輪の炭火で焼くので脂も適度に落ち、コラーゲンたっぷりなので翌朝のお肌もぷるぷるです。

たくさん食べたおっとは、お腹もぷるっぷる。

ラム

もちろん、焼き肉やさんなので通常のお肉もあります。
特に牛サガリ(左)と生ラム(右)は絶品です。

私はお肉の中では羊が一番好きなのですが、ここのラムより美味しい羊を食べたことがありません。
柔らかく、まろやかで、甘みがあって…
熟成させたような旨みがありつつ、臭みのない鮮度の良さが感じられるという、タダモノではない羊なのです。

ただですね…

七輪で焼くので煙がすごく、帰りには自分の体から美味しそうなニオイがただよいます。

そこでお勧めなのが、ごみ袋。
上着や鞄を入れておけば、ニオイが防げます。
更に携帯用の衣類用消臭剤があれば、もう無敵!

札幌グルメ(ジンギスカン、炉端焼き、海鮮焼き…)を楽しみたい方は、この2つを旅行鞄に忍ばせておけば安心ですよ。

芦山(ロザン)

住所:北海道札幌市清田区真栄二条1-5-35
TEL:011-883-7029
営業:16:30~24:00
定休:火曜日(祝日の場合は営業)
備考:電話予約可

地下鉄東豊線・福住駅からバス・タクシーで10~15分ほど。
(お店前に駐車場もありますが、2~3台しか停められないのでいつもほぼいっぱいです)
バスの場合は、福住駅バスターミナル8番乗り場から乗車し、バス停「真栄」で下車徒歩5分。

【個人的備忘録】

おっと用塩ホルモンは5人前。
ごはんは大。


札幌 お鮨屋さんのおすすめ

次は札幌・上級編にまいりましょう。

先に「その都市のお寿司のレベルは回転寿司でわかる」と書きましたが、
回転寿司と回らないお鮨屋さんは別物です。

広辞苑を引くと「寿司」は「鮨」の当て字とあります。

個人的考察ですが、寿を司る「寿司」はお祝いや家族の食卓に相応しい食べ物、
一方旨い魚と書く「鮨」は美食を極めたもの、そんな風に思います。

 

今回は贅を極めた「鮨」のおすすめをご紹介します。

鮨ふぐ処いと川

まずはお料理のご紹介から。

地のもののお造りは左上から時計回りに
真いか・海水うに・平目・水蛸・鮑・毛蟹のかに味噌和え・たらば蟹の内子

いと川

お料理は左上から
あぶり真だち・白子のかまぼこ・カニ味噌焼き

左から
メロ煮つけ・いか真砂子和え炙り・焼き数の子

これらの絶品のお料理はすべて『鮨 ふぐ処 いと川』さんでいただけます。

こちらのお店、実は15年近く通っていたすすきののなじみのお鮨屋さんの板長・吉永さんが、
満を持して独立して開いたお店です。

新店も同じくすすきのに居を構え、カウンター主体の落ち着いたくつろげる造り。
板場との距離も近く、お話も楽しめるのが何より嬉しかったです。

吉永さんのお料理の技は変わらず健在。
魚を知り尽くした板長が仕事をした魚介類は、刃の入り方、火の入れ方、全てにおいて
「丁寧」に尽きます。
お鮨屋さんのメイン、握りも、吉永さんはお客さんの様子に合わせて握り方を変えているほど。
魚の一番おいしい食べ方を知っているので、目の前で仕事をしていても本当に楽しそうです。
「魚が本当に好きなんだなぁ」と思わせる方で、料理される魚も嬉しいだろうなと思いました。

吉永さんには私が20歳の頃からお世話になり、夫婦ともども良い酒飲み(?)に育てていただいた御恩があります。
いつお邪魔しても優しく歓迎してくださり、本当に楽しくお鮨とお酒をいただける貴重な場所。
以前勤めていた、すすきので多店舗展開するお店の板長としての重圧から離れ
「利益よりも、お客さんに喜んでもらえることを優先したい」とおっしゃっていたのがとても吉永さんらしく、素敵なお店になる予感に溢れていました。

ちなみにこの日のお会計は、上記のおまかせにプラス2~3品、日本酒を2人で一升近くいただいて、1人1万円しません。
初めてのお鮨屋さんでおまかせが不安な方には、値段が明記してあるメニュー表もあるので安心です。

カウンターで絶品の北海道の旬をいただけて、気軽に寄れるお鮨屋さん。
本当におすすめですよ。

鮨 ふぐ処 いと川

住所:札幌市中央区南六条西三丁目おおたビル一階
電話:011-530-0220
営業:午後6:00~午前2:00  (祝日 午後6:00~午前0:00)
定休:日曜日(日・月連休の場合は月曜日がお休み)

【個人的備忘録】

国稀

サッポロクラシック
国稀
国稀特別純米
金滴
熊ころり
熊ころり

おっとの致死量は日本酒3合以上。

札幌 ビール園のおすすめ

 

札幌のおすすめ・入門編としては、ビール園も外せないと思います。

意外にご存じない方が多いのですが、札幌には各メーカーのビール園があり、中には繁華街に小さな支店を出しているところもあります。

その中で、個人的に断然おすすめなのが『サッポロビール園』

さっぽろビール園

各メーカーのビール園全てに行きましたが、ビアホールの雰囲気、生ビール、ジンギスカンと、全てにおいてサッポロビール園は群を抜いているように思います。

園内には、ケッセルホール・トロンメルホール・ポプラ館・ライラック・ガーデングリル・スターホールと、多数のホールがあり、
メニューもトラディショナル(冷凍ラム)ジンギスカン、生ラムジンギスカン、味付けラムジンギスカン、ラムしゃぶ、ラムすき、ラムグリル、タラバ蟹、お寿司、ラーメン・・・と、建物によって様々。。。

初めての人には難解ですよね。

園内にある総合案内所で食べたいものやスタイルを相談できますが、サッポロビール園の王道といえばケッセルホールでトラディショナルジンギスカン&生ラムジンギスカンの食べ放題(2620円、プラス飲み放題の場合は3670円)のコースだと思います。

ジンギスカン

そしてそして、ビール好きな方なら飲み放題コースに更に380円をプラスするのをおすすめします!
北海道地区限定のサッポロクラシックの生ビールなども飲むことができるからです。

このサッポロクラシックは、私が世の中で一番好きなビール。
ホップ100%の副原料を加えていないプレミアムビールですが、他メーカーのそれに比べ上品な香り、爽やかな味わいでとても美味しいのです。
北海道地区限定なのが、本当に残念!

サッポロクラッシック

ジンギスカンはもやしやキャベツなども一緒に焼く、昔懐かしいスタイル。
あまじょっぱいタレにつけていただきます。
このタレも郷愁を誘うんですよねぇ

思わず「べーるべるべるベル食品♪」
って歌いたくなってしまいます。

実はビール園にはかなり久しぶりに行ったのですが、味も雰囲気も変わっていなくて大満足。
ジンギスカンのおいしいお店はたくさんありますが、やはりあのクラシカルなビアホールで食べるとそれだけで楽しくなります。

今回は外国の方も多く見かけましたが、お店には通訳の方が常駐しているようで、食べ方などを丁寧にお話していました。
ジンギスカンは食材や味付け的に、外国の方にも食べやすいのでしょうね。
向かいに座っていた外国人男性二人組がとっても楽しそうに食べていて、なんだか私まで嬉しくなりました。

サッポロビール園

住所:〒065-0007 札幌市東区北7条東9丁目2-10
電話:0120-150-550(サッポロビール園総合予約センター)
営業: 11:30~22:00(ラストオーダー21:30) 年中無休

【個人的備忘録】

飲み放題のワインはジョッキ。