イタリア料理教室レシピ ~ 砂肝のオイル漬け ~

イタリア料理教室11月のレッスン、全クラス終了しました。
皆様おつかれさまでした。
今月はどのクラスもワインが進んでいたようです。
やはり酒の肴的なモノがあると、ワインが一層おいしく感じますよね。
今月はレッスン中の動線の都合でご一緒には作れなかったのですが、事前に作っておいた
『砂肝のオイル漬け』が思いのほかご好評をいただきました。
とっても簡単なので、作り方をご紹介します。
砂肝
砂肝のオイル漬レシピ
【材料】
砂肝…300g
塩…6~9g(砂肝の重量の2~3%)
オリーブオイル(マリネ用)…大さじ1~2
ローズマリー…5センチくらいのもの1枝
オリーブオイル…適量
【作り方】
1.砂肝は3~4センチ角くらいの大きさに切る。
2.1の砂肝をビニール袋などに入れ、塩・オリーブオイル・ローズマリーの葉をよく揉みこみ、冷蔵庫で一晩マリネする。
3.2を深めの耐熱容器に入れ、ひたひたに浸かるくらいのオリーブオイルを注ぐ。
アルミホイルなどでふたをする。
4.120~130℃のオーブンで1時間ほど加熱する。
5.オーブンから取り出し、器に盛り付ける。
すぐに食べない場合はオイルごと密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存する。
【ポイント】
・塩はお使いの塩の塩味の強さで加減してください。精製塩・日本の粗塩は意外と塩味が強いので、砂肝の重量の2%でも大丈夫だと思います。
・砂肝を大きく切りすぎないこと。1時間加熱では、むっちりとした食感が出なくなります。
・オイルは加熱すると容量が多くなるので、容器の6分目くらいに収まるような耐熱容器を用意しましょう。
・保存する場合は殺菌した瓶などに入れ、砂肝が空気に触れないように一緒に加熱したオイルをたっぷりと加えてください。
砂肝を低温のオイルで加熱することで、むっちりとした食感になります。
また、保存性も増すので、冷蔵庫で2週間くらいは保存可能です。
オリーブオイルのおかげで臭みなどが気にならなくなりますので、砂肝は下処理することなく
ただ切るだけでOK!
手軽においしいおつまみができますよ。
こういう保存食は、不意なお客様の時などに本当に重宝しますよね。
お土産にも喜ばれますので、パーティーシーズンが始まるこれからの季節にもぴったり。
ぜひお試しください!
焼きとりでも砂肝が一番スキ☆