短角牛のタルタルステーキ

イタリア料理教室 10月のレッスンも佳境に入ってまいりました。
おかげさまで、今月のメニューも好評です。
オレッキエッテを作る皆さんの真剣な顔を見るのが、私の密かな楽しみだったりします。(笑)
後半チームの皆さんも、お楽しみにしていてくださいね。
さて、そんな中忙しくしていたある日、ご近所のKさんからゴージャスな差し入れをいただきました!
高級和牛の「短角牛もも塊」!
新鮮なので、生でも食べられるとのこと。
Kさんのアドバイス通り、タルタルステーキでいただきました。
短角牛
お肉をミンチ状にして、パルミジャーノのスライスを散らし、
美味しいオリーブオイルと塩・胡椒・レモンでシンプルに。
ひとくち食べると、赤身の旨みに衝撃が走りました。
ミルクのような風味は甘さを感じるほどで、食感も柔らかく、ふわ~っと旨みが充満する感じ。
それもそのはず、短角牛は和牛の主流の黒毛牛とは違い脂肪が少なく、
旨み成分のグルタミン酸などのアミノ酸が豊富で、肉質は柔らか。
その味の良さから、高級イタリアンレストランやフレンチレストランに引っ張りだこの人気のお肉なのです。
赤身好きな私には、ものすごいご馳走お肉。
おかげさまで、レッスンへのスタミナ充電がばっちりできました!
いつもいつもいつも、私の仕事を応援してくださるKさん。
美味しいものを食べさせてくださったり、キッチングッズをプレゼントしてくださったり…
イタリアでは誕生日のお祝いまでしてくださいました。
まるでパトロンのよう!(笑)
応援してくれる人に囲まれて、私は本当に幸せモノです。
ご期待に添えるよう、精進せねば!
と、タルタルステーキをもしゃもしゃ食べながら、心に誓ったのでした。
色気ゼロ!(笑)