イタリア料理教室 8月レッスンメニュー

イタリア料理教室 8月のレッスンがスタートしました。
今月のメニューをご紹介します。
Antipasto  Pure di EDAMAME e Gorgonzola
枝豆とゴルゴンゾーラのピュレ
枝豆とゴルゴンゾーラのピュレ
日本の夏素材、枝豆をゴルゴンゾーラと合わせてピュレにしました。
枝豆の青っぽいコクとゴルゴンゾーラが好相性のこのメニュー、
実は「ずんだパフェ」なるものを食べている時に思いつきました。
仙台名物のずんだ餡(=枝豆の餡)と乳製品の相性の良さを予想外のところで発見したのですが、ゴルゴンゾーラに行きつくまでにまた一苦労。
でも、苦労の甲斐あって、かなりの自信作になりました。
Primo Piatto   Penne con Verdure grigliate
グリルした夏野菜のパスタ
グリルした野菜のペンネ
旬の夏野菜をたっぷり使った、ヘルシーパスタ。
野菜をオーブンで焼くことによって水分が飛び、濃縮された味わいになります。
夏の太陽のような、体の中から元気になれるお料理です。
Secondo Piatto   Costolette di Maiale alla Pizzaiola
豚肉のピッツァ職人風
豚肉のピッツァ職人風
モッツァレッラ+トマトソース+バジルを使った、イタリアのネーミングが愉快なお料理。
ピッツァのように豪快に食べたいので、ボリュームたっぷりな厚切り豚ロースを使用しています。
合わせるモッツァレッラも水牛乳で作られた濃厚なもの。
大胆なお料理ですが、チーズの溶け具合だけは細心の注意を払い、美味しいタイミングでお召し上がりください。

Dolce   Semifreddo al Limone

レモンのセミフレッド
レモンのセミフレッド
今月はドルチェもご一緒に作ります。
夏に美味しい冷菓、レモン風味のセミフレッドです。
セミ(=半分)+フレッド(=冷たい)の名前の通り、溶けかけを食べるのが一番美味しい食べ方。
使用する生クリームや牛乳を凍らせても、食感を損なわないよう工夫を凝らしました。
今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは
Vino Bianco   Vermentino di Sardegna Tyrsos
Vino bianco
サルデーニァのDOCワイン、ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニァ。
薄い麦藁色、柑橘類の香りとは対照的に、個性的なミネラル感が印象的なワイン。
軽い塩味と相性が良いので、ゴルゴンゾーラとぴったりです。
Vino Rosso   Fichimori Rosso
Vino rosso
プーリア州のネグロアマーロ種100%のワイン。
フィーキモーリとは黒イチジクの意味で、綺麗なルビー色が美しく、独特なブドウ香が楽しめます。
冷やして飲むタイプの赤ワインで、ボトルにも明記してあるのが造り手の自信の強さを伺わせます。
トマトソースの豚肉とお楽しみください。
今月は、夏素材のうきうきした雰囲気をお皿に散りばめました。
暑い毎日で少々うんざりしますが、力強い素材を摂ることで元気を補給しましょう。
下記の日程にキャンセルで空席が出ています。
8月27日(金)11時~
8月28日(土)11時~
8月29日(日)11時~
体験レッスン・ワンレッスンを御希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお早めに御連絡ください。

イタリア料理教室 空席追加

イタリア料理教室 8月22日・23日のレッスンに追加で空席が出ました。
現在の空席状況は
8月22日(日)11時~  残0席  ※満席になりました(8/16更新)
8月23日(月)10時半~ 残1席  ※追加しました(8/16更新)
8月27日(金)11時~  残1席  ※追加しました(8/22更新)
8月28日(土)11時~  残1席
8月29日(日)11時~  残1席
上記の日程に空席がございます。
人気の週末クラス、御希望の方はお早めに「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
******************************************************************
東京の夜景
先日、東京の夜の風景ばかりを撮った写真展に行ってきました。
都会の灯りは人工的なものが多くきらびやかですが、昼間の人が去った後のどこか淋しげな表情が印象に残ります。
普段たべものばかりを撮っているのでとても新鮮で、よい勉強になりました。

バーリ風フォカッチャ

先月のレッスンではフォカッチャを作りましたが、ブログを見ていてくれたお友達からメールをもらい、一緒に粉モノ遊びをすることになりました。
題して「フォカッチャ研究会!」
彼女は自称「料理オタク」なので(笑)、どんどんいろいろなアイデアが湧いてきます。
その結果
・全粒粉のフォカッチャ(レッスンで作ったレシピ)
・プレーンフォカッチャ
・バーリ風フォカッチャ
この3種類を発酵時間、配合、具の包み方、こね方などなど…を変えて作ることにしました。
バーリ風フォカッチャ
写真はバーリ風フォカッチャ。
(ミニトマト提供:mieux-mieuxさん)
マッシュポテトを生地に練り込むのが特徴で、もっちりふかふかの生地に仕上がります。
なかなかよい感じに仕上がったので、もう少しレシピを練り直して今度また御紹介したいと思います。
今月のレッスンに追加で空席が出ました。
現在空席があるクラスは、
8月23日(月)10時半~  残1席  
8月28日(土)11時~   残1席
8月29日(日)11時~   残1席
上記の日程となります。
ご興味がある方は「お問い合わせフォーム」より御連絡ください。
 

辺銀食堂の石垣島ラー油ときゅうりうどん

ラー油ブームの昨今。
石垣島にある辺銀食堂の「石垣島ラー油」は以前から入手困難で有名でしたが、
ブームが手伝ってか、ますますお目にかかれなくなりました。
ところが、石垣島に行ったおっと母からあっさりとお土産にいただいちゃいました!
ぺんぎん食堂 石垣島ラー油
石垣島のある八重山諸島に通っていた数年前ですらなかなか買えなかったのに、
おっと母スゴイ!
もともと薬味類が大好きなので、あらゆるものにかけて満喫しています。
そんな中で最近のおきにいりが「ラー油きゅうりうどん」
ラー油きゅうりうどん
大好きなさぬきうどんに、これまた好物のきゅうりを千切りにしてたっぷり乗せ、
麺つゆとラー油をかければ出来上がり。
暑いので、茹であがったうどんは冷水で冷やしてからいただきます。
夏野菜の胡瓜は体を冷やす作用があり、夏場には適した食材です。
ですが、過ぎると冷え症の方は体を冷やし過ぎてしまうことも…
医食同源の中国料理の考え方では、体を暖める効果のある食材などで中和させると
理想的とされていて、発熱作用のある唐辛子との組み合わせはまさに理にかなっているのです。
暑くても全く食欲が落ちない私にはあまり関係ないのですが、
夏バテ気味の方にはオススメですよ~
自家菜園できゅうりがとれ過ぎてしまった方にも(笑)
おいしいラー油でぜひお試しください。
ちなみに、写真のきゅうりはmieux-mieuxさんからの頂きもの。
最近ほぼ毎日、おやつにおつまみにと、
きゅうりをひとりで2~3本は食べてしまうので助かりました~
ご馳走様でした!

納豆チャーハン

私の出身地は、茨城県水戸市です。
水戸出身と話すと「あぁ~納豆の!」と言われる確率93%(笑)
でも実は、この「納豆の~」と言われるのが昔から嫌い。
なぜなら、私自身がそれほど納豆好きではないもので…
(ちなみに「あぁ~偕楽園の!」と言われたい。)
子供の頃は実家の祖父が養鶏を営んでいたので、納豆ご飯より断然玉子かけごはん派。
想像してみてください。
鶏舎に産みたての卵を取りに行って作る玉子かけご飯に、パックなんかに入っている納豆がかなうハズがない!と、
納豆好きな姉に無駄な対抗心を燃やしていたのも一因です(笑)
でも、うちのおっとはけっこう納豆が好き。
納豆の入っているもの全般好きで、納豆巻き・納豆オムレツ・納豆汁・納豆奴っこ・納豆焼き・納豆もち・納豆あえ…
そんなおっとが私を改造する為に「納豆テンションを上げる納豆料理」
を作ってくれました。
納豆チャーハン
おっと作「納豆チャーハン」
いやぁ
素人が納豆チャーハンをぱらぱらに作るのは難しいのでは?
と思っていたのですが、
これがまぁ完璧!
パラパラのご飯に炒って香ばしい香りになった納豆の風味が絡みつつ、
玉子や葱の香りで臭みをきちんとカバーしています。
焦がし醤油の味が食欲をそそる、美味しいチャーハンが出来ました。
うーん、腕を上げたな。。。
これからはご飯のお供に、お酒のおつまみに、と
一応おっとの為に我が家の冷蔵庫には納豆を常備することにしました。
ということで、我が家に来て、納豆チャーハンが食べたくなった方はご馳走しまーす!
おっとが。