バレンタインのプレゼント トルタ・カプレーゼ レシピ

チョコレートコスモス
のレッスン準備に立ち会うと、いろいろなお花に触れられてよい気分転換になります。
今月の花材には「チョコレート・コスモス」というお花がありました。
中央の黒茶っぽいのがそうなんですが、うっすらと甘い香りがします。
来週はヴァレンタインですね。
チョコレートを贈る習慣は日本独特の風習としてすでに定着しましたが、
最近は「友チョコ」なる流行もあったりで、
女性から男性へのプレゼントだけではない楽しみ方もあるようです。
先月のレッスンでご紹介した「トルタ・カプレーゼ」。
こちらもチョコレートをたっぷりと使っていますので、バレンタインのプレゼントにもぴったり!
レシピをご紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてください。
Torta Caprese
チョコレートケーキ
トルタ・カプレーゼ
【材料・直径18cm底取れ丸型1台分】
製菓用チョコレート・・・100g
無塩バター・・・80g
グラニュー糖・・・50g
卵黄・・・4個分
ブランデーまたはラム酒・・・大さじ1
卵白・・・4個分
グラニュー糖・・・40g
アーモンドプードル・・・100g
製菓用チョコレート・・・40g
粉糖・・・適量
【準備】
・お湯を沸かす
・オーブンを200℃に予熱する(焼成時は設定を180℃に下げる)
【作り方】
1.チョコレートを細かく刻む。特に40g分はかなり細かく(粉末状くらい)に刻んでおく。(それぞれ別にしておく)
2.小鍋に無塩バターを入れる。時々鍋を揺すりながら弱火で溶かし、火を止める。このうちの少量を型に塗っておく。
3.2の鍋に、1のチョコレート100g分を入れ、しばらく置いておく。チョコレートが溶けたらグラニュー糖(50g)を加え、ゴムベラでよく混ぜ合わせる。
4.3を大きめのボウルに移し、卵黄を加えてよく混ぜる。そこへブランデーを加え混ぜる。
5.別のボウルで卵白を泡立てる。卵白にグラニュー糖(40g)の1/4量を加えて泡立て始める。7分立てに位になったら残りのグラニュー糖を加え、ツノがたつまでしっかりと泡立てる。
6.4のボウルに5のメレンゲの1/3量を入れ、泡だて器でしっかりと混ぜ合わせる。残りを2回に分けてゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。
7.6にアーモンドプードルをふるい入れ、さっくりと混ぜる。
8.7の生地の4割ほどを型に流し入れ、台に軽くたたきつけて空気を抜く。上に刻んだチョコレート(40g)をふりかけ、残りの生地を流し入れる。再度台に軽くたたきつけて空気を抜いておく。
9.天板に8を乗せ、乾燥を防ぐ為に脇に耐熱容器に入れたお湯を置き、180℃のオーブンで30分ほど焼く。竹串を刺して生地がついてこなければ出来上がり。
10.型から外し、粗熱が取れたら粉糖をふる。冷めてもおいしいが、電子レンジで軽く(600W×10~15秒)温めて食べるのがおすすめ。
【ポイント】
・チョコレートはビタータイプがお勧めです。
・材料覧に同素材がありますが、加えるタイミングが異なるので別容器に計量しておきましょう。
・生地の間にサンドするチョコレート(40g分)は、焼成時の熱で溶かすので、かなり細かく刻んでおきましょう。
・温めて食べると、フォンダンショコラのような食感になります。じんわり染み出るチョコ感が楽しめます。
・粉砂糖はコーンスターチ入りの溶けにくいタイプがおすすめ。時間が経っても溶けにくく、レンジにかけても大丈夫です。
南イタリア特産のアーモンドをたっぷりと使い、食感は軽く味わいはリッチに仕上げた自信作。
日持ちもするので、プレゼントに最適です。
ぜひお試しくださいね。

イタリア料理教室 2月のレッスン空席情報

イタリア料理教室、2月のレッスンの空席が確定しましたのでご案内いたします。
2月16日(火)11時~   残0席   ※満席になりました(2/2更新)
2月15日(月)11時~   残1席   ※追加しました(2/13更新)
2月19日(金)11時~   残0席   ※満席になりました(2/15更新)
2月20日(土)11時~   残0席   ※満席になりました(2/15更新)
今月は上記の日程に空席がございます。
体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は、
「お問い合わせフォーム」よりお早めにお申し込みください。
なお、お申し込みいただくタイミングによっては満席となってしまう場合もございますこと、
どうぞご了承ください。
おてがみ
プチ・シューさんちのプチ子ちゃんが、私宛にお手紙を書いてくれました!
「なんて書いてくれたの~♪」
「鮫」
「……」
うさたんとかくましゃんとか、好きなくせにー(泣)