冬の札幌 1

冬の札幌
約3週間ぶりにお休みが取れたので、この週末から札幌に遊びに来ています。
冬の札幌は久しぶり。
着いた日に結構雪が降ったので、思い立ってスキーに行きました。
10年ぶりのスキーでしたが、さらさらのパウダースノーに助けられ
心配していたよりも勘がにぶってなくて一安心。
いつも食べてばかり(飲んでばかり?)では不健康とのお叱りを一部親族から受けたので、
今回は健康的に楽しんでます。

イタリア料理教室 12月のレッスン空席情報

イタリア料理教室 12月のレッスンの空席が確定しましたので、お知らせいたします。
12月12日(土)11時~   残1席 ※追加(12月4日更新)
12月13日(日)11時~   残0席 ※満席になりました(12月1日更新)  
今月は上記の日程に空席がございます。
体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は、
「お問い合わせフォーム」よりお早めにお申し込みください。
なお、お申し込みいただくタイミングによっては満席となってしまう場合もございますこと、
どうぞご了承ください。
本日以降、キャンセル等で追加の空席が出た場合は、随時更新して参ります。
Barolo 1961, Borgogno
Barolo Riserva 1961,Borgogno
1961年のバローロをいただく機会がありました!
ここまで熟成されたものを飲むのは初めて。
華やかな香り、厚みのある滑らかなタンニン、余韻まで優雅な素晴らしいワインでした。

ピスタチオ・ペースト

11月のレッスンも終わり、本来なら少しゆっくりできる時期なのですが、
別件の仕事が数件たてこんでいて、なかなかお休みが取れません。
試作や事務仕事に追われていて、ふだんのごはんまで頭が回らない…
そんな時のつよーい味方、そうそれは「パスタ料理」
ピスタチオ・ペースト
Trofie al Pistacchio   ピスタチオペーストのトロフィエ
レッスンの為に多めに仕入れするので、パスタは売るほどある我が家。
しかも、イタリアのおいしい瓶詰めのソースなどを業者さんからいただくことも多く、
こういう時に本当に重宝します。
こちらのピスタチオペーストはいつもお世話になっている、
イタリア食材厳選のお店 PIATTI さんからサンプルでいただいたもの。
パスタを茹でている間に冷蔵庫に転がっていたトマトを切り、
庭でいまだ頑張っているバジルをちぎって、調理時間わずか15分の簡単ごはん。
でも、ピスタチオとグラナチーズの濃厚なコクが堪らない、おいしいパスタが出来ました。
ピアッティさん、最近実店舗もオープンされたそうです。
高品質なイタリア食材を、手に取ってお買い物できるのは嬉しいですよね。
PIATTI alimentari italiani

住所:東京都目黒区駒場4-2-17 清水ビル1F 
電話:03-3468-6542
営業:11:00~20:00 
定休日:日曜・月曜
私も早く行ってみたい…

高尾山の紅葉

少し前になりますが、高尾山に行ってきました。
高尾山 紅葉
目的は「紅葉狩り」!
あぶり銀杏
ではなくて、山道のお蕎麦屋さんで飲むため。
登山道の整備された山には、だいたい神社仏閣がありますよね。
そしてそういった山の麓や山道には、大抵お蕎麦屋さんがたくさんあります。
何故だか昔から「高尾山のお蕎麦屋さんでお酒を飲む」というのに憧れていて、
念願かなってやっと実現しました。
紅葉を楽しみに来た人で賑わう登山口にはわき目もふらず、麓のお蕎麦屋さんに直行!
あぶり銀杏・焼き味噌・板わさ・だし巻き玉子・天ぷら…などを肴に冷酒を楽しみました。
お蕎麦屋さんのおつまみって、日本酒にぴったりですよね。
せいろ
締めに新蕎麦のせいろをいただいて、正しい蕎麦屋飲みは完了。
目的も達成したし帰ろうと思ったのですが、
「不健康すぎる!」と主張するおっとに付き合ってリフトで中腹まで往復し、
なんとなーく登山?も体験しました。
炭焼きだんご
あ、デザート発見。
高尾山 高橋屋
住所:〒193-0844 東京都八王子市高尾町2209
電話:042-661-0010
営業:蕎麦座10:00~18:00(LO17:30)
   膳座 10:00~21:00
URL :http://www.takahasiya.com
お蕎麦もおいしいですが、お酒の肴もなかなかの品揃え。
休日のお昼時は混むようですが、
大抵のお客さんはお蕎麦を食べたら登山に向かうためそれほど待ちません。
おつまみ、美味しいのにな…

イタリア料理教室 11月レッスンメニュー

イタリア料理教室、11月のレッスンメニューをご紹介します。
Primo Piatto   Lasagna di Zucca
かぼちゃのラザニア
『かぼちゃのラザーニャ』
ヴェネト州エステという街の「かぼちゃ祭り」で食べた
カボチャのパスティッチョが美味しかったので、再現しました。
このあたりの地域ではラザニアのことをパスティッチョと言うそうで、
カボチャのリゾットと共にお祭りの人気メニューでした。
熱々のベシャメルソースと、とろとろのチーズ。
冬のご馳走メニューです。
レッスンでは、失敗しない基本のベシャメルソースの作り方も勉強します。
Secondo Piatto   Mugnaia di Salmone con Salsa Pomodori secchi
サーモンのムニエル
『サーモンのムニエル ドライトマトソース添え』
脂が乗ってきたキングサーモンをムニエルにし、ドライトマトソースを添えます。
手軽に作れるムニエルですが、この特製ソースを添えることでご馳走度がぐっとUP。
簡単・手軽におもてなし風のお料理が作れます。
Dolce   Tortina con Caramello di Frutta Secca
キャラメルナッツのトルティーナ
『キャラメルナッツのトルティーナ』

今月はドルチェもご一緒に作ります。
キャラメルがけした木の実をたっぷり乗せた、小さなトルタ。
ぎりぎりで降りてきた(笑)ドルチェの神様がヒントをくれました。
外はカリッ、中はほわっとした食感になるように工夫してあります。
寒くなると、こっくりした焼き菓子が美味しいですよね。
日持ちもするので、プレゼントにもおすすめです。
Vino Bianco   Cinque Terre Bianco
チンクエテッレ ワイン
『チンクエテッレ ビアンコ』
今回ソムリエールのmieux-mieuxさんが選んでくださったワインは、
偶然にも先月訪ねたチンクエテッレのワイン。
リグーリア州のDOCワインで、世界遺産に登録されている5つの漁村の総称が
そのまま名前になっています。
繊細で上品な花の香りと木のニュアンス、かすかなシトラスの風合いが心地のよいワインです。
目の前は海、後ろは山に囲まれ、ブドウ畑は急斜面に作られているため、
栽培が困難で生産本数が少なく、日本ではあまり見かけません。
この機会にぜひ楽しんでくださいね。
今月はイタリアのクリスマス・イブ、
ヴィジーリア・ディ・ナターレ(La Vigilia di Natale)を意識し、
魚料理をメインにしました。
カトリックの国イタリアでは、12月24日は清貧と静粛な気持ちで迎え、
翌25日は盛大にお祝いをする習慣があります。
そこで24日は魚料理を食べ、25日はお肉などのご馳走を食べる慣わしがあるので、
今年はこれにならい、来月のNataleに備えてお肉抜きのメニュー構成にしてみました。
今月のお席は全て満席となりました。
来月の空席情報は、11月末頃に更新予定です。
体験レッスン、ワンレッスンご希望の方は今しばらくお待ちください。