DOLCETTO DI DOGLIANI  ドルチェット ディ ドリアーニ

が家にやってきました。
さんまのサラダ
仕事の打ち合わせが目的だったのですが、
飲んでもらいたいワインがあったので最初から飲み会モード。
まずはきりりと冷えた、ソアヴェ クラシコで乾杯しました。
イタリア土産のチーズや、お友達に教えてもらったレシピをアレンジして作った
秋刀魚とセロリのインサラータなど、アンティパストをチケーティ風にして
家呑み仕様でスタートです。
飲みたかったワインはコチラ。
DOLCETTO DI
『DOLCETTO DI DOGLIANI』
実はこのワイン、最近ご縁があって懇意にしていただいている
日本でイタリアワイン界の第一人者と言われるある方が、
私をイメージして例えてくださったワインです。
曰く「名前に反して辛口で、男性的で生活感がなく個性的。
未熟さとしっかりした骨格を併せ持つワイン」だそうです。
思い当たるような…
合わせたお料理は『栗と鶏肉のオーブン焼き オリーブ風味』
水分の抜けた白身肉のむっちり感と、ほくほくした栗の食感が楽しいお料理。
鶏肉の脂をワインの滑らかなタンニンがスムーズにしてくれる、相性のよい組合せになりました。
簡単に作り方をご紹介します。
『栗と鶏肉のオーブン焼き オリーブ風味』
【材料・約3~4人分】
鶏肉(出来れば骨付き肉)…600g
塩…小さじ1弱
セージ…適量
オリーブオイル…大さじ2~3
栗…鬼皮を剥いたもの5~6粒
オリーブ…6~8粒
【作り方】
1.鶏肉に塩、ちぎったセージの葉とオリーブオイルをまぶし、
オリーブを加え、1時間ほどマリネする。
2.栗は半分に割り、1に混ぜ合わせる。
3.耐熱皿に材料を入れ、200℃のオーブンで30分~40分ほど焼く。
今回はワインの風味を楽しみたかったので香りの優しいセージを使いましたが、
栗と相性のよいローズマリーでもおいしく作れます。

姉のお土産のケーキと残った栗を焼き栗にして、飲み会は続きました。
打ち合わせはまた後日ということで。

北京家庭料理 北京亭

毎月恒例のレッスン後の打ち上げ。
こちらも帰国後のお楽しみにしていた中国料理を、おきにいりのお店へ食べに行きました。
羽餃子
羽のレース模様も芸術的な『焼き餃子』
焼き餃子は日本で発展した中国料理ですが、お店の中国の方が作ると一味違います。
厚めのもちもちの皮に包まれている餡には、干し貝柱などの山海の旨みがたっぷり。
まるで小籠包のように、噛むとおいしいスープがあふれます。
大好物のピータンと一緒に、ビールが進みました。
白身魚のレモンソース
こちらは『揚げ白身魚のあんかけレモン風味』
このお店の私のおきにいり料理のひとつです。
一口大に揚げた白身魚は衣がかりかりで、中身はふわふわ。
甘みとかなりの酸味が効いたソースは、お醤油の入らない酢豚ソースのよう。
それでいてくどくならないのは、みじん切りのレモンが入っているからでしょうか。
香りは爽やかなんですが、にんにくも効いてるので疲労回復メニューにぴったりです。
他に『ホタテの柔らか蒸し』『ラムと長ねぎの炒め物』『子持ち白魚のフリット』
『カニチャーハン』などなど、たっぷり食べて(食べすぎ…)飲んで、2人で7千円ほど。
このお店があると、中華街への足が遠のいてしまうんですよね。
気取らずにたっぷり中国料理が食べたい方、オススメですよ!
中華料理 北京亭
住所:横浜市港北区綱島西3-1-16塩澤ビル1F
電話:045-541-3983
営業:昼 11:30~14:30 夜 17:00~23:30 土日祝日 17:00~22:30
オススメは主菜や副菜のお料理。
おつまみっぽいメニューも充実していて、1皿500円からととってもリーズナブル。
残してしまっても、お店の人にお願いするとお持ち帰り用の容器をいただけます。
お店の中国人の方達はみんなとっても親切で、居心地がよいですよ。
紹興酒 熱燗
寒いので紹興酒のお燗をお願いしたら、この通り(笑)
こういう気取りのなさも、居心地のよさのひとつかも。
 

まかないイタリアン

今日で今月のレッスンも無事終了しました!
皆様、お疲れさまでした。
今月は茶色っぽい、見た目が地味~なお料理が多かったんですが、
滋味深いイタリア家庭料理をお楽しみいただけたでしょうか?
さて、皆様もご存知の通り、
私とアシスタントのnanaちゃんは皆様がお帰りになってから遅めの昼食をとります。
だいたいいつもレッスンの残りを食べるのですが、
残った材料を使って違うお料理に仕立てたりもします。
今回作ったのはコチラ
フリッタータ
『カリフラワーの(茎の)フリッタータ』
レッスンでは取り除いてしまったカリフラワーの茎部分を使って、
フリッタータ(オムレツ)を作りました。
茎を細かく刻みフライパンで炒め、ふたをして蒸し煮にします。
それと、クロッケッティーネを作る時に残った卵白・衣の残りパン粉・卵液などに玉子を追加して作りました。
リコッタやパルミジャーノの残りも加えたので、結構リッチな仕上がりです。
野菜の水分が玉子を柔らかく仕上げてくれるので、とってもおいしいですよ。
カリフラワーの苦手なnanaちゃんも、これは気に入ってくれたみたいです。
皆さんも、復習の時にでも一緒に作ってみてくださいね。

帰国後ごはん

毎回イタリアから帰ると、成田から居酒屋さんへ直行するのですが、
今回は行く前からメニューを決めていました。
しらすおろし
「しらすおろし」
   と
冷奴
「冷奴」
今回はこの2品を絶対に頼もうと決めていました。
和食のご馳走よりも、粗食っぽいものを体が欲するんですよね。
あともう一品も
ししゃも
「ししゃも」だったりしました。
お酒は凍ったジョッキの生ビールと、熱燗できまり。
イタリアへ行くと、血中おやじ濃度も高まる気がします。

マッシュルーム レシピ さつまいも レシピ

今回のレッスンで作ったアンティパスト『カリフラワーのクロッケッティーネ』は
イタリア語で「カリフラワーの小さいコロッケ」の意味。
小さく揚げると、衣のカリカリ感とカリフラワーのクリーミー感のバランスがとてもよく、
おいしくいただけます。
でも、小さい分、これ一種類だとお皿が少々寂しいので、
今回は簡単アンティパストを追加して盛り合わせに仕立てました。
マッシュルームのカルパッチョ
『マッシュルームのカルパッチョ』
1. マッシュルームは汚れを刷毛などで丁寧に落とし、石づきを取り除いて薄くスライスする。
2. 好みの硬質タイプのチーズを薄く削り、EXVオリーブオイル・塩・胡椒・レモン汁と共に、
1のマッシュルームと和える。
3.器に盛り付け、イタリアンパセリのみじん切りを散らし、更にチーズを削りかける。
EXVオリーブオイルをまわしかける。
さつまいもとリコッタチーズ
『さつまいもとリコッタチーズ』
1. さつまいもはよく洗い、皮付きのまま1.5cmくらいの厚さにカットする。
2.耐熱皿に並べ、電子レンジで柔らかくなるまで加熱する。
3.2のさつま芋を器に並べ、上にリコッタチーズを乗せる。
4.上から軽く塩・黒胡椒を振り、EXVオリーブオイルをまわしかける。
そのまま食べてもおいしいイタリアのチーズですが、
私は野菜や果物と合わせて食べるのがおきにいり。
ちょっとした前菜にも、ワインのおつまみにもなります。
レシピと言うほど大げさなものではありませんが、ぜひ試してみてくださいね。