おすすめタイ料理レストラン

このブログでも度々ご紹介している『タイ国屋台居酒屋バーン・キラオ』
私のおきにいりのタイ料理屋さんです。
仕事でイタリアンの試作などが続くと、無性に食べたくなるのがエスニック系のお料理。
季節問わずよく行くのですが、やはりタイ料理には夏がよく似合います。
今回も暑くてむしむしする夜に行ってみました。
まずはシンハ・ビールで乾杯して、メニューを選びます。
なじみの無いタイ語のメニュー名を唱えながら、タイ人のお兄さんに楽しくオーダー。
今回は今まで食べたことが無いものを中心に選びました。
ヤムプートード
ヤムプートード 揚げカニのサラダ
揚げたソフトシェルが野菜と一緒にナンプラーベースのドレッシングで和えてあります。
甘くて酸っぱ辛い味付けは、正しいタイ料理という感じがして大好き。
リンヤーン
リンヤーン タイ風タン焼き
豚タンを甘辛いタレに漬け込んで焼いてあり、それを酸味の強いピリ辛ダレに浸けていただきます。
ビールがすすむお料理です。
カイヨーマカパオ
カイヨーマカパオ ピータンとタイバジルの炒め物

薄く衣を付けて揚げたピータンを、豚挽き肉や野菜と一緒に炒めたお料理。
タイバジルとバイマックル(こぶみかんの葉)の香りがやみつきになります。
甘辛い、濃い目の味付けなので、タイ米のご飯を追加オーダー。
ごはんもススムおかずです。
パネーンクン
パネーンクン 海老のレッドカレー炒め
ごはんが来たので、何だかカレー味が食べたくなって追加。
辛そうな色ですが、ココナッツミルクが効いていて以外にマイルド。
カレーなのにおかずっぽく食べられるのもきにいりました。
ゴイティオヘン
ゴイティオヘン  スープなしビーフン

ビーフンが厚揚げや海老などのたっぷりの具と一緒に、甘いタレで炒めてあります。
砕いたピーナッツがアクセント。
かなり甘いので、レモンをたっぷりかけるのがオススメです。
たっぷり食べて、ディープな2丁目界隈を楽しんで(笑)、駅に向かって歩いていると
デザート発見!
という、おいしいドルチェのお話は次回。
タイ国屋台居酒屋 バーン・キラオ
新宿本店
住所:東京都新宿区新宿2-12-3
電話:03-3352-1070
営業:18:00~翌朝5:00 日曜日17:00~24:00
URL:http://www.baankirao.com/index.html
※カウンターとテーブル席があり、テーブルだと相席率が高いです。
 お店の場所も含めて、そういう雰囲気が平気な人にはオススメです。

きゅうりで中華

先日の地震にはびっくりしました。
瞬間、数日前の台風の被害も思い出され、ただの天候不順では済まされない状況に
被災地の1日も早い復旧をお祈りしています。
帰省中に被害の影響に遭われた方も、お気をつけてお帰りくださいね。
****************************************************************
先日、再びご近所さんになったmieux-mieuxさんから、自家製野菜のおすそ分けをいただきました。
きゅうり・ピーマン・いんげん・大葉・山椒の芽など、たくさん!
中でもきゅうりはこんなに立派なものも。
特大きゅうり
まっすぐ伸ばすと40cmはありそうです。
炒めものがオススメとのことだったので、たっぷりきゅうりで中華料理を作ることにしました。
きゅうりの辛味炒め
まずは特大きゅうりで『きゅうりの辛味炒め』
調味料が絡みやすいように、きゅうりは叩いて手でちぎります。
油を敷いたフライパンで豆板醤を炒め、辛味と香りを引き出したらきゅうりを入れて強火で一気に炒めます。
お醤油・豆鼓などで味を整え、
仕上げに花椒(中国の山椒)を入れて、香りと痺れる辛味をプラス。
辛いけど、きゅうりの清涼感がさっぱりする、おいしい炒めものができました。
柔らかいきゅうりもいただいたので、もう一品。
叩ききゅうりと鶏肉の大葉あえ
『叩ききゅうりと鶏肉の大葉あえ』です。
こちらもきゅうりを叩いて、塩をしておきます。
先月のレッスンでご紹介した、低温のオーブンで蒸し焼きにしたしっとりチキンを手で裂き、
しんなりとしたきゅうりと合わせます。
刻んだ大葉と胡麻油を混ぜ合わせ、塩で味を整えたら出来上がり。
こちらはさっぱりとした、箸休め的なおかずです。
焼き餃子
焼き餃子もプラスして、おいしいテーブルになりました。
mieux-mieuxさん、ごちそうさまでした。

新さんま

早くも、秋の味覚・初物のさんまを食べました。
新さんま
脂のノリはまだかな?と思い、焼きさんまは次回のお楽しみに取っておくことにして、
お刺身にして手巻き寿司でいただきました。
いやいや、脂ありマス。
今年は遡上が早いんでしょうか。
脂のノリもよく、とってもおいしかったです。
そうなると、合わせるのはわさびではなく柚子胡椒。
脂の強い青魚には、柚子胡椒を合わせるのがおきにいりです。
柚子胡椒の香りと辛味が青魚特有の脂と好相性で、オススメの食べ方です。
ちなみに我が家の手巻き寿司は、海苔が手札くらいの極小サイズ。
お酒を飲みながらいただくので、つまみっぽい食べ方です。

ドーナツ

さぁさぁ!
揚げ物シリーズのラストは『ドーナツ』!!
たまにお散歩がてら買い物に行く、目黒のとある通りに気になるお店がありました。
それが『はらドーナツ』
通るたびに軽く列が出来ていて「おいしそうだな~」とは思っていたのですが、
並ぶには至らず。。
そんなある日、車で通りかかると行列が無い!
慌てて車を停め、お店に入ってみました。
中途半端な時間だったのか、売り切れてしまったものもあるようですが、
プレーンなものやキビ砂糖がまぶしてあるものなど、定番っぽいものは残っていました。
はらドーナツ・きび砂糖・レモン・紅茶の4種類を購入。
可愛いパッケージに入れてもらったものを手に取り、急いで車に戻りました。
ドーナツだからコーヒーかなぁ~などと、
家に帰ってからのおやつタイムをうきうきで考えていたのですが、
車内に充満するあまーい香りに我慢が出来ず、
お店の名前のついたプレーンタイプのものをぱくり。
おいしー!!!
揚げたてのドーナツはほんのり温かくて、生地はむっちりふかふか。
砂糖の甘さが控えめなので、噛みしめるごとに生地の甘みが広がります。
揚げ油の香りさえ甘く感じるほど、旨みたっぷり。
これは絶対に今食べるべき!
と、強引に自分を納得させ(笑)、きび砂糖のドーナツをもうひとつ。
こちらは、きび砂糖の甘さがストレートに感じられ、よりドーナツらしい味わい。
揚げ菓子だし、生地とのバランスなどを考えると私はこちらの方が好みかな。
もしゃもしゃと、あっという間に食べてしまいました。
はらドーナツ
さすがにこの日は2つで我慢し(当たり前?)、
翌日コーヒーと一緒にレモンのドーナツを楽しみました。
レモンのアイシングの酸味がバランスよく、これもおいしかったです。
調べてみると、このお店の母体は神戸のお豆腐屋さんだそうです。
原料に良質な豆乳とおからを使用し、店内で全て手作りしているとのこと。
なるほど、だから軽くてたくさん食べられるのね。
都内・横浜エリアにも数店舗あるので、まだ食べたことがない方はぜひ食べてみてください。
私もまた買いに行こー
はらドーナツ
横浜エリアは 
青葉台
たまプラーザ
茅ヶ崎
元町
にあるみたいです。
東急沿線の方だと、二子玉川自由が丘も便利ですね。

イタリア料理教室 8月レッスン空席情報

イタリア料理教室、8月のレッスンの空席が確定いたしました。
8月24日(月曜日)10時半~  残0席  
※満席になりました(8/15更新)
8月25日(火曜日)11時~   残0席  ※満席になりました(8/5更新)
8月28日(金曜日)11時~   残0席  ※満席になりました(8/5更新)
上記の日程に空席がございます。
ワンレッスン・体験レッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」より御連絡ください。
【お詫びと御連絡】
おかげさまで、土日のクラスにたくさんのお問い合わせを頂戴しております。
ありがとうございます。
現在、週末のクラスは満席が続いておりまして、空席待ちの方も多数いらっしゃる為、
ご案内まで相当お待たせしてしまう状況でございます。
そのため、土日のクラスへの新規空席待ちの受付を一時停止させていただきたく存じます。
お席に余裕が出ましたら、またこちらでご案内いたします。
ご検討いただいておりました皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。
なお、平日のクラスには若干ですが余裕がございます。
平日クラスをご希望の方は「お問い合わせフォーム」より御連絡ください。

所用の為、日帰りで実家へ。
滞在時間3時間半、往復の運転時間4時間半。
つ、疲れた。。。
実家猫・らすかるは夏毛になって(これでも!)少しほっそり。
我関せずで、白樺の木陰でくつろいでいました。
うーん、羨ましい…