きゅうりで中華

先日の地震にはびっくりしました。
瞬間、数日前の台風の被害も思い出され、ただの天候不順では済まされない状況に
被災地の1日も早い復旧をお祈りしています。
帰省中に被害の影響に遭われた方も、お気をつけてお帰りくださいね。
****************************************************************
先日、再びご近所さんになったmieux-mieuxさんから、自家製野菜のおすそ分けをいただきました。
きゅうり・ピーマン・いんげん・大葉・山椒の芽など、たくさん!
中でもきゅうりはこんなに立派なものも。
特大きゅうり
まっすぐ伸ばすと40cmはありそうです。
炒めものがオススメとのことだったので、たっぷりきゅうりで中華料理を作ることにしました。
きゅうりの辛味炒め
まずは特大きゅうりで『きゅうりの辛味炒め』
調味料が絡みやすいように、きゅうりは叩いて手でちぎります。
油を敷いたフライパンで豆板醤を炒め、辛味と香りを引き出したらきゅうりを入れて強火で一気に炒めます。
お醤油・豆鼓などで味を整え、
仕上げに花椒(中国の山椒)を入れて、香りと痺れる辛味をプラス。
辛いけど、きゅうりの清涼感がさっぱりする、おいしい炒めものができました。
柔らかいきゅうりもいただいたので、もう一品。
叩ききゅうりと鶏肉の大葉あえ
『叩ききゅうりと鶏肉の大葉あえ』です。
こちらもきゅうりを叩いて、塩をしておきます。
先月のレッスンでご紹介した、低温のオーブンで蒸し焼きにしたしっとりチキンを手で裂き、
しんなりとしたきゅうりと合わせます。
刻んだ大葉と胡麻油を混ぜ合わせ、塩で味を整えたら出来上がり。
こちらはさっぱりとした、箸休め的なおかずです。
焼き餃子
焼き餃子もプラスして、おいしいテーブルになりました。
mieux-mieuxさん、ごちそうさまでした。