たけのこの茹で方

今月のレッスン食材「たけのこ」
今が盛りですね。
もう何度か食卓に登場しているご家庭も多いと思います。
下茹でしてある物も売っていますが、掘りたてを自分で茹でた方が断然おいしい!
レッスンでは時間の都合上、私があらかじめ下茹でしたものを使います。
一応、レシピにも茹で方は載せているのですが、改めて写真付きでご説明しますね。
たけのこ
1.新鮮なたけのこ、ひとつかみのぬか、唐辛子1本を用意します。

2.よく洗って外側の皮を2~3枚むき、根元の節の部分をぐるりと剥きます。

3.先端を斜めに切り落とします。
たけのこ
4.皮の上から縦に切り込みを入れます。
筍
5.だし用の紙パック(※)などに、ぬか・唐辛子を入れます。
6.たけのこが入る大きなお鍋にたけのこ・ぬかパックを入れ、
水をひたひたになるくらいに加えます。
たけのこが浮かないよう上からお皿などで落とし蓋をし、火にかけます。
7.沸騰したら弱火にし、たけのこの根元に竹串がすっと通るまで、1時間~茹でます。
8.茹で上がったら、煮汁に浸けたままで冷まします。
たけのこ
9.よく水洗いをし皮を剥いて、水に浸けます。
この状態で冷蔵庫に入れれば、1週間ほど持ちます。
ただし、水は毎日取り替えましょう。
※ぬかを入れる紙パックが無い場合はぬかと唐辛子を直接お鍋に入れても大丈夫ですが、
これを使うと茹で汁を捨てる時に排水溝が詰まらなくて便利です。
ぬかを入れる紙パックは100円ショップなどで売っています。
また、ぬかがない場合は、水の代わりにお米の研ぎ汁を使ってもOK。
たけのこは鮮度が命。
たけのこの名産地もありますが、遠い所から運ばれてきて輸送に日数がかかってしまうよりは、
近所の掘りたてのモノの方が断然おいしいと思います。
レッスンでは近郊の農家の方が朝掘ったものをその日のうちに茹でていますので、
柔らかくておいしいですよ。
後半クラスの皆様、お楽しみに!