イタリアごはん日記10:ポッツォーリ編

翌日も快晴のいいお天気!
イタリアに来てからずっと寒かったので、日光が嬉しい!!
せっかくのよいお天気なので、船で島に渡ることにしました。
Pozzuoli
ナポリから電車で20分のPOZZUOLI ポッツォーリという街に来ました。
ここからはイスキア島などへ渡る船が出ています。
でも、小さな島に行ってみたくて、行き先はPROCIDA プローチダという島に決定。
船が出るまで時間があったので、港の近くでお昼を食べることにしました。
何件かレストランはあるものの、みんな割と高級そう。
ま、たまにはいいか、と青いひさしの雰囲気のあるお店に入りました。
La taverna di Angelo
La taverna di Angelo ラ・タヴェルナ・ディ・アンジェロ
中に入ると、日本人と分かってお店の人が話しかけてきた内容にびっくり!
私の先生、パンツェッタ貴久子先生が教室のツアーでここに来たことがあると言うのです。
以前、教室でナポリツアーがあったという話は聞いていたので、
きっとその時のことでしょう。
私が先生の生徒だと伝えると、お店の人もとてもびっくりして
シェフまで出てきて盛り上がりました。
そんな流れで、料理はオーダーすることなくスタート(笑)
ここからすごいので、写真だけ並べます。
Antipasti misti 1
Antipasto 2
Antipasto 3
Antipasto 4
Antipasto 5
ここまでがアンティパスト(笑)
Primo Piatto
Primo piattoプリモピアットが出てきた時は、思わず笑ってしまいました。
Secondo piattoセコンドピアットも一緒のPiaato unicoピアットウニコスタイルで、
とどめを刺された感じ。
でも、ドルチェ(笑)
Dolce
ここのcassataカッサータは絶品でした。
ちょっと作り方が分からないくらい繊細に作られていて、
素朴系が多いイタリアのドルチェとは異彩を放つ出来栄えです。
他のお料理の素材も鮮度が抜群で、アンティパストでいただいたえびは
今まで食べたえびの中で1番美味しかったです。
味付けもデリケートで、塩とオイルのバランスも日本人好み。
東京のイタリアンレストランで食べているのかと思うくらい、
繊細で精巧な感じはイタリアの小さな街にいることを忘れてしまうほどでした。
お値段もTOKYO並でしたが(笑)
でも、シェフは本当にお料理を作るのが楽しくて仕方ないという感じで、
作ったお皿を大切そうにニコニコしながらサービスしてくださいました。
味はもちろん、ゆったりとした雰囲気の居心地のよいお店でした。
今思い返してもお腹いっぱいですが、島ごはんPROCIDA編に続きます。
siesta
あのー、隣いいですか。。。