イタリアごはん日記7:フィレンツェ編

2~3日、南の方で食い倒れてました。
お天気がよくって、ごはんもおいしくて、大興奮でたくさん写真を撮ったので
まだちょっと写真の整理ができていません。
ですので、先にフィレンツェで食べたトスカーナ料理をご紹介しますね。
フィレンツェのお友達と久しぶりに再会。
皆で街を散策し、お腹を空かせて連れていってもらったのは
フィレンツェの名店「クアットロ・レオーニ」です。
「ナカガワに乾杯☆」といいながら、楽しくスタート(笑)
このニュース、こちらでもなかなか話題になっているようですヨ


トスカーナらしいアンティパストの盛り合わせを、赤ワインと一緒に楽しみます。
上の写真の右側、フィノッキオ入りのサラミはこの辺りの名物。
とろけるような脂とフィノッキオの清涼感がとっても美味しかったです。
混雑している店内をお店の人が運ぶ、名物『フィレンツェ風Tボーンステーキ』が飛び交います。
お肉を炭火で焼くいい匂いが充満してきた頃、私達のテーブルにもやってきました!!!

このお店、テーブルの中央に照明があたるようになっていて、
まるでスポットライトをあびているようです。
レアに焼かれたお肉は厚みたっぷり、肉汁もたっぷり。
ギザギザした鋭いナイフで切り分けていただくので、
分厚いまな板のような器に乗ってきます。
赤身のお肉の旨みがばつぐんに美味しくて、大きなお肉でしたが割とあっさり食べてしまいました。
食後はドルチェとカッフェでおしゃべりの続きです。
私はお腹がいっぱいでドルチェはパスしたのですが、ドルチェも抜群においしかったそうです。
久しぶりにイタリアのお友達とたくさんおしゃべりが出来て、楽しかった~♪
イタリア語の勉強のやる気も充填してもらえました。
レストランの詳細はこちら、「フィレンツェのレストラン:4Leoni