勉強会 イタリア料理編

今日はプチ・シューさんとの勉強会~イタリア料理編~でした。
この勉強会では教える方に回っても、作ってみたかった料理などを試させてもらえるので
とっても勉強になります。 
今回は
Antipasto  Insalata di Gamberi e Fagioli con Salsa verde
Antipasto
えびと白いんげん豆のサラダ
Primo Piatto  Stracciatella alla Signo’ra Peducci
Primo Piatto
ペドゥッチさんのストラッチャテッラ
Secondo Piatto  Fricassea di Pollo
Secondo Piatto
チキンのフリカッセーア
以上3品を作りました。
白いんげん豆は新豆が出回ったらレッスンに組み込もうと思っていたメニュー。
レッスンでは他にもやりたいメニューがあって、タイミングを外してしまったので
また次の季節にご紹介しますね。
ストラッチャテッラは、ホームステイ先のマンマに作ってもらった懐かしいメニュー。
かき玉子のスープなのですが、おいしい秘密がポイントで、今でも大好きなスープです。
チキンのフリカッセーアは、卵黄を使ってコクを出す面白いソース。
キノコたっぷりなので、これも今度の秋メニューに登場させましょう。
プチ・シューさんの今回のリクエストが「おもてなし料理」だったので、
ちょっと目先の変わったメニューを用意しました。
全て前日に下準備しておけて仕上げが簡単なので、お客様の顔を見ながら出来立てを食べていただけます。
小さいお子さんがいると、時間配分が難しいですものね。
プチ子ちゃんが白いんげん豆を気に入ってくれたのが意外でしたが、
ママ、ここでも復習のしがいがありますネ☆

Pain complet  パン・コンプレ

レッスンの合間の束の間の休息…
お友達のプチ・シューさん に勉強会をお願いしました。
私の都合でしばらくお休みしていた勉強会。
久々の開催はプチ・シューさんが先生で『折りパイ生地』の復習です。
「暖かい格好で来てね~」とのメールに、パイ生地のデリケートさを思い出しました。
バターが多いので、寒いくらいで作らないと上手に仕上がらないのです。
お嬢さんのプチ子ちゃんにも厚着をしてもらい、暖房を切っての作業になりました。
(プチ子ちゃん、ごめんね。。。)
バターを折り込む前の生地は先生が用意してくださっていたので、
早々にバターを折り込む作業をスタート。
今回は6回に分けて、生地の半分量ほどのバターを折り込んでいきます。
空気が入らないように、きれいな層になるように、冷蔵庫で30分ずつ3回ほど休ませながら、慎重に作業を続けます。
む、難しい…
先生はおしゃべりしながら、プチ子ちゃんをあやす歌を唄いながらふんふん作っていくのに、
私はモタモタモタ…
ただでさえ体温が高いのに、バターが溶けちゃう!
生地を休ませている間に中に焼きこむクレームダマンド(アーモンドクリーム)と、
上にかぶせるマカロン生地を準備し、いざ成型!
今回の形は全粒粉のパンに見立てているので、切り込みを入れたり粉糖をたっぷりかけたりして成型します。
そして、完成したのがコチラ!
Pain complet
先生の作品です!
(私のは粉糖がかけ足りなくて、カラメル焼きみたいになっちゃいました。。。)
本当はもっと真ん中が膨らんでいてまるでパンみたいだったのに、
カメラの設定をいじっている間に少ししぼんでしまいました。。
お菓子はタイミングが大切だと、改めて痛感。

先生の方をカットしてもらって、焼きたてを試食です。
…絶品!!!
表面のマカロン生地がカリカリっとして、パイ生地のさくさく感と一緒にバターの香りが立ち込めます。
クレームダマンドのコクが絶妙な甘さとマッチして、リッチな味わい。
味がなじんだ頃もオススメだそうですが、焼きたてを味わうのも焼き菓子のお楽しみです。
1/4カットをあっさり完食してしまいました。
自分で焼いた方は、お土産にいただきました。
翌日食べましたが、さくさく感は健在で、なおかつ味がなじんでよりリッチになっていました。
そして、やっぱり1/4カットふつーに食べてしまいました。。。
(おっとはなんと1/2カット!!!)
ケーキのカットの単位、完全に間違えてます(-“-;A
久々のプチ・シューさんのお菓子はやっぱりおいしくて、
私の人生至上最高をまたもや更新です。
寒いうちにもう一回復習しなくちゃ!

2月レッスン空席情報

2月のレッスンの空席が確定いたしました。
1月31日(土)11時~  ※満席になりました 1/26
2月 2日(月)10時半~ 残1席
2月 6日(金)11時~  残2席 ※2月1日更新
上記の日程に空席がございます。
体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお早めにお申し込みください。
1月のレッスンで作った『豚肉のミルク煮』は、ソースがたっぷり。
余ったソースでこんなお料理を作りました。
フィノッキオのグラタン
フィノッキオのグラタンです。
さっと下茹でしたフィノッキオを耐熱皿に並べ、ミルク煮のソースをたっぷりとかけます。
更に上からパン粉とパルミジャーノのすりおろしたものをふりかけて、
220℃のオーブンで15分ほど焼けば出来上がり。
パン粉もイタリアパン粉を作った残りの粗い部分を使って、残り物を上手にアレンジしました。
冷たい霧雨が降る寒い日でしたが、熱々のグラタンで温まりましたよ~
具は冷蔵庫にあるもので、いろいろ作れます。
生徒の皆さん、お試しくださいネ☆

御礼


1月のレッスンが全クラス終了しました。
今回は移転して初めてのレッスン。
皆さんに居心地よくくつろいでいただきたい、と数ヶ月かけてコツコツ準備して参りました。
そう、文字通りコツコツコツ・・・
なぜか昨年後半は身辺慌しく、激動の半年でしたが、
時間を見つけてインテリアショップに通ったり、問屋さんに行ったり、大工仕事をしてみたり。
常に図面とメジャーを携帯していた半年でした(←何屋さん?笑)
その甲斐あって、皆様にも喜んでいただけたようで一安心です。
お料理の方でも一層楽しんでいただけるよう頑張りますね。
その一環として、来月から1ヶ月ほどイタリアに勉強に行ってきます。
皆さんにご紹介したい美味しいものを探してウロウロしてきます!
そして、素敵なプレゼントをくださった皆様、この場を借りて御礼申し上げます。
お気遣いいただき、ありがとうございました。
大切にさせていただきますね。
ラムステーキ
無事にレッスンが終了したお祝いに、
お友達のKさんからいただいた巨大ひつじを使ってステーキを作りました♪
脚いっぽん!の立派なひつじ。
普段眠ってる寅年の血が騒ぎ、興奮しすぎて全体図を撮るのを忘れました。。。
大胆に食べよー!ということで、塩・胡椒を振って焼いただけ。
羊といったらサルデーニャ!ということで、食べたい部分を各自で切り分けて
レッスンでも御世話になっているルナ・エ・ソーレさんのサルデーニャ産の美味しいオリーブオイルを振りかけていただきました。
おいひぃ。。。
イタリア行かなくてもいいかも?!

買出し

我が家の常備調味料のひとつ、萬福臨の豆板醤がきれてしまったので
中華街へ買出しに行ってきました。
モツ葱
焼き餃子
でも、お買い物前にちょっと寄り道♪
小腹が空いたので、オススメの大三元酒家で焼き餃子とモツ葱で軽ーく一杯。
中華街のお店は大抵通し営業なので、外れた時間でも食事からお茶まで楽しめて便利です。
(ビールもネ♪♪)
春節前だからかいつものような混雑もなく、スムーズにお買い物も終了しました。
今日の戦利品は、、、

豆板醤・香菜・あひるの塩茹で卵・花椒などなど。
今日はせっかくの中華街を小腹で我慢したので、おうちでいろいろ作りましょう。

春節も近いのでおめでたい雰囲気にして、
ねぎ焼豚
モツ葱がおいしかったので、チャーシューでアレンジして、
白菜の花椒煮込み
たっぷりの白菜と豚肉を花椒と一緒に蒸し煮にして、
塩卵と香菜のサラダ
さっぱりしたのも食べたいよね~と、アヒルの塩茹で卵と香菜でサラダにして、
お粥
そういえば七草粥食べそびれちゃったね~、で中華粥を炊いて、
はっきり言って食べすぎです\(-_-;)