バーン・キラオ

イタリア・スポレート在住のたえさんが帰国中で、
お仕事で東京にいらっしゃるというのでごはんをご一緒していただきました。
今回はお忙しいところお時間を作っていただいたので、お店のセレクトに悩みます。。
イタリアにはないお料理をと思い、タイ料理屋さんを予約しました。

お店は薄暗くて雑多な雰囲気です。
シンハービールを飲みながらお料理選び。
気分が盛り上がります。

ソムタム(パパイヤのサラダ)は辛くてにんにくが効いていて、ビールがすすむすすむ。

カニのカレー炒めです。
これとても気に入りました!
カニと卵を炒めてカレーで味をつけてあるのですが、
卵のおかげでとても優しい味になっています。
殻があるのでちょっと食べにくいですが、
私のようにバリバリ殻ごと食べていると「男前~」と笑われマス…

春雨の炒め物は、具だくさんでボリュームいっぱい。
春雨のでんぷんが麺と具を上手にまとめてくれて、一体感のあるお皿になっています。
野菜もたっぷりで、おいしかったです。
他にも、生春巻きと玉子焼きをいただき、お腹いっぱい!
たえさんはスローフードに造詣の深い、フードライターさん。
先日、著書も発売になったスゴイひとなので、お話もとても面白いです。
イタリアと日本の食事情からラブラブ新婚話まで、おしゃべりが尽きず、
あっという間のひとときでした。
たえさんのフォトエッセイ『スロー風土の食卓から』は扶桑社から好評発売中です。
イタリアに対する愛情深い視点で綴られるイタリアスローフードの食卓は、
温かい香りに満ちています。
イタリア料理に興味がある方はもちろん、イタリア旅行を検討している方にもオススメの一冊ですヨ。
今回行ったタイ料理屋さん↓
バーン・キラオ(新宿店)
住所 東京都新宿区新宿2-12-3
TEL 03-3352-1070
営業時間 [月~土]18:00~翌5:00
     [日]17:00~24:00
無休
ホームページ http://r.gnavi.co.jp/g294601/
この界隈はステキな新宿2丁目(笑)
大切なゲストをお連れするのにどうなんだろーと悩みましたが、
たえさんがこの雰囲気を面白がってくれてよかった。。
店員さんは皆タイの方のようですが、親切です。
混むと相席必須ですが、隣のひとたちと仲良くなれたりして楽しいですよ。
置物が並ぶコギレイなタイレストランより、私はこういう雰囲気の方が好きだなぁ

9月のレッスンメニュー

9月のイタリア料理レッスンがスタートしました。
めっきり秋めいてきた近頃。
ぴったりの秋メニューが揃いました。
Antipasti    Zucca alla Parmigiana
Zucca alla Parmigiana
かぼちゃのパルミジャーナ
Antipasti    Arrosto di Cardarelli
エリンギのロースト
エリンギのロースト
Primo Piatto   Spaghetti con SANMA e Sedano
さんまとセロリのスパゲッティ
秋刀魚とセロリのスパゲッティ
Secondo Piatto     Polpetta di Melanzane
Polpetta di Melanzane
茄子のポルペッタ
他にPrimo Piattoに使う特製パン粉、Secondo Piattoに添えるトマトソースも復習します。
そしておまけのDolceは…
ヨーグルトのおもち
お取り寄せスィーツ!『ヨーグルトのおもち』!!
このヨーグルトのおもちは、岡山の友人のお店「華宵庵」特製のヨーグルト大福です。
上品な甘さの白餡と一緒にヨーグルトが包んであり、凍らせたものを半解凍で食べるのがベスト。
お月見の時期にと考えていて、満を持しての登場です。
カッフェとの相性もバツグンですヨ。
みやちゃん忙しい時期にありがとー!!!
秋満載の9月のレッスン、キャンセルで空席に追加が出ております。
9月27日(土曜日)11時~  残席1
9月28日(日曜日)11時~  残席1
ご興味がおありの方はお問い合わせフォームより、お早めにお申し込みください。
 
秋のアレンジ
ABCクラスの直前に姉のフラワーアレンジメントのレッスンがあったので
余った花材でテーブル用にアレンジを作ってもらいました。
こちらも秋です。
うーちゃんアリガト!
   

9月レッスン空席のご案内 ※追加

9月のレッスン、キャンセルで空席の追加が出ました。
現在、空席があるクラスは
9月20日(土曜日)11時~   残1席
9月27日(土曜日)11時~   残1席
上記の日程となっております。
体験レッスン・ワンレッスンご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。
なお、お申し込みいただくタイミングによっては満席となってしまうこともございます。
ご了承の上、お早めにお申し込みください。
たいやき
おさんぽのお供

お誕生会

仲良し5人組が集っての持ち寄りごはん会、すっかり恒例になりました。
今回は私の家に集合です。
となると、やっぱり気が緩んで写真を撮り忘れ…
無いものはココとかココとかココとかココでご確認を。
では、だだだだっとご紹介。

上から時計回りに
・かぼちゃとMIXビーンズのトマト煮込み(あね作)
・切干大根のお漬物(あね義母作)
・はもとタコの梅酢マリネ(あね作)
・蓮根のたらこきんぴら(わたし作)

焼きキツネおろしぽん酢(わたし作)

秋鮭の焼き浸し 伏見唐辛子としめじの素揚げを添えて(わたし作)

もずくの蕎麦サラダ(わたし作)

ブレザオラ(Tsuyoshiさんありがとう!)・パルミジャーノ・いちじく・うずらのゆで卵
あと、撮り忘れましたが
・炒りたまごと胡瓜、香菜の水餃子(わたし作)
そして、お料理のお供は
・イタリアのスプマンテ(mieux-mieuxさんお土産)
・アルザスの白ワイン(姉お土産)
・オーストラリアの赤ワイン(mieux-mieusさんお土産)
・シチリアの赤ワイン(おうちにあった。。)
・カヴェルネソーヴィニヨンのビネガードリンク
あけみんさんからはたっぷり果物盛り合わせ
・ぶどう
・梨
・ソルダム
もうお腹いっぱいでしょ?
でもね、

実は今日のメインイベントだった、mieux-mieuxさんのサプライズお誕生日お祝いに
プチ・シューさんがバースデーケーキを作ってくれました!
スポンジに黒蜜シロップ、間のクリームには粒餡とマロングラッセ、
そしてマロンクリームをぐるぐる絞ってあるモンブラン・ケーキ。
おいしかったなぁ~
全員、ためらうことなく完食でした。
お昼スタートでしたが、夜まで宴は続いたのでした。
イタリア人よりすごいかも?

皆に出すのを断られた(笑)、もずくとオクラのスープ。
飲みすぎた翌日においしくいただきました。
あけみんさん、もずくごちそうさまでした!

どうぐ

カテゴリーに「どうぐ」を設定しておきながら、あまりご紹介していませんでしたよね。
「どうぐ」とは、仕事で使うあらゆるモノ。
調理道具、食器、リネン類、カトラリー・・・
あまりにも多すぎて、どこからご紹介しようかと悩んでいました。
というのも、これらのモノは基本的に一目惚れしたおきにいり達なので、
愛着が強すぎて選ぶ順序がつけられなかったのです。
でも、荷物を整理する必要に迫られているので、
目についたものからぼちぼちご紹介していきたいと思います。
今日は入りたてほやほやの新人さんを。
アンティーク
アンティークの食器です。
アンティークの食器が何よりもスキ。
和食器・洋食器問わず、経年化した古い食器が大好きです。
手前の白いてしお皿は、明治末期の日本のもの。
写っていませんが、私の好きな蝶のモチーフがかたどってあります。
持ち手のついたガラスのカップとガラスのボウル(右端のもの)は比較的新しく、
昭和30年代のものです。
厚みがあるぽってりした質感が、この時代特有の雰囲気を出しています。
奥の白いティーカップは、アメリカのガラス製。
詳しい年代は分かりませんでしたが、多分1970年代のものだと思います。
アメリカのヴィンテージガラス食器というとファイヤーキングが有名ですが、
名前のないものもこの時代のものは可愛いですよね。
木の持ち手のサーバースプーンとフォークは、時代も出身も分からずじまい・・・
でも、よい味をだしています。
作りはしっかりしているので、大事に使えば長持ちしそうです。
ついでに、我が家の食器棚の中身をチラっと。

ちなみに、別な場所にも保管してあるのでこの2倍は軽くあります。
えーと。
誰が整理するのかな?