春の肴

久々に、回らないお鮨屋さん(笑)へ行ってきました。
といっても、目的はお鮨屋さんが作ってくれる魚の肴。
この時期は、どのお店でも競うように春の肴がずらりと並びますが、
お鮨屋さんの肴は格別です。
しゃこ
シャコの和え物
さより
さよりのたたき
あおりいか
あおりいかの竹炭塩
あなご
穴子のあぶりと針わさび
板前さんに旬の魚のお話を聞きながら食べると、更においしく感じます。
おしゃべりが弾んでくると、さよりの皮をあぶったものや、たいら貝の磯辺焼きなど、
余り食材を使ってササっとおつまみをサービスしてくださいました。
カウンターって、だからスキ!
今回おじゃましたのは『下高井戸 旭鮨総本店』
恵比寿ガーデンプレイスタワー38F店(少しヤヤコシイ)。
旭鮨さんのオーナーご家族と両親が懇意にしていただいているので、たまにお邪魔しています。
旭巻
裏メニュー?の旭巻は、まぐろの中落ち・いか・梅・きゅうり・大葉・ガリなどが巻いてあり、
私のおきにいりです。
都内にたくさんの店舗を構えていらっしゃいますが、
私のオススメは東京オペラシティ53F店と、
恵比寿ガーデンプレイスタワー38F店(やっぱりヤヤコシイ。。)のカウンター席。
手広く店舗展開しているお店の気安さもあり、カウンターの敷居も高くなく、くつろげますヨ。
しらうお
にょ、にょろにょろ!?