新たまねぎ

寒暖めまぐるしい日が続いていますが、これも早春への通り道なのでしょうね。
今日、八百屋さんに行ったら春野菜のオンパレードに少し驚きました。
ふきのとう・タラの芽・こごみ・菜の花・アスパラガス・新牛蒡・春人参・グリーンピース・・・
仕事柄、食べものの旬には詳しいのですが、実際手に取ると「あー春だなぁ~」と嬉しくなります。
そんな中でも、見かけるとかなり浮かれてしまうのが、
新玉ねぎ
新玉ねぎ!
なぜなのか自分でも分からないのですが、これを見かけるとかなりウキウキしてしまいます。
枯れ草の中につくしを見つけた時のような、桜の蕾がピンク色に膨らんできたのを見かけた時のような、
新玉ねぎには何か高揚する成分が含まれているような気がします。
と、それで思い出しました。
玉ねぎの成分で特徴的なのは硫化アリルです。
硫化アリルはあのツンとくる刺激の元となる成分で、
殺菌・整腸・血栓予防・血管強化・疲労回復など、たくさんの効能があります。
またビタミンB1の吸収を助けるので、豚肉などビタミンB1を多く含む食品と組み合わせると、
より効果的です。
それと、精力増進効果もあります。
うきうきの素はコレかも!?
新玉ねぎと水菜のサラダ
買ってきた新玉ねぎは、水菜と一緒にサラダにしました。
ドレッシング代わりに、家にあった缶詰の鰯の大和煮をトッピングしてみると、
鰯の脂を玉ねぎの辛みがすっきりさせてくれます。
甘さと辛さのバランスもよく、おいしくできました。
春は淡い色の野菜がおいしいですね。