イタリアごはん番外編

今回、のんびり(ぐうたら?)派の私がアクティブに動き回れたのは、
お借りしたアパートのおかげだったと思います。
フィレンツェのアパート
フィレンツェのアパート
一人では広すぎるくらいのお部屋で、上のツインの寝室とリビングルームの他に
広いバスルームと重装備のキッチンがありました。
疲れて帰ってきてもプライバシーを確保できるスペースがあることで、
本当にリラックスすることができました。
どんなに快適なホテルでも、やっぱりこうはいかなかったと思います。
尽力してくれた友人には、足を向けて寝られません。
本当に感謝しています。
アパートから中心部まではバスを利用しました。
フィレンツェのバス
初めの頃、降りそびれて遠足をしてしまったこともありましたが、
最後の頃は写真を撮る余裕までできました。
イタリアはバスにも車内アナウンスがないので、降りるバス停を覚えておかないといけません。
フィレンツェのメルカート
フィレンツェのメルカート
外食に疲れた時に、自炊ができたのも嬉しかったです。
メルカートは眺めているだけでも楽しいですが、買えるともっと楽しい!
少量でも購入できるので、1人分を作る時には重宝しました。
お店の人に食べ方を教わるのも、勉強になります。
他にもアパートのそばに巨大なコープもあったので、本当に便利でした。
もし、イタリアの一都市に一週間以上滞在する予定がある方は、
ぜひアパート滞在を検討してみてください。
その街の人たちの暮らしに触れられることで、
理解と、思い出と、そして感動がより深まると思います。
一人だと割高ですが、(ユーロも高いですが、、)私もまた頑張ってお金を貯めます!
スポレートの街角
街歩きが楽しいのはこういう風景に出会えるから。
友人の仕事についていった(邪魔しにいった?)スポレートの街で。
素敵な出会いもありました。