イタリアごはん1

しばらく更新が滞ってしまいましたが、いよいよおいしいごはんイタリア編です!
***************************************************************************
おいしいごはんを満喫したパリを後にし、イタリアへやって参りました!
飛行機・列車とも移動もスムーズで(ん?イタリアらしくない!?)
ローマ経由で夕方には以前留学をしていた街、ウンブリア州オルヴィエートへ到着。
Orvieto
都会のパリから、中世の街Orvietoへ
お世話になる友人の家に荷物を置いて、夕方の街を散策しました。
久々のオルヴィエートは全く変わっていなくて、懐かしさがこみ上げてきました。
夕食は、地元でも評判のお肉やさんで生ハムとスピエディーニ(串焼き料理)を、
スーパーで野菜を調達し、おいしいオルヴィエートクラシコも買って久々のおうちごはん♪

prosciutto
spiedini
はぁ~
イタリアって、こういう普通のものがとってもおいしい!!
生ハムが少し厚く、切断面が段々になっているのは手切りで切っているからです。
味の濃い生ハムは厚く切ってもおいしいし、何より機械で切るのとでは香りが違います。
スピエディーニも、網脂を巻いたレバーにローリエ、サルシッチャ(生ソーセージ)にパプリカと、
シンプルなのに味が完成されています。
家で焼いて、熱々を食べられるのも嬉しいですよね。
地元の有名なカンティーナ(小売店)で買ったオルヴィエートクラシコも
最高においしくて、
イタリアへ帰ってきたなぁ~と実感させてくれました。
大興奮で始まったオルヴィエートでのイタリア初日。
旅の期待が膨らみます。