パリごはん②

パリ4日目は日曜日だったので、近所のマルシェを覗きがてら
兄の相棒、ディアムッドのお散歩に行きました。
マルシェ
ディアムッド
パリは犬を飼っている人がとても多く、しつけがきちんと出来ていれば
出入りフリーな公共の場所がとても多いです。
上の写真のように、散歩の途中で犬と一緒にカフェで休憩、なんていうのも
驚くほど気軽に楽しめます。
ディアムッドはこの後、隣に座っていたおじさまからクロックムッシューのハムを
おすそ分けしてもらっていました。
行く先々で可愛がってもらえるパリは、犬にとってはとっても住みやすい街でしょうね。
午後からは、蚤の市へ出かけてみました。
クリニャンクール
ここは銀食器ばかりを専門に扱っているお店で、全てアンティークのものばかりです。
可愛いナイフレストを見つけ、自分のお土産にお買い上げ♪
他にもアクセサリーや家具など、美術品のような素晴らしいアンティーク品に囲まれ、
目の保養を楽しみました。
歩き回ってお腹が空いたので、夕食にはボリュームたっぷりのクスクス料理のお店へ。
クスクス
クスクス・ロワイヤルとタジン
クスクスはアラブの食文化には欠かせない食材で、アラブ諸国はもちろん、
ヨーロッパ、中でも地中海地方などでもよく食べられます。
写真のクスクス・ロワイヤルは、羊の串焼き・ソーセージ・チキンなどを
炭火でこんがりと焼き、クスクスと一緒に野菜たっぷりの
スパイシーなスープをかけながらいただきます。
写真奥のタジンは、トンガリ帽子のようなふたをした土鍋で、
肉類をたっぷりの野菜とともに蒸し煮にします。
甘味とかすかな酸味、それに複雑なスパイスの香りがおいしいお料理でした。
食後には甘いミントティーをいただいて、ごちそうさま。
今日もたくさん食べました!