焼き茄子のキッシュ

ここ数日、お手伝いをしているカフェの新メニューの試作が続いています。
torta
新しいメニューに、提案したキッシュが採用されることになり
第一弾として『焼き茄子とバジルのキッシュ』を仕込みました。
グリルした茄子とたっぷり使ったおろしたてのチーズの香りが
とても香ばしいキッシュになりました。
お店は1ヶ月お休みをいただいていましたが、
9月1日から営業再開です!
お近くまでお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

熱海のたび

早々に夏休みを取ってしまった我が家ですが、
それではあまりにも暑い夏を乗り切れない!ということで
夏の終わりにプチたびに出ることにしました。
向かった先は、熱海。
おっとの会社の保養所があり、格安で泊まれるのです。
ここは今回で3度目になるのですが、お目当ては・・・
船盛り!
船盛り
このボリュームで2~3人前です。
今回は、鯛・黒そい・鰹・赤貝・帆立・さざえ・甘エビなどでした。
この他にも、前菜・煮物・焼き魚・揚げ物・お椀など盛りだくさんに
海の幸が並びます。
そして食後のおたのしみが、花火!!
花火
熱海の花火大会は、春~冬の間に15回ほど開催されます。
時間は少々短いのですが、都内の花火大会ほど混雑しないので
開始時間ぎりぎりに会場に行っても十分楽しめます。
なんと言っても、間近まで近寄って見られるので臨場感が違います!
昨年はクリスマスの日にも行ったのですが、
冬の澄んだ空の下で見る花火も格別でした。
会場となる海岸も駅から近いですし、
都内近郊の方でしたら電車で日帰り観覧も可能ですよ。
翌日は伊豆高原まで足を延ばしてゴルフをし、
小田原で蒲鉾を買って帰りました。
一泊二日の短いたびでしたが、最後の夏休みを満喫しました。
たのしい夏休みの後は・・・  おしごとです。。。

海の幸

水戸クラスのレッスンに会わせて休暇を取り、
いつもよりちょっとだけのんびりめに実家に帰省しました。
姉夫婦も合わせて帰省していたので、久々の大家族になりました。
以前、茨城の山の幸のお話をしましたが、今回は海の幸編です。
海の幸
魚市場で新鮮な魚介類をたっぷり♪
いつもは新鮮なお魚を加熱調理してしまうのがもったいなくて
もっぱらお造りなどでいただくことが多いのですが、
今回は全てイタリア料理にすることに。
Anitipasti
・岩牡蠣の軽いマリネ
・帆立貝のグリル
・ボタン海老の香草風味
Primo Piatti
・うにとミニトマトのスパゲッティーニ
・蟹とトマトクリームソースのタリアテッレ
Secondo Piatto
・きんきのハーブグリル
このほかに、ブルスケッタ・詰め物をしたズッキーニ・サラダなどを
用意しました。
みんなおいしくできたのですが、中でも好評だったのがうにのパスタ。
うにの鮮度が抜群だったので、オイルベースのソースを作り
ミニトマトとうにはさっと合わせるだけにしました。
うにが濃厚なのでオイルベースでもとってもコクがあります。
また、潰さないように火にかけたミニトマトが
ちょうどよいアクセントになり、うにの生臭さを消してくれました。
これだけ用意しても材料費は一人当たり千円しないことに、またびっくり!
観光で茨城にいらっしゃる方にはぜひオススメの市場です。
保冷ボックスのご用意を忘れずに☆

塩辛

引き続きいらしてくださった皆様、
リニューアルHPからいらしてくださった皆様、こんにちは!
こちらでもどうぞよろしくお願いいたします。
さて、更新が滞っていた間に梅雨も明け(!)
夏の日差しにすっかり飽きてきた今日この頃。
皆さま夏バテなどしていませんか?
昔から夏バテとは縁遠い私ですが、
今年も例に違えずおいしい生活は続いています♪
塩辛
今が盛りの烏賊を使って、大好きな塩辛を作りました。
奥はうなぎの白焼きで、山葵醤油でいただきます。
塩辛は子供の頃から大好きで、
塩辛好きな3歳児を両親は危惧していましたが、案の定(笑)
字の通り塩辛いのが特徴ですが、
自分で作ると塩加減を好みに調整できるのが嬉しいですよね。
それに、新鮮な烏賊はワタが甘くて臭みがないのであまり塩気は必要ない気がします。
私は お醤油 + お酒 + おろし生姜 で作り、30分ほど軽く漬け込んだものが好みです。
今の時期でしたらたっぷりの大葉を添えたり、かぼすの果汁をたらしたり。
冬ならゆずの皮を刻んで入れると、おいしいですよ♪