イタリア料理教室La mimosa 3月レッスンメニュー

 

ようやく春めいてきましたね♪
イタリア料理教室La mimosa、 春らしい3月のレッスンメニュー詳細をご紹介します。

 

Antipasto   Frittata di Piselli con Pancetta piccante
グリーンピースと辛いパンチェッタのフリッタータ

カラブリアの唐辛子をまぶして熟成させたパンチェッタと、グリーンピースをたっぷり焼き込んだフリッタータ。
唐辛子と言ってもドルチェタイプなので、唐辛子の香りを美味しく楽しめます。
メニュー予告でご案内していたンドゥイヤは、味がダイレクトに分かるブルスケッタにしました。
パスタソースでも使用するローザマリーナのブルスケッタ、味が濃くなる時期のトマトと一緒に盛り合わせでお楽しみください。

 

Primo Piatto   Spaghetti alla Cetrarese
チェトラーロ風スパゲッティ

カラブリア州チェトラーロの工房で作られたローザマリーナ。
鰯の稚魚を、塩と唐辛子で漬け込んで熟成させる発酵食品です。
香りの良いイタリアンパセリとレモンの皮を混ぜて作る、かりかりパン粉もポイント。
マンマに教わったコツを、皆様にもお伝えします。

 

Secondo Piatto   Agnello con Peperoni
仔羊の唐辛子煮込み

パスクア(イースター)にちなんで、仔羊料理をご紹介します。
パプリカなどを使い、辛くない唐辛子料理に仕上げています。
日本ではパプリカやピーマンと呼ばれるものは、ナス科唐辛子属の野菜で、唐辛子の親戚。
イタリア、特にカラブリアでは、辛いもの、甘いもの、大きいもの、小さいもの、赤いもの、緑色のものと、たくさんの種類の唐辛子を使い分けます。
味に深みが出るものを選び、ラム肉の癖を消しつつ美味しく仕上げます。

 

Dolce   Nepitelle Calabresi
ネピテッレ

こちらもカラブリアのマンマに習った、パスクアのお菓子です。
チョコやナッツなどがぎっしり詰まった焼き菓子で、伝統を感じさせます。
日持ちもするので、プレゼントにもおすすめです。

 

mieux-mieuxさんセレクトの今月のワインは

’16 CIRO’ BIANCO(右)
濃い黄色で、フローラルや柑橘、セージなどのハーブ系のニュアンスもあります。
爽やかな果実味に、しっかりとしたミネラル、アロマ。
カラブリアの海を連想させる、白ワインです。

’13 MESSER OTO DOC AGLIANICO DEL VULTURE(左)
ぶどうは無農薬栽培したものを、手摘みで収穫します。
フレッシュ感に、ベリー系の甘味、スパイスのような香り。
やさしい味わいの、飲みやすい赤ワインです。

 

下記日程に空席がございます。

3月16日(金)11時〜
3月17日(土)11時〜
3月20日(火)11時〜

体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

*こちらからの返信メールが、エラーで戻ってきてしまうことがございます。
返信は必ず48時間以内にお送りしておりますので、未達の場合は、メールの受信拒否設定、迷惑メールフォルダーのご確認をお願い致します。

 

今月はカラブリアで習ったお料理を、パスクア向けにご紹介しています。
プリモピアットはちょっと普段着的なメニューですが、日本では珍しい持ち帰ったローザマリーナをご紹介したくて組み込みました。

パスクアはイエスキリストの復活を祝う宗教行事で、長い冬が終わり、待ち望んでいた春がやってくるお祝いでもあります。
昔から大切にされてきた日のテーブルを彩るのは、マンマの美味しい手料理。
そんな温かなぬくもりもお伝えできたらな、と思います。
どうぞお楽しみに!

 

 

La mimosa 公式  Instagram は、アカウントを持っていなくても下のバナーをクリックすると見ることができます。
レッスン以外の美味しいものもご紹介しています。
コメントも大歓迎です♪

Instagram

 

イタリア料理教室 La mimosa 2月レッスンメニュー

 

イタリア料理教室La mimosa 2月のレッスンメニューを詳しくご紹介致します。

 

Antipasto   Insalata di Finocchi e Arance
フィノッキオとオレンジのサラダ アンチョビソース

イタリアから届いたフィノッキオと、日本の柑橘のサラダ。
相性の良い、アンチョビのドレッシングと合わせてご紹介します。
低温の影響で柑橘類の出荷が遅れている為、その時の一番よいものをセレクトして調理します。
写真は金柑、そして蛍イカも合わせました。
初春の香りをお楽しみください。

 

Primo Piatto   Orecchiette con Vongole e Cima di rapa
あさりと菜の花のオレッキエッテ

耳たぶの形をしたパスタ、オレッキエッテ。
何度かご紹介していますが、いろいろなソースとの相性が良いので重宝するパスタです。
今回は旬を迎える、あさりと菜の花のソースに合わせて。
復習を兼ねて、材料を混ぜ合わせるところから皆さんにお任せしますよ〜

 

Secondo Piatto   Pollo ripieno Gratinato
お米を詰めた鶏肉のグラタン

プーリアの絶品レストランで食べた、思い出の一皿。
鶏の旨味を吸ったお米と、ネギ入りのベシャメルソースが絡み合って、ご馳走なお料理に仕上がります。
事前に準備しておけるので、お客様へのおもてなしにもぴったり。
春を待ちながら、寒い日に食べたい熱々料理です。

 

Dolce    Zeppole di San Giuseppe
サンジュゼッペのゼッポレ

サンジュゼッペはイエスキリストの父、ヨセフのことです。
サンジュゼッペを祭る3月19日はイタリアでは父の日とされていて、お祝いをする習わしがあります。
各地方によって多少の差はありますが、揚げ菓子を食べる地域が多いのも特徴。
プーリアでは、写真のような揚げた(もしくは焼いた)シュー生地にカスタードクリーム、チェリーのシロップ漬けを乗せたものが主流です。
揚げてるとふわ〜っと漂うバターと卵の甘い香りに、みんなが幸せになる素敵なお菓子。
食後でも軽く食べられてしまう、危険な美味しさです。

 

mieux-mieuxさんセレクトの今月のワインは


’16 PUGLIA BIANCA IGT VERDECA(右)
アロマティックな香りの余韻が長い、プーリアの白ワイン。
柑橘の酸味と苦味、ミネラル、オイリーな印象もある、色々なお料理のパーツを拾いやすい万能なワインです。

’15 SALENTO NEGROAMARO ROSATO(左)
上品なベリー系の香りに、樽熟成のエレガントさを併せ持つ、ロゼワイン。
アルコール感も感じられるので、鶏肉とベシャメルの旨味とよく合います。

 

今月は、プーリア州のお料理を中心にご紹介しています。
寒い中にも春を感じさせるような陽射しがあり、いよいよ冬も終わりに近づいているようなので、春を先取りできるようなメニューにしました。
また、3月・4月とお祝いの席も多くなると思いますので、おもてなしにもオススメしたいお料理になっています。
長い冬を乗り切ったご褒美になるような、気持ちが浮き立つテーブルにしましょう。

 

残り日程、下記のクラスに空席があります。

Dクラス:2月20日(火)   残席1

Eクラス:2月23日(金)   残席2

Fクラス:2月24日(土)   残席2

Gクラス:2月25日(日)   残席1

Hクラス:2月27日(火)   残席2

体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

 

*最近、返信のメールがエラーで戻ってきてしまうことがございます。
お問い合わせへの返信は通常48時間以内にお送りしておりますので、未達の場合は、メールの受信拒否設定、迷惑メールフォルダーのご確認をお願い致します。

 

 

ご参加お待ちしています!

 

 

イタリア料理教室La mimosa1月レッスンメニュー

 

イタリア料理教室La mimosa 1月のレッスン。
生まれて初めてインフルエンザに感染してしまい、前半クラスを休講とさせていただきました。
ご参加予定の皆さまには大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

ご参加いただけなかった皆さまには、次回レッスン時にレシピをお配り致します。
その際の参考にしていただければと思いますので、メニュー詳細をご案内致します。

 

Primi Piatti   Ribollita
リボッリータ

トスカーナの郷土料理リボッリータ。
硬くなったパンと野菜を何度も煮返して作る、家庭料理の定番です。
黒キャベツとインゲン豆、ラルドを入れて、現地で食べた味を再現しました。
体が温まるので、寒い日にぴったりのお料理です。

 

Primi Piatti   Spaghetti alla Carrettiera
スパゲッティ カッレッティエーラ

肉体労働者が精をつけるために食べたと言われる、にんにく唐辛子がつん系のパスタ。
シンプルなパスタですが、たまに食べたくなる中毒性があります。
もちもちなスパゲッティでお楽しみください。

 

Secondo Piatto   Costine di maiale e Cavolo nelo
スペアリブと黒キャベツの煮込み

フィレンツェンに短期留学していた時に食堂で食べた、懐かしいお料理。
寒い日にいただいて、体も心もほぅっとしたのを覚えています。
クリーミーなマッシュポテトを添えるのも同様にし、現地の味を再現しました。
代用できる野菜もあるので、簡単に作れます。

 

Dolce   Torta della Nonna
おばあちゃんのトルタ

素朴系なお菓子ならお任せください!
サクサクカリカリの生地の中には、ラム酒の香るカスタードクリームをたっぷりと。
最低限の道具で作れますので、復習もしやすいかと思います。
失敗しないために、粉と卵、バターの特性についても詳しくご説明します。

 

 

今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは

Guitto(右)
マルヴァジーア100%の綺麗な微発泡ワイン。
柑橘や白桃のような果実感や、きれいなミネラルがリボッリータの野菜の甘みとよく合います。

’13 PIETRO BECONCINI RISERVA(左)
果実味がたっぷりのエレガントな赤ワイン。
タンニンと酸のバランスもよく、のびやかな喉越しを感じます。
キャンティの丘陵風景が広がるような、赤ワインです。

 

毎年1月は、年末年始で疲れた体に栄養を与えてくれるような、ほっとする家庭料理をご紹介しています。
今月はトスカーナの家庭で食べられる、野菜たっぷりメニューにしました。
寒い日が続いているので、体が温まるイタリアンは何よりのご馳走になります。
作り方も簡単なので、レシピを参考にぜひ作ってみてください。

 

体調管理に気をつけ、来月も美味しいお料理をご用意してお待ちしています。

 

 

 

イタリア料理教室La mimosa 12月レッスンメニュー

 

ここ数日wifiの調子が悪く、メニューのご案内が遅くなりました。
改めまして、イタリア料理教室La mimosa 12月レッスンメニューの詳細をご紹介いたします。

 

Antipasto   Capponmaglo alLa mimosa
カッポンマーグロ La mimosa風

リグーリア州のご馳走料理、カッポンマーグロをご紹介します。
魚介類や野菜を層のように重ねた、ハレの日の料理。
昔はご馳走料理の代替品として考えられた庶民のお料理でしたが、今ではお祝いのお料理として食べられています。
クラシカルな作り方は押し寿司のように型に詰めていく方法ですが、レッスンではイタリアから届いた野菜も使ってカラフルに仕上げる現代風のアレンジで。
一人一皿、盛り付けを担当していただきます。

 

Primo Piatto   Corzetti con Salsa di Noci
くるみソースのコルツェッティ

こちらもリグーリアの郷土パスタ コルツェッティを、同じく伝統的なくるみソースで召し上がっていただきます。
円盤型に型抜きするコルツェッティは、専用の型を使います。
スタンプを押すように作るので、簡単で楽しいですよ。
くるみソースも、色々なお料理に合わせやすい万能ソース。
美味しくて便利なソースです。

 

Secondo Piatto   Frittura di Spigola con Salsa acciughe
白身魚のアンチョビソース

セモリナ粉をはたいてカリッと仕上げた白身魚のソテーに、クリーミーなアンチョビのソースを合わせます。
お魚をふわっと焼き上げるコツや、ソースの乳化を詳しく解説します。
白身魚はその日の一番よいものを仕入れていますので、当日をお楽しみに(写真の魚はスズキです)。

 

Dolce
パンドーロ

今年はナターレの定番、パンドーロをお取り寄せし、たっぷり召し上がっていただきます。
ふわっふわなリッチ生地で、本当に美味しいですよ。
食べ方のコツなどもお話ししますね。

 

mieux-mieuxさんセレクトのワインは

FRANCIACORTA ALMA GRAN CUV’E BRUT(右)
スプマンテの王道、フランチャコルタを。
繊細な泡立ち、複雑な熟成香がパーティーにぴったりです。
華やかな席で飲みたい、美味しいスプマンテです。

’15 Rosato costa devigne(左)
リグーリアの、メルロー主体のロゼワイン。
潮風を受けて育つメルローは、程よい厚みのミネラル感をもたらします。
魚介類との相性はもちろん、万能な1本だと思います。

 

残り日程

12月16日(土)11時〜
12月17日(日)11時〜
12月19日(火)11時〜

上記のクラスに空席がございます。
体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」より、お気軽にご連絡ください。

 

今年のナターレのお料理は、イタリアのクリスマスイブに食べられる、お肉抜きのお料理をご紹介しています。
カトリックでは、25日のクリスマス本番に備えて前日の24日はお肉を控えて体を清める習慣があります。
それでも家族が早めに集まれる場合は、24日にも魚介や野菜などを使ったご馳走を並べてお祝いをします。
日本ではクリスマスに続き、忘年会にお正月、新年会もありますので、そんな席にもふさわしいように、盛り付けも工夫しました。
簡単に作れるパーツや、作り置きができるものも多いので、忙しい年の瀬にお役に立てるレシピだと思います。
今年一年の総決算。
皆様で楽しくお料理をしましょう♪

 

 

ほぼ毎日更新しているLa mimosa 公式  Instagram は、アカウントを持っていなくても下のバナーをクリックすると見ることができます。
コメントも大歓迎です♪

Instagram

 

 

 

イタリア料理教室 La mimosa 11月レッスンメニュー

 

イタリア料理教室La mimosa 11月のレッスンがスタートしました。
メニューを詳しくご紹介します。

 

Antipasto   Sformato di Patate con Salmone
じゃがいのとサーモンのスフォルマート

ほくほくのじゃがいもをオーブンで蒸し焼きにする、スフォルマート。
スモークサーモンを混ぜ込んで、リッチに仕上げました。
年末年始のご馳走料理をイメージして、盛り付けも少しだけ華やかに。
作り置きができるので、パーティー料理にオススメです。

 

Primo Piatto   Spatzle verde con Gorgonzola
緑のシュペッツェレ ゴルゴンゾーラソース

チロル地方で広く食べられるシュペッツェレ。
粉と卵と水で作る、ふわふわもちもちのパスタです。
寒くなって甘くなってきたほうれん草を練りこんで、相性のよいゴルゴンゾーラのソースで食べましょう。
作り方も面白いので、盛り上がりますよ♪

 

Secondo Piatto   Gulasch
グラーシュ

牛肉をパプリカパウダーを効かせて煮込む、グラーシュ。
ハンガリーが起源ですが、領地争いの激しかったドイツ・オーストリア・北イタリアの一部地域でも食べられるお料理です。
ビーフシチューのようですが、ルゥを作らなくて良いので非常に簡単。
ほろほろに煮込んだ牛スネ肉に絡まるスパイシーなソースで、体が温まりますよ。

 

Dolce   Strudel
ストゥリューデル

こちらもチロル地方で食べられる、伝統菓子。
このエリアに該当する北イタリアでは、りんご入りが王道です。
薄い生地を重ねてパリパリになるように成形していきます。
焼きたてに、バニラアイスを添えてお召がりください。

 

先日のワインイベントも好評だった、ソムリエ田中美恵さんセレクトのワインは
’17 TEROLDEGO NOVELLO(右)
トレンティーノ・アルト・アディジェ州のノヴェッロ(新酒)が届きました!
若々しくチャーミングながら、厚みや余韻も感じさせる力量。
個人的には、今まで飲んだ中で一番好きなノヴェッロです。

’16 LAGREIN(左)
同じくトレンティーノ・アルト・アディジェ州の、ラグレイン種の赤ワイン。
果実味・力強いタンニンに、スパイシーな風味が絡みます。
グラーシュにぴったりなワインです。

 

11月17日(金)11時〜
11月18日(土)11時〜
11月19日(日)11時〜
11月21日(火)11時〜

上記の日程に空席がございます。
体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」より、お気軽にご連絡ください。

 

 

今月は、トレンティーノ・アルト・アディジェ州のお料理を中心にご紹介しています。
同州は、イタリア語と合わせてドイツ語も公用語となっている自治州で、度重なる領土争いに巻き込まれた歴史から、オーストリア・ハンガリー・ドイツなどにルーツを持つお料理がたくさん存在します。
山岳地帯が多いので、乳製品を使った体を温めるお料理が多く、本格的に寒くなってくるこれからの季節にぴったり。
今回ご紹介するお料理はおもてなしのお料理にもお勧めなので、年末年始のご馳走テーブルに加えてみてくださいね。

 

ご参加お待ちしています!

 

 

 

ほぼ毎日更新しているLa mimosa 公式  Instagram は、アカウントを持っていなくても下のバナーをクリックすると見ることができます。
コメントも大歓迎です♪

Instagram