終わりと始まり

 

 

秋田県 男鹿半島 入道崎に行ってきました。

ここ数ヶ月、日本中を旅してきました。
様々な理由はあったのですが、一番の目的は、昨年亡くなった父が生前行きたがっていた場所を、代わりに見てみたかったからです。
中でもここ男鹿半島は、釣り好きな父が念願だった場所。
ここを旅のゴールに決めて、11府県、たくさんの素敵な所へ行きました。
そのほとんどを一人で見て周ったのですが、一人だからこそ父を身近に感じられて良かったなと思います。
考える時間がたくさんありますから。

子供の頃、両親にたくさん旅行に連れて行ってもらいました。
自営業だった父は忙しく、病気がちだった母の入退院の合間を縫ってですが、初めての乗り物や、知らない街を歩くドキドキする感じ、自分の家とは違う旅館の畳の匂いなど、私の旅好きの素になった楽しい思い出ばかりです。

父が亡くなった直後は直近の思い出ばかりを反芻していましたが、旅行中は子供の頃のことをよく思い出していました。
大人になった今だから分かりますが、あの頃の家庭環境でたくさんの思い出を残してくれたこと、大変だったと思います。
そんな両親に、感謝とますますの愛情の気持ちが溢れる旅になりました。

 

でも、せっかく行くならと、あと二つほど目的を設定しました。
一つは自分の勉強のため。
ご存知のように、私はイタリア料理教室を開催していますが、その他にも企業のメニュー開発等の仕事を請け負っています。
こちらは家庭料理が主なため、和食の勉強もしなければなりません。
私は関東出身で関東育ち、親戚も関東に多いので、西日本や東北北部の郷土食に非常に興味がありました。
仕事もあるため、一回の旅では限りがありましたが、広範囲に見聞できたかなと思います。
旅行中に浮かんだアイデアもたくさん有り、今後の仕事に生かせる有意義な旅になりました。

そしてもう一つの目的は、マイレージ会員になっているJALの上級会員になること。
ご存知の方も多いかと思いますが、JALでは年間の飛行距離と搭乗回数に応じて、会員のグレードがUPします。
最上位とまではいかなくても、ある程度の条件をクリアすると、半永久的にその資格が維持でき、マイルが貯まりやすくなるなどの特典が多いので、夫と相談してこれにトライすることにしました。
私がこの会員ステイタスを取得すると、夫も自動的に同会員になれるのです。
旅行が好きな我が家では今後の旅で十分役立つと思い、条件の年間搭乗回数50回に挑むため、京都や名古屋も飛行機で行きました(笑)
こちらも、あと2回の搭乗でクリアできます。

 

今年の半分はこの旅にだいぶ費やしましたが、おかげでこれからの楽しい目的も増えました。
感動した場所は、大切な家族や友人と一緒に再訪したいし、周りきれなかった場所は、次回の旅のお楽しみになります。
2日で17フライトとか日帰りで鳥取砂丘を見た経験は、今後の旅の基本に…すると大変なので(笑)、良い経験として、生かしたいと思います。

日本は狭くて、美しい。

飛行機や鉄道の発達で短時間で移動でき、感激できる風景がたくさん広がっています。
インスタでは先に写真をUPしていましたが、その時に感じたことなども一緒に、ブログでも振り返っていきたいと思います。

少し時間がかかると思いますが、レッスンのお知らせなども挟みつつ、しばらくお付き合いください。

 

 

La mimosa 公式  Instagram では、ブログより少し早く写真が楽しめます。
アカウントを持っていなくても、下のバナーをクリックすると見ることができます。
コメントも大歓迎です!

Instagram

 

 

イタリアたび2016 覚え書き

海外用に購入した携帯が届きました♪
いわゆる「格安SIMフリースマホ」という物ですが、海外で使用するにはこれぐらい簡易な方が便利そうです。

毎年イタリア旅行に行かれる生徒さんも多いので、ご参考までに覚え書きを記しておきますね。

紙の地図や情報誌を持って旅した時代もありましたが、インターネットがこれだけ普及すると、やはりペーパーレスの方が便利ですよね。
となると、手段は3つ。

1.自分の携帯を海外で普通に使用する→通信料が高く、設定のプランを使っても10日間で数万円になるので×

2.ルーターをレンタルする、もしくは購入する→レンタルは一回の料金はそれほどでもないが、毎回となるとコスト高。レストランの予約やホテルへの連絡、タクシーの呼び出しなど、電話を使いたい時に不便なので購入も△

3.自分の携帯に滞在国のプリベイトSIMを入れる→一番確実で格安で◯(プリベイトSIMの購入・設定が煩雑なのが△ですが、、)

というわけで、今までは3の方法で旅行をしていたのですが、実は前回日本からかかってきた重要な電話をSIMを差し替えていた為に取ることができず、帰国後苦労したことがあって。
日本の携帯番号を使える状況にしておくには、携帯の二台持ちが結局一番効率がよいのでは?というのが今回の購入に至った経緯です。
(ついでに言うと、今回購入の機種はデュアルSIM機種なので、一台で日本とイタリアのSIMが両方挿せるのです。ということはこれ一台でOK!なハズ。)

長くなりましたが、これで長年の不便から解放される♪
今年は後2回ほど海外滞在の機会があるので、一年で十分元がとれそうです。
使用感など、帰国後にまたレポートしますね。
(ちなみに購入機種はPriori3 LTE 。11,340円で購入しました。)

今回のイタリアは義両親の為の旅行。
イタリアは初めて(義父はヨーロッパも初めて)な二人の為に、たびのしおりを作って先日届けてきました。
しおりは、昨年の私の両親向けに作ったものよりバージョンアップ。
昨年両親と旅してみて、高齢者はこういうところが不安なんだな、とか、こういう過ごし方が喜ぶんだな、などの行動パターンを学習できたのも大きかったです。
文字フォントを大きくし、待ち合わせ場所は写真入りで図解し、空港連絡バスの乗り遅れなどを心配しているので時刻表を貼り付け、観光に適した服装アドバイスや持ち物チェックリストを付けました。

同時に、イタリア国内の移動に使う鉄道やバスの予約、観光施設の予約、レストランの予約などの準備もOK!
荷造りは前夜にするとして、あとはパスポートを持って飛行機に乗るだけです。

と、ここまでしておきながら、旅行まであと2週間以上もあるのです(笑)
仕事の都合などでこれから先、出発まで時間が取れないのでできることをしておいたんですが、ぎりぎり人生の私にしては出来過ぎのような…^_^;

 

 

 

海老とアスパラガスの焼きリゾット

 

5月レッスンも中盤に差し掛かりました。
メニューが好評で、私も嬉しいです。

IMG_20160520_215635

プリモピアットでご紹介しているリゾット、レッスンで残ったものをアレンジして「海老とアスパラガスの焼きリゾット」を賄い用に作ってみました。
今月はリストランテ風なレシピでご紹介しているので、賄いもリストランテ風に。
なかなか美味しくできました。
焼きリゾットは見た目も華やかなので、機会があれば今後レッスンでもご紹介しようと思います。

残り日程、5月28日(土)11時〜のクラスに空きがあります。
今月のメニューは、

Antipasto・・・そら豆とチーズのサラダ ヴェネトの馬肉のサラミ添え
Primo Piatto・・・えびとズッキーニのリゾット
Secondo Piatto・・・スペアリブのポレンタ煮込み
Dolce・・・薔薇のトルタ

上記に、パン・ワイン2種類が付きます。
(食材の手配の都合上、メニューが予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。)

体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

 

マダム・トキ

 

先日42回目の誕生日を迎えました。
家族や友人達にたくさんお祝いをしてもらい、楽しい1日を過ごせました。
心のこもったメッセージなど、ありがとうございました。

誕生日当日は、代官山にあるフレンチレストラン「マダム・トキ」でお祝いをしてもらいました。


今回は雰囲気的に写真は遠慮しようかなと思い、お土産にいただいたメニューリストとお祝いのサービスで撮っていただいたデザート時の写真のみですが、楽しかった夜の記念にちょっと書いておこうと思います。

マダム・トキは、1972年創業の老舗のフレンチレストラン。
最近はイタリアン以外のお仕事の依頼をいただく機会も増えたので、勉強を兼ねてフレンチを選んでみました。
とはいえ、モダンフレンチはあまり好みではないので、クラシカルでいて重すぎない印象があったこちらを予約しました。

代官山にある一軒家の建物は、シックなインテリアで統一されています。
重厚過ぎず、軽すぎず。
ちょっとお洒落をして、でもリラックスして食事を楽しめる雰囲気です。

この雰囲気はお料理にも表れていて、旬食材を使いながらやり過ぎ感がなく、油分のバランスも良く、滑るように食事が進みます。
テーブルでのプレゼンテーションがあったりと目でも楽しく、最後まで美味しくいただきました。

 

季節のデザート(これがまた絶品!)をいただいた後に、更にワゴンサービスのデザート。
10種類の中から、好きなものを好きなだけいただけます。
おっと、勧められるままに5種類もチョイス。。


私はこちら。
お腹がいっぱいでしたが、パリブレストがあまりにも美味しそうでちょっとだけ。
予約時にお祝いの席と伝えていたので、メッセージのデコレーションをしてくださいました。
記念に写真も撮っていただき、すぐにプリントして、帰る時にプレゼントしてもらえたのも良い記念になりました。

 

雰囲気も好みで、お料理も美味しく、楽しい夜になりました。
でも、特筆すべきはサービスでしょうか。
ギャルソンがエンターテイナーかのような、感嘆してしまうほどの動き方なのです。
話術もあり、テクニックもあり。
しかもこれらは、お料理をサーブする、ワインを勧める、といった基本が完璧な事の上に成り立っているので、お仕着せがましさは全く感じず、いつの間にか自然とそうなっている、といった感じ。
気分が良いと言うか、気持ちが良いと言うか。
同じ飲食業に携わる者として、とても勉強になりました。

 

一昨年、去年と、怪我でちょっと停滞気味だったので、今年は少し新しい事にも挑戦しようかなと思っています。
42歳はこれをした!と来年に思い返せるよう、計画を立てました。
有り難い事に仕事も忙しくなりそうですが、誰かを喜ばせることができるように、丁寧に積み重ねていきたいなと思います。

 

 

そして、結婚生活も18年目に突入。
あららー
お疲れ様です。
って言い合いながら乾杯しました(笑)

 

 

 

学び

 

熊本を震源とした震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。
被災した方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 

九州の震災から昨日で一週間が経ちました。
当日は分からなかった被害状況が翌日以降明るみになり、その翌日にまた大きな地震が起こり、たくさんの方が亡くなられました。
ご遺族の方の哀しみ、
暗闇の中、轟音と共に揺れが収まるのを耐えるしかない被災地の皆様の恐怖はどれだけのものだろうと思います。
一日も早い収束を心より願うと共に、心身のご健康をお祈りします。

被災地から遠く離れた私でさえ、深夜に何度も何度も鳴る地震の報知音に、胸が苦しくなりました。
5年前の記憶が蘇り、暗闇の中一人で余震に怯えたことや、数ヶ月は浅い睡眠しか取れなくなってしまったことなどが思い返され、精神的に落ち込みました。

でも、安全に暮らせる被災地外の人間は、被災地の方が苦しみや辛さを吐き出せるよう、頑張らなくてもいい場所として心を強く持たねばと思いました。
気持ちで追体験をする以外にも、心を寄せる方法があるはずだと思うのです。

そう思い返してからは、やるべき事をきちんとやり、予定は全てこなし、笑うときは笑い、食べるときは美味しく食べ、眠るときはたくさん眠る。
それでも心が持っていかれそうになった時に、くまモンの歌を見つけました。

 

ふっと笑いがこぼれ、切なくなり、でも温かくなる歌です。

 

日本では私が生まれた後だけでも、大きな地震が何度も起こりました。
今後も日本のどこで起こってもおかしくないという大震災。
事前の対策を十分に考えることは勿論ですが、被災地以外の人間が学び、学習していくこともとても大切だと思います。

安全な場所で暮らせる者として、何ができるのか
その支援はいつのタイミングが良いのか
日々の生活ではどう過ごす事が心寄り添える事になるのか

正解はないので、様々な議論が起こるのは当然ですし、それで良いと思います。

 

自分のできる事を、自分の頭と心で考える事。
全てがパワーとなって、被災地へ届きますように。