すだち蕎麦〜東京 土山人〜

 

イタリア料理教室La mimosa 10月レッスン、全クラス終了しました。
皆様、お疲れ様でした。

トレンティーノ・アルト−アディジェ州のお料理、いかがでしたか?
茶色い地味〜なお料理ばかりですが、地味が滋味に通じる美味しさだと思うのです。
ぜひご自宅でも復習してみてくださいね。

 

今月は通常月とクラスのレッスン順が異なり、また、間隔が開いたりしていたので、合間にちょこちょこお出かけをしていました。
中目黒にある土山人に「すだち蕎麦」を食べに行きました。
季節限定のお蕎麦で、一度見たら忘れられないビジュアルです。

細めのお蕎麦にすっきりとした出汁、すだちの酸味が加わり、見た目通りのさっぱりさです。
内装などはちょっと私にはお洒落過ぎでしたが(和風建築は昭和テイストが好きなのです)、すだち蕎麦は美味しかった。
二日酔い気味だったので、なおさら美味しく感じた感はありますが、季節になったらまた食べたいな。

秋は食やワイン関連のイベントやセミナーも多く、外食の機会が増えそうです。
久々に、美味しかったお店のお話などを綴っていきますね。

 

 

 

あとは大好きなラグビー話とか!
ワールドカップ、まだ終わってないですよ〜
ここまでの決勝トーナメント、ゲーム的に面白かったのはアイルランドvsアルゼンチン。
スコットランドの善戦も惜しかった!
私の予想は、優勝ニュージーランド、2位オーストラリア、3位決定戦はアルゼンチンが冷静にプレーできれば勝ちそうな気がする。
楽しみが続きます♪
ちなみに好きな選手は、スコットランドのレイドロー選手と、日本の松島選手。
ウザめな話に付き合ってくれる人募集!(笑)

 

 

 

Osteria Osio Sotto@武蔵小杉

 

先日、武蔵小杉にある美味しいオステリアでご馳走になりました。
ここはお友達お勧めの、地元民ご用達といった趣のお店。
ひと山越えて、混ぜてもらってきました。

店内はカウンターがメインの、こじんまりとした作り。
本日のお勧めが黒板にあり、そこから好きに選ぶシステムです。
私達は、お肉前菜の盛り合わせ、うずらとホワイトアスパラガスのサラダ仕立て、鱒のタルタルをまずお願いしました。

うずらとホワイトアスパラガスのサラダは、プルーンを巻いたインボルティーニ仕立てのうずらと、極太ホワイトアスパラガス、フルーツトマト(確認し忘れましたがアメーラかなぁ…)、ブッラータという豪華な一皿。
それぞれがセコンドの主役級になれる食材ですが、素材の良さを引き立たせる丁寧な下ごしらえでとてもバランス良くまとまっていました。

前菜類が終わって、次はメインに太刀魚のフリットと乳飲み仔羊のグリルを。

乳飲み仔羊も美味しかったですが、私は太刀魚がとっても気に入りました。
肉厚の太刀魚をキレイな油で揚げているのが見て分かる美味しさ。
食べての美味しさは、なんといってもその揚げ方。
ふわん、さくっ、としていて、立ち上る湯気が鼻孔をくすぐるのです。
グリーンとかをあしらわないのも、とっても好み。

 

初めに店内に入った時に、席数に対してスタッフの方が多いかな?と思いましたが、納得のクオリティとサービスでした。
数品ずつお願いしましたが、次のお皿を提供するのは、お料理の最後の一口が終わるか終わらないかの絶妙なタイミング。
ワインのサービスも、さりげなく、でも付かず離れず。
私達はお喋りで盛り上がっていましたが、脇を見ると、お一人様の女性にはスタッフの方が手を止めずに楽しそうにお話をされていました。

駅から徒歩5~6分、地元の人しか通らない道沿いと、立地としては少し難しいのかもしれませんが、連日満席なのもうなずけるお店です。
お邪魔した翌日が開店2周年だそうで、これからますますの繁盛店になる匂いがそこにはありました。

 

Osteria Osio Sotto
住所:神奈川県川崎市中原区今井南町418 南町コーポラス 1F
電話:044-281-0162
営業:[火~金]18:00-24:00(L.O. 23:00)
[土・日・祝]12:00-15:00(L.O. 13:30) 18:00-24:00(L.O. 23:00)
定休:月曜日
 

ご馳走様でした!!

 

 

 

 

イタリア料理教室La mimosa 3月レッスン空席状況

 

お待たせいたしました、イタリア料理教室La mimosa 3月の空席が確定しましたので、ご案内いたします。

 

Aクラス:3月14日(土)   満席

Bクラス:3月15日(日)   満席

Cクラス:3月16日(月)   残席1

Dクラス:3月17日(火)   残席2

Eクラス:3月20日(金)   満席

Fクラス:3月21日(土)   満席

Gクラス:3月22日(日)   満席

Hクラス:3月24日(火)   満席

 

体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

また、長らく全クラス満席でご不便をおかけしておりましたが、Eクラスにレギュラー会員での空席が出ました。
4月よりご参加いただけますので、ご希望の方はお問い合わせください。

 

*** *** ***

 

3月に入り、めきめき春らしくなってきましたね。
先日食事に行ったお寿司屋さんでは、おつまみに竹の子のお造りをいただきました。

ほくほくしていて、美味しかったな~

板前さんの手元が見える特等席だったので、包丁さばきも堪能させていただきました。

 

イタリアンでは、こんな食材も。
ホワイトとグリーン、2色のアスパラガスもお目見えです。
こちらは、いつもお世話になっている、ウララさん。
成田シェフのお皿、ばちっとキマっています。

 

春は他のどの季節よりも、食材のハシリが嬉しく感じます。
もう寒いの飽きちゃったもの。
そういう訳で、使いたい食材が多過ぎて、レッスンメニューも迷いに迷っています。。
メニューのご案内まで、今しばらくお待ちください。

 

鮨  五徳

住所:渋谷区神山町 8-2
電話:03-5454-5595
営業:18時~L.O.22:30
定休:月曜

カジュアルにおまかせを楽しめるお鮨屋さん。
お酒の肴もたくさん出してくださいます
握りはしゃりが小さめで、私好みでした。

 

Osteria Urara

住所:東京都渋谷区猿楽町1-3 ユガテビル1F 2F
電話:03-5459-2155
営業:18時~23時
定休:火曜

最近、当日ふら~っとは難しい人気店になりました。
シェフが変わりましたが、美味しさと居心地の良さは健在。

 

 

 

タイ料理 高田馬場 BOSS

 

エスニックブーム継続中です。

怪我などで行動範囲が少し狭くなっていて、しばらご新規さんとはご無沙汰でした。
涼しくなってきて街歩きが楽しくなってきたし、そろそろ新規開拓もしなくちゃね、ということで、以前より気になっていた、高田馬場のタイ料理屋さんへ出かけてきました。

 

タイ料理好きな友人から強く勧められていた、Thai Restaurant BOSS
高田馬場駅戸山口から徒歩3~4分ほどです。

実は、高田馬場は20代前半の頃に通っていた製菓学校がある場所。
2年間、毎日戸山口を出たり入ったりしていたので、あまりの懐かしさに写真を撮りまくって同級生に送ってしまいました(笑)

道行くひとが怪訝そうに眺め始めたので、お店に入ってみました。
レストランという名前ですが、ラーメン屋さんの居抜きかな?という佇まい。
これは美味しそうなものが出てきそう♪という期待が高まります。

シンハービールをオーダーし、友人とメニューを縦にしたり横にしたりしながら、だだーっと注文。

生海老のスパイシーサラダ

タイソーセージの盛り合わせ

ピータンとタイバジルの炒め物

ビールが焼酎のボトルに変わり、最初は和やかに談笑しながら食べていた私達でしたが、あまりの美味しさにだんだん無言に…

マナガツオのフライ生姜炒め

ソフトシェルクラブと玉子のカレー炒め&蒸しもち米

最後の方では「美味しい!!!」しか出てこなくなってしまって、お店の人に笑われたほど。
ソフトシェルクラブのお皿なんて、美味しすぎてお替りすればよかったと今でも後悔しているくらい絶品でした。

 

私自身もタイ料理が好きでいろいろなお店に行きましたが、都内ではここが私の一番になりました。
東京のタイレストランは入れ変わりが激しい(ある程度流行ると、国に帰ってしまうコックさんが多いように思います。。)ので、興味のある方は早めに行った方が良いと思います。

 

Thai Restaurant BOSS

住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目29-15
電話:03-5292-2236
URL:http://www.ksijapan.com/restaurant.html

 

二次会は、学生の時にクラスメイト達とご用達だった居酒屋さんへ。
ビール瓶で…以下自粛(笑)、の懐かしいお店で、学生時代に戻ったみたいに賑やかに盛り上がりましたが、あの頃の倍近く歳を重ねてしまった事実に気付き、一同遠い目をしながら帰途に着きました。

 

 

20年前に友情や恋愛の話題で熱くなったお店で、老眼とか肝臓とか会社の愚痴とかて(笑)

 

 

 

 

プーリア料理の会@Urara ご報告

 

今日で7月も終わり、明日から8月です。
って、まだ夏続くのー(泣)
暑っいですね~
最近日中は、雨戸を閉めるイタリア方式で断熱しています。。

さてさて、そんな暑かった数日前、いつもお世話になっているUraraさんで「プーリア料理の会」がありました。
La mimosa チームは総勢15名!
2階を貸し切りさせていただき、にぎやかに盛り上がってきました。
泣く泣く参加をあきらめた方もいらっしゃると思うので、素晴らしかったお料理の数々をご紹介します♪
(意地悪?)

 

Antipasti Burrata e stracciatella,Capocollo,Ricotta e marmellata,Caramari barese,Marinato di sardina
手前から時計回りに、カラマリバーリ風、北海道産リコッタと赤玉ねぎのマルメラータ、イワシのマリネ、タラッリ、カポコッロ、カリフォルニア産ブッラータ、プーリア産ストラッチャテッラ

前菜を小皿でたくさん提供するプーリアスタイルに習って、たっくさんの前菜を用意してくださいました。
まずは冷前菜の盛り合わせ。
イカや鰯は肉厚で、チーズはフレッシュ。
ジューシーさは全部共通で、お皿全体が軽やか。
暑い日だったので、酸の多い組み合わせにスプマンテがすすみます。

Antipasti Tiella di riso e cozze barese,Pure di fave,Frittata con riccio di mare,Polpo alla brace,Braciole di cavallo
手前から奥に向かって、会津産馬肉のブラチョーレ、空豆のペースト、北海道産タコの炭火焼き、ティエッラ バーリ風、北海道産生うにのせ フリッタータ

お次は温前菜盛り合わせ。
肉・魚・野菜の組み合わせで、味と食感に緩急があり、ゆっくり食べ進めることができます。
ほんの一口、ふた口ずつなんですが、バラエティに富んでいるので、ボリューム満点に感じました。
個人的にはティエッラに脱帽!
今まで食べたどのティエッラよりも美味しかった~

Zuppa Crema di verdure con melanzane
イタリア産トピナンプール、鎌倉産バターナッツ、イタリア産人参、淡路産玉ねぎのクレマ、三浦農園のナスのせ

これ、食べた瞬間に全員から感嘆のため息が漏れました。
滑らかでナッティーで甘くて。
ふわんと香る玉ねぎのコクと、人参の甘さは、ただの香味野菜ではないとっても良い香り。
濃度も重たすぎず、軽すぎず。
大介さんはいつもズッパの仕上げが上手いな~と思うのですが、この日も完璧でした。

Primi Orecchiette con cozze tarantino
モンサンミッシェルのムール貝のオレッキエッティ ターラント風

フランスに住む兄から「モンサンミッシェルのムール貝は絶品!」という話を良く聞いていたのですが、確かに確かに。
小粒ですが旨みが濃く、おいしいスープがいっぱい!
むっちりしたオレッキエッティによく絡む、美味しい一皿でした。

Primi Troccoli con ragu salsiccia leccese salsa di primitivo

レッチェ風自家製サルシッチャの煮込みのトロッコリ プリミティーヴォのソース添え

パスタを一皿にするか二皿にするか悩んでいた大介さんですが、やっぱり二皿(笑)
もちもちのトロッコリに、濃厚なサルシチャのソースがよく絡んで美味しい!
プリミティーヴォのソースのほどよい酸味がアクセントになって、これまた美味しい!!
センスあるな~

Secondo Agnello e carciofi al cartoccio con cacciocavallo
オーストラリア産骨付き仔羊ロース プーリア産カルチョーフィ カリフォルニア産カチョカヴァッロの紙包み焼き

私の大好物が全部入りの、素敵なカルトッチョ♪
かなりお腹がいっぱいだったんですが、蒸し焼きになった羊は柔らかさっぱりで、ぺろっといけちゃいました。
下の階で食べていた友人は満腹で食べられなかったそうですが?
おかしいな~(笑)

Dolce
食後には、店長の裕三さんがドルチェとカッフェをサービスしてくださいました。
「お腹いっぱーい」って言っていた皆で、しっかりいただきました(笑)

お料理は素晴らしかったんですが、写真がイマイチでごめんなさい…
次回がんばります!

 

そして、これほどのお料理にはやっぱりそれなりのワイン、ってことで、担当の甘利さんが用意してくださったワインは13種類!
泡、白、ロゼ、赤とあり、バラエティ豊富で選ぶのも楽しかったです!
全てグラスでの提供だったので、近くのテーブルの人と味見し合いながら、たくさんの種類が楽しめました。
ワインの冊子まで作ってくださったことに敬意を表して、全列挙!

1.Cantina ALBEA Ruffiano Valle d’Itria
2.Castello Monaci Feudo Monaci Fiano Salento Bianco
3.Tenute Girolamo Capo di Gallo Verdeca
4.Fatalone IGT Puglia Terese 2012
5.Rivera Castel del Monte Rose
6.Menhir Novementi Rosato IGT 2012
7.Poggio Le Volpi Pirimitivo di Manduria DOC 2012
8.Lizzano Primitivo di Manduria Macchia 2010
9.Feudi di Guagnano Terramare Negroamaro Salento IGT 2012
10.Natalino del Prete Salice Salentino Torre Nova 2012
11.Cantina ALBEA Terra Lucente IGT 2012
12.Conti Zecca Nero 2010
13.Fatarone Gioia del Colle Riserva 2000

太字は私がオーダーしたものですが、皆が味見させてくれたので、ほぼ全種類飲めました♪

 

La mimosa では初めてのレストランパーティー、Uraraの皆さんのおかげでとっても楽しい会になりました。
初めましての方も多かったと思うのですが、共通項は「美味しいモノ好き」。
すぐに打ち解けて、美味しい会話で盛り上がりました。
すでに、次のお約束をした方達もいらしたようで、企画者としては嬉しい限り。
人の輪が広がっていくのを眺めながら、幸せな気分になりました。
皆さん、ありがとうございました。

そして、美味しいお料理を作ってくれた大介さんと、ワインのセレクト、サービスを担当してくれた甘利さん。
当日まで細やかにフォローをしてくださった店長の裕三さん、夜遅くまで仕込みに準備に頑張ってくださったスタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

実は「次はトスカーナあたりで」って大介さんと話がついてるのです。
プーリア料理をたらふく食べた(作った)後で!更に食べ物の話!!
料理バカだな~(笑)
皆で楽しみにしてましょうね♪

 

 

それにしても、食べた 食べた…
カジュアルな会なので浴衣で行った私、皆に帯でお腹が苦しくならないか心配されたんですが、コツがあるのです。
着崩れしないように1本目の紐は結構キツく縛るんですが、この結び目を胃の真上に置かず、少し横にずらすと胃が圧迫されず、お腹がいっぱいになっても大丈夫!
以上、大食漢以外には全く役に立たない豆知識でした(笑)