石垣・宮古・那覇・福岡・宮崎・伊丹・札幌 修業たび

 

JALの上級会員を目指すことを目的に、JAL便に乗りまくる事を「修業」などと表現したりします。
この時の1泊2日の旅は、まさしく回数を稼ぐための修業的な位置づけ。
前回の2日で16フライト経験で気が大きくなり、範囲を南は石垣島、北は札幌まで広げた大胆な行程を計画しました。
決行日は、家族で伊豆旅行に行った翌日。
私にGPSをつけたら、機械の故障と思うかも(笑)

まずは羽田から大阪へ。
この日は飛行機から富士山も綺麗に見えて、幸先よいなー♪などと浮かれてました。

大阪から福岡へ行き、ちょっと早めのお昼休憩。

噂の瓦蕎麦を食べました。
熱々の焼き瓦の上に、お蕎麦とお肉や錦糸卵が乗っていて、それをめんつゆに浸して食べます。
カリカリに焼けた蕎麦の食感も楽しく、まだまだテンション高し。
福岡から、那覇へ。

疲れてきましたが、南国の空気に少し元気になり、那覇から宮古島へ。
宮古島では搭乗口すら出ずに、石垣島行きの飛行機に乗り継ぐ予定が、天候不順で遅延。
離島で遅延が発生すると、この後の行程全部NGになると初めて思い至ったのがこの時。
離島間は便数が少ないので、1便欠航になると島に足止めになってしまう場合もあるのです。
普通はこんな滅茶苦茶な乗り継ぎはしないので、説明が大変だなぁ、ホテルどうしようかなぁと思って少しヤキモキしましたが、30分遅れで石垣島行きが出発しました。

石垣島でも乗り継ぎがタイトでしたが、無事に那覇に到着。
夜の那覇空港は観光旅行帰りの人が多く、皆様少しお疲れモード。
私は違う意味で疲れてましたが、もう1フライト!
那覇から、福岡へ。
これで1日目終了。
この日は全部で、7フライト乗りました。

予約していた博多のホテルに着いたのは、21時頃。
お腹は空いていたけれど、かなり疲れていたので、ホテル近くのお店をネットで検索して、適当に…

と思っていたら、ここがとってもアタリなお店でした!
スタッフの方が親切で、女将さんが優しくて、お料理も美味しくて。
郷土料理の勉強をしてると話したら、胡麻サバやクエ鍋を一人分で作って下さったり、珍しい亀の手をサービスして頂きました。
たくさんサービスしてもらった上に、お土産の差し入れまで!
お土産のオススメを相談していたら、女将さんがささっと近所のお店に買いに行ってくれたのです。
疲れていた身体と心に沁みました。。。

美味しいお酒とたっぷりの睡眠で元気になって、翌朝空港に向かう前に前夜のお店のスタッフさんおすすめの「牧のうどん」で朝ごはん。
博多はうどんも名物で、柔らか麺が特長です。
こちらは柔らか麺がダシを吸い続けるので、やかんに入った追いダシが別に付いてくるほど。
サクサクのゴボ天との対比が面白く、なるほど、飲んだ後に食べたくなる感じ。
朝ごはんにも優しくていいな。

元気に搭乗して、福岡から宮崎へ。
降りたいけど時間がない〜ってことで、空港から見える椰子の木に再訪を誓い(笑)、宮崎から大阪へ。

ラウンジで少し休憩して、大阪から札幌へ。
羽田を飛び越えて、、と思ったら、日本海側のルートで飛ぶので、雪景色を眺めながらのフライトはなかなか楽しかったです。
千歳へ着く頃には夕暮れに。

千歳空港は国内空港の中でもかなり施設が充実しているので、ここで少し遊ぼうと思い、あえて乗り継ぎ時間を多めに取っておきました。
お土産屋さんを流し、温泉に入り、ビールで乾杯♪

ジンギスカンを食べ、お寿司屋さんへハシゴし、最終便で羽田へ帰りました。

1泊2日で16フライトも人生初でしたが、1泊2日で沖縄と北海道に行く経験も初めて。
疲れはしましたが、サンゴ礁や雪景色、途中の美味しい物や人の親切に癒されて、楽しい旅になりました。
今回は飛行機に乗っているだけでしたが、いずれも大好きな場所。
次は一箇所ずつ、ゆっくりできる旅で戻って来ようと思います。

 

美食酒彩 六ヶ城

住所:福岡市博多区 中洲 2-7-21 GIOテラスビル1F
電話:092-281-8886

一人でも、複数でもオススメです。
場所が少しアレ?って所にありますが、お店は清潔で居心地良し。
お店の方も親切で、福岡のことをいろいろ教えて貰えました。

 

 

<備忘録>

2/27
17leg 羽田〜伊丹
18leg 伊丹〜福岡
19leg 福岡〜那覇
20leg 那覇〜宮古島
21leg 宮古島〜石垣島
22leg 石垣島〜那覇
23leg 那覇〜福岡

2/28
24leg 福岡〜宮崎
25leg 宮崎〜伊丹
26leg 伊丹〜札幌
27leg 札幌〜羽田

 

La mimosa 公式  Instagram では、ブログより少し早く写真が楽しめます。
アカウントを持っていなくても、下のバナーをクリックすると見ることができます。
コメントも大歓迎です。

Instagram

 

 

 

 

春ごはん

 

春ですね〜
3月はちょっとバタバタとしてしまい、あっという間に4月になってしまいました。
生徒さんの中には、お子さんが今日が入社式という方もいらっしゃるでしょうか。
新しい生活が始まる方も多いかと思います。

私は3月締め切りの仕事がひと段落し、少しほっとできる期間。
この間に春の美味しい食材をたくさんいただいたので、ちょっとご紹介を。
この後また少し忙しくなりそうなので、たっぷりエネルギーチャージをしました。

いつもお世話になっているルコラステーションの畝田さんから、掘り立ての筍をいただきました!
大好物の筍、早速イタリアンに仕立ててみました。

新鮮なので、生のままグラナパダーノと一緒にカルパッチョ仕立てで♪
ほの甘い香りが立ち上って、旬のエネルギーをいただいて元気が出ます。
残りは水煮にしたので、もう少し筍料理が楽しめそうです。
畝田さん、ご馳走様でした。

 

お次は粉研の定例会。
今回はKさん宅に桜を活けて、お部屋でお花見です。

生ハムを挟んだふわふわパンケーキから始まり、アボガドのディップ、絶品手作りパン、イカとブラッドオレンジのタイ風和えもの、エビチリ、蒸し鶏サラダ、うにパスタ、沖縄豚のハーブ塩釜焼き、そして今回のお題の揚げ春巻き。

揚げ春巻きって難しいんですよね。
皆で巻き巻きしながら、破裂しないコツを考えたりと、とても勉強になりました。
そして、何より絶品!
大葉・パクチー・ミントなどの香りがある野菜で巻いて食べると、いくつでも入ってしまいそうな勢い。
美味しかったな〜

私はリクエストをいただき、うにパスタを作りました。
卵たっぷりなタリアテッレを打っていき、リッチな仕上がりに。
コレステロールが気になるお年頃ですが、たまにはね。

美味しいワインとお料理を楽しんだ後は、美味しいケーキでお誕生日のお祝い。
メンバーが2人も3月生まれだったので、キャンドルなどで賑々しくデコレーションしてみました。
一緒にお祝いできて、楽しかったです。
Kさん、皆様、ありがとうございました!

 

お次は夜桜鑑賞。
椿山荘のラウンジでワイン仲間との会があったので、ちょっと早めに出かけて庭園をお散歩してきました。
人気のない宵の口の庭園、妖しいほどの桜、美しすぎてちょっと心細くなるような風景でした。

明るいホテルの中に戻ってのお楽しみ♪
椿山荘のラウンジでは、イブニングハイティーなるメニューがあり、3段トレーのオードブルとアルコールが楽しめます。
メインにはこんな立派なローストビーフと、ケーキにお茶のサービスもあり、ボリューム満点でした。
こちらのラウンジはくつろげる穴場なので、たまに利用しています。
静かでサービスも良く、落ち着いておしゃべりができますよ。

あ、あくる日は魚まみれでメバルとかノドグロとかも食べてました。
一週間で食べに食べたなぁ〜

 

春本番はこれから。
仕事のバタバタは続きますが、春食材のお楽しみもまだまだ続きそうです。

 

 

La mimosa 公式  Instagram ではごはん以外の裏ネタもご紹介していますので、よかったら覗いてみてくださいね。
アカウントを持っていなくても、下のバナーをクリックすると見ることができます。
ほぼ毎日つぶやいてます。

 

Instagram

 

食欲の秋を楽しむ会@ALA

 

先日開催した、生徒さんとの食事会「食欲の秋を楽しむ会@ALA」、おかげさまでとっても楽しく美味しく大盛況のうちに終了しました。
早速ですが、お料理のレポートをしたいと思います。

食前酒は到着順に選んでいただき、全員集合しての乾杯はピエモンテのアルネイスで。
涼やかでエレガンテな香りは、乾杯に相応しい華やかさ。

お料理は、広島産牡蠣から。
大粒の生牡蠣にトマトのジュレを乗せて。
つるん、ぷるん、と喉を滑り落ちる食感は、スターターにもってこいの美味しさ。
事前にメールでアレルギーの有無を確認いただいたりと、細やかなお気遣いに感謝です。

お次は佐島のタコを使ったお皿。
炭火で炙ったタコが香ばしく、きゅきゅっと胃袋を広げてくれるような旨みです。

次の前菜はビテッロ・トンナート。
仔牛のボイルにツナマヨネーズのソースをかけた、ピエモンテの伝統料理です。
きたよきたよ〜

このあたりから、ワインは赤へ。
ネッビオーロの綺麗な酸が伸びやかに続くような、素直な旨み。
ふむふむ。

冷前菜が続いた後に、ズッパ登場。
カタツムリの入った、ミネストラです。
濃厚なのに、お腹にすとんと落ち着く感じ。
美味しいな〜

次のプリモは、マントヴァ風ラビオリ。
スパイシーなかぼちゃの詰め物が入っています。
もうひとつ、ふたつ食べたいところをぐっと我慢。

カステルマーニョのニョッキ。
ピエモンテの牛乳のチーズをソースにした、ニョッキです。
見た目は白っぽいですが、かすかに香る青カビの香味が食欲もワインもそそります。

 

で、出たー!
白トリュフがけタヤリン!!
鼻腔を刺激する芳香は、ずーっとずーっとふがふが嗅ぎたいほど。
白トリュフの名産地、アルバで食べたのより美味しい!
翌日まで鼻の奥にとどまっているような、脳内が痺れているような、凄いお皿でした。

このあたりから、ワインはバルベーラへ。
なのに、写真を撮り忘れたーーー
自分でリクエストしておいたのに…
すみません orz

そして、こちらも私のリクエスト、青首鴨。
&フォアグラ!?
フォアグラはシェフのサービスです。
というか、ずっとサービスされっぱなし??

鴨で終了かと思ったら、子豚ちゃんが控えていました。
低温調理された皮付きの子豚ちゃん。
こっそり作り方を聞いたんですが、これは絶対家では無理。
2週間前に予約すれば食べられるそうですよ。
私はすでに次を予約済み♪

そして最後は、ズブリゾローナ。
ロンバルディア発祥の伝統菓子です。
私、これ大好物なのです。
美味しかったな〜〜

 

以上、お料理10皿、ワイン4種(もう1本撮り忘れワインが…)、堪能しました!
いやーーー
美味しかった!
お料理をお願いしたダイスケシェフは、機会があるごとに美味しいものを作っていただいていますが、今回もさすがのクオリティ。

そして、ワイン&サービスは、グループ統括マネージャーの甘利さんと、ALA店長の山崎さんに、いろいろとご相談しつつ、ワガママもたくさん聞いていただきました。
いつもながらのALAクオリティ、スタッフの方々のフォローにも感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!

そして、いつも美味しいワインをセレクトしていただいている、mieux-mieuxさんにもご参加いただき、皆さんにワインのお話をたくさんしていただきました。
La mimosa にご参加いただくようになって、イタリアワインの魅力に触れた方も多く、こちらのお話もとても盛り上がりました。
お忙しいところ、ありがとうございました!

 

今回は急遽決まったイベントで、ご参加が難しかった方も多かったと思います。
次回は皆さんが参加しやすいよう、久々の持ち寄り会をしようかなと画策中ですので、ぜひご検討くださいね。

 

 

堪能中な美女軍団。
皆様、楽しい時間をありがとうございました!!!

 

 

 ALA(アラ)

住所:東京都渋谷区神宮前3-26-11 原宿SHビル 2F
電話:03-5772-2919
ランチ 11:30AM~14:30PM(土日祝 12:00PM~14:30PM)
ディナー18:00PM~23:30PM

普段のALA は、スピエディーノ(串焼き料理)が楽しめるカジュアルなお店です。
カジュアルですが、お料理のクオリティはリストランテ並み。
コスパの良い、居心地の良いお店ですよ。

 

 

 

いつでも魚まみれ〜魚まみれ眞吉@恵比寿店〜

 

アルザスワインのお次は、カジュアルに居酒屋さんに行きましょうか。

魚にまみれたい時に行く「魚まみれ眞吉」
私は恵比寿店を良く利用します。
安くて、新鮮で、これでもかー!ってくらい魚まみれになれます。
店名に偽りなし。

こちらの刺し盛り、本当にお得です。
5種盛りと7種盛りがあり、5種盛りは1点、7種盛りは2点、本日のおすすめのお魚から好きなものを選べます。
ここのお店の名物、のど黒も選べます。
この日は手前から、のど黒あぶり・平貝・牡丹エビ・昆布締め鯛・秋刀魚・戻りカツオたたき・クエ。
これで1人前880円!すごい!!

この日はさらに素敵なお魚がいました。
北海道鵡川の生ししゃも。
卵はメス、身を楽しむならオス、と言われますが、こちらはオス。
脂がのってそうだったので、天ぷらにしてもらいました。
これがまぁ、美味しいのなんの。
ふっわふわのほーっくりで、こんなに美味しいししゃも、札幌に住んでいた時にも食べられなかったです。
鵡川のししゃもはブランドなので、東京に集まっちゃうのかな。
青い鳥はこんな身近に!ってパターン(ちょっと違うか。。)

そして、私の大好物、鯖のへしこもありました。
これがあると、日本酒がするする飲めちゃう、危険なブツです。

魚以外にも、左党にはたまらない肴の数々。
飲む量を決めておかないと、ほんと危険です。

こちらのお店、定休日がないので、比較的日曜日や水曜日という築地市場がお休みだと定休日にする魚系のお店が多い中、本当に助かっています。
魚は鮮度はもちろん大事ですが、ものによっては寝かせた方が旨みが増すものも多いし、仕入れに間違いがないのはお料理を見れば一目瞭然。
そして、ちょっとつまみたい時にも便利なので、2軒目使いにも重宝しています。
そうそう、店内は分煙なので、魚を楽しむ時は気になるタバコの煙がないのも嬉しいポイント。

以前お店のオーナーさんとお話しさせていただいたのですが、のど黒とか一部のお魚は原価すれすれでは?という放出っぷりで、他のスタッフさんが苦笑していました。
居酒屋さんなのでカジュアルですが、お財布を気にせずに、美味しくたっぷり魚を楽しめるお店。
とってもお勧めですよ。

 

 

魚写真にまみれた後は、いよいよ白トリュフ!
これから教室の皆さんと食事会に行ってきます。
詳細、またご報告しますね〜

 

 

 

たまにはフランスワイン〜コテ・フー〜

 

先ほど、23日の「食欲の秋を楽しむ会@ALA」にご参加の皆様に、ご案内のメールをお送りしました。
ご参加の方で届いてないよーという方は、ご一報くださいませ。

*** *** ***

 

さて、食べ歩き記録第二弾は、久々に飲んだフランスワインのお話でも。
フランスワインというか、アルザスワインという方がしっくりくるかな?

フランスに住む兄が帰国中で、出先で急遽会うことになったとある日。
仕事の関係であまりゆっくりできなかったので、お店選びは兄に任せ、兄が最近通っているという代官山にあるコテ・フーというお店にお邪魔しました。

こじんまりとした店内に入ると、大きな石窯がどーんと鎮座しています。
お聞きすると、ナポリから取り寄せたピッツァ用の石窯なのだとか。
こちらは、アルザス地方のピッツァのようなお料理、タルトフランベがアルザスワインと一緒に楽しめるお店としても有名だそうです。
今回はお料理に一皿ずつ合わせて、グラスでいろいろとワインをお勧めしていただきました。

少し酸味のあるフロマージュブラン、玉ねぎ、ベーコンがたっぷり乗った、タルトフランベ・ナチュール。
ミネラルたっぷりのアルザスワインと合わせると、すすすすーっと胃に流し込まれてしまう美味しさです。
フランスで食べたものとは少し違うかな?と思いましたが、たぶんこれって、日本でいうところのお好み焼きくらいアルザスではポピュラーで、場所や人でいろいろな作り方があるんだろうな。
東京の一角で、そんなことを考えながら頬張るタルトフランベ、素敵だなー

そしてこれがツボだった、トリップのリースリング煮込み。
甘みとトロミが絶妙で、好みさ加減ではイタリアのトリッパを超えてしまいそう。。
これ、トレンティーノあたりのワインでやってみよ!

 

食後に狙っていた栗のデザートがタッチの差で売り切れてしまい、ぶーぶー騒いでいたら、お店の方が栗を石窯で焼いてくださいました^_^;
あま〜いデザートワインと♪

 

照明を落としたこじんまりとした店内。
カウンター6席、テーブル3卓の小さなお店ですが、居心地度は抜群です。
日曜日はランチもやっているようなので、お買い物のついででも楽しそうですね。
軽く食べて飲める、がっつり腰を落ち着けて食べて飲む、どちらにも使える良店です。

 

 

最近、照明暗めの静かなお店の方が落ち着くのは、歳なのかしらね。
特に照明!
目にも肌にも優しい暗さがいいな(笑)