治療記録16 抗がん剤治療1クール③

こちらは子宮体癌ステージ2、卵巣癌ステージ1bの治療記録になります。
情報が必要な方への発信と、備忘録を兼ねてupしていきます。

***

【2018年11月20日~12月12日 】

抗がん剤投与後2週目頃から白血球の数値が落ち始めます。
これに伴って、腰痛が出始めました。
倦怠感もこの頃が一番強かったように思います。

でも、一番怖いのはウィルス感染です。
体の抵抗力が弱っているので、普段なら移らない程度の風邪でもすぐに感染してしまいます。
また、インフルエンザが流行り始めた頃だったので、マスクとウィルス除去に効果があると言われたクレベリンという薬剤のペン型タイプをいつも首から下げていました。
これは夫にも徹底してもらい、なんとかインフルエンザにはかからず済みました。

また、この頃から卵巣を摘出してしまった後遺症で更年期症状が出始めてしまい、ホットフラッシュが始まりました。
特に夜中に寝汗をかいてしまい、それが冷え、ひどい風邪をひいてしまいました。
これがまた、なかなか治らず…
普段滅多に風邪をひきませんし、かかってしまってもすぐに治す自信があったのですが、やはり白血球が減少しているんだなぁと、体の変化に驚きました。

そして、たぶん皆さんが一番恐れている脱毛。
これも、投与後2週目くらいから始まりました。
始めはシャンプーしている時にごそっと抜け、びっくりしました。
長いまま抜けていくのが見苦しそうで嫌だったので、このタイミングで思い切ってスポーツ刈りにしてしまいました。
カツラはもうできていたのもあって、そう抵抗はありませんでした。
周囲に見せても好評だった(と思いますが、他に言いようがないですよね笑)ので、物心ついてからは初めての坊主体験を楽しむことにし、帽子やスカーフなどを購入しました。

抗がん剤投与後3週目
このタイミングで、病院に行き、血液検査を受けます。
白血球の数値を確認し、次の抗がん剤投与ができるかどうか判断するそうです。
ここで減少後の復活が思わしくないと次回が少し延期になってしまい、効率的な治療計画を変更しなくてはいけなくなるとのこと。
また体調不良も同様で、特に発熱などがあると投与ができないので、十分注意するように念をおされました。


La mimosa 公式  Instagram は、アカウントを持っていなくても下のバナーをクリックすると見ることができます。
再開した旅行など、日々のことはこちらで発信していきます。
コメントも大歓迎です。

Instagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。