治療記録13 術後20日〜35日

こちらは子宮体癌ステージ2、卵巣癌ステージ1bの治療記録になります。
情報が必要な方への発信と、備忘録を兼ねてupしていきます。

 

 

 

***

【2018年11月5~11月19日 術後20~35日】

術後20~35日にできるようになった事

・痛み止めを飲まず、3時間座位を保てる
・美容室で髪を切る
・パスポートの申請
・オフィスで仕事の打ち合わせ
・2時間ほど買い物
・4時間ほど外食
・アルコールを飲む

 

この期間は体がだいぶ動くようになり、徐々に体力も戻ってきました。
抗がん剤治療が始まる前にと、ウィッグを作りに美容室に行ったり、切れてしまうパスポートの申請に行ったりしました。
また、お酒も解禁し、家族で食事に行ったりも楽しめるようになりました。

退院後、外来での初めての診察もありました。
血液検査等特に問題もなかったので、先生とスケジュールの相談をし、2週間後に1回目の抗がん剤治療の入院予約をしました。

抗がん剤治療は脱毛してしまうタイプの薬を使うため、病院の先生や看護師さんから治療開始前にウィッグの用意をすると良いですよ、とアドバイスをいただいていました。
調べてみるとお値段もタイプもピンキリで悩んだのですが、1年くらいは使うのでセミオーダーのものを作ることにしました。

タイプを決めた後は、美容室選び。
一般のお客さんも来る美容室、ウィッグ専門店、医療用ウィッグ専門美容室と、形態も様々です。
ウィッグはロングか、ショートが一般的なようでしたが、私はショートボブスタイルに馴染みがあったので、この髪型で素敵に作ってくれそうな医療用ウィッグ専門の美容室を選びました。

ANGELIQUEさんは市川に本店がある美容室ですが、銀座にもサロンがあり、私は銀座店を予約。
事前に現在のスタイルの画像を送ったり、好みのスタイルを相談したりした後に、マンションの一室で開業しているサロンに向かいました。

初めての美容室は緊張しますが、担当の美容師さんはがん患者に慣れていらして、私が知らないことなどをとても詳しく教えてくださいます。
初日はまだ自髪があるので、ざっくりとした形作り。
抗がん剤治療が始まってから、2回目、3回目と、髪の量や体重の変化に合わせてウィッグの調整をしていくことにしました。
1年間は通い放題なので、少しずつの調整が可能なのです。
髪型についても根気よくワガママを聞いてくださり、最終的に私の元の髪型と同じ、少しパーマっ気のあるショートボブのウィッグを作ってくださいました。
このウィッグ、全くウィッグと分からない!と、家族や友人にも好評です。

ちなみに、横浜市は医療用ウィッグには上限1万円の助成金が出ます。
同様の制度を設けている自治体は多いので、お住いの自治体に問い合わせてみてください。

 

 

抗がん剤治療が始まると、個人差もありますが、やはり体調が優れない日が多くなります。
治療期間中にはできないこと、出かけられないこともあると考え、用事などはなるべくこの間に片付けておいた方が良いと思います。
特に白血球の数値が落ちるので出血が止まりにくくなるため、歯科治療やクリーニングなどは済ませておくことをお勧めします。

また、抗がん剤治療直前に発熱したりすると、治療が延期になってしまいます。
延期になるとがん細胞が増殖してしまう可能性があったりと、あまり好ましくない事態になってしまうので、この間は体調管理にも努めてください。

 

 

 

La mimosa 公式  Instagram は、アカウントを持っていなくても下のバナーをクリックすると見ることができます。
再開した旅行など、日々のことはこちらで発信していきます。
コメントも大歓迎です。

Instagram

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。