イタリア料理教室La mimosa 5月レッスンメニュー

 

イタリア料理教室La mimosa 5月のレッスンがスタートしました。
メニューの詳細をご紹介いたします。

 

 

Antipasto   Cipolle al Forno玉ねぎのオーブン焼き

オーブンで蒸し焼きにした玉ねぎに、アンチョビや松の実のフィリングを詰めて、オーブン焼きにしました。
冷めても美味しいので、パーティーなどにも便利な前菜です。

残った玉ねぎを使った玉ねぎのポタージュ、一緒に焼いたそら豆、美味しいパンチェッタや蜂蜜などと一緒に、前菜盛合せでお楽しみください。

 

Primo Piatto   Tajarin, Peperoni e Tonno
パプリカとツナソースのタヤリン

ピエモンテ州トリノのレストランで食べた郷土パスタ「タヤリン」のお皿を再現しました。
ローストした甘いパプリカとツナの組み合わせは、卵の風味満点のタヤリンに優しく絡みます。
暑くなってきたので、庭のミントを散らして清涼感もプラスしました。
タヤリンも手作りして、作るところから楽しみましょう。

 

Secondo Piatto   Filetto al Senape
牛肉のマスタード風味

牛赤身肉をソテーし、マスタードとグリーンペッパー風味のソースと合わせたメイン料理。
こってりに見えますが、マスタードの酸味で爽やかな風味も楽しめます。
調味料の力を借りて簡単に作れるので、忙しい時にもオススメのお料理です。
付け合わせには庭のルーコラを添えて、ピリッとした香りをプラスしています。

 

Dolce   Meringa
メリンガ

タヤリンを作ると大量に出る卵白で、簡単おやつを作りましょう。
サクサクの焼きメレンゲに、ヘーゼルナッツのジェラートとトリノ名物のジャンドゥーヤ(ヘーゼルナッツとチョコのソース)を添えます。
暑くなってきたので、冷んやりデーザートをどうぞ。

 

今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは
’16 LANGHE ARNEIS ELISA(右)
アルネイスにリースリングがブレンドされた、ピエモンテの白ワイン。
コクのあるミネラル感に、酸が綺麗に伸びていきます。
前菜やプリモのお皿に合わせてどうぞ。

’14 LANGHE NEBBIOLO(左)
バラやスミレのような柔らかな香り。
フレッシュな果実味が、セコンドのマスタードの酸味に呼応します。
エレガントなネッビオーロのワインです。

 

下記の日程に空席がございます。

5月22日(火)残席3
5月25日(金)残席1

体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問合せフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

 

 

今月はピエモンテ州のお料理を中心にご紹介しています。
秋冬、お肉のお料理のイメージが強いエリアですが、保存のできる海産物等を工夫して使うお料理も親しまれています。
トリノやアルバの素敵なレストランで食べた時のイメージを膨らませ、初夏にぴったりなメニューに仕上がりました。
美味しいピエモンテワインと一緒にお楽しみくださいね。

 

皆様のご参加をお待ちしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。