イタリア料理教室La mimosa 5月レッスンメニュー

 

お待たせしております、イタリア料理教室 La mimosa 5月レッスンメニューを詳しくご紹介いたします。

 

Antipasto   Insalata di Polpi ai Capperi
たこのサラダ ケッパー風味

地味〜な見た目ですが、どの材料も欠かせない仕事をしてくれるサラダをご紹介します。
海沿いの地域ではよく食べられるたこ。
その旨味を引き立てあうような食材を合わせ、バランス良くまとめます。
作り置きもできるので、便利なメニューです。

 

Primo Piatto   Farfalle alla Crema di Fave e Salmone affumicato
そらまめクリームとスモークサーモンのファルファッレ

旬のそらまめを使った、オリジナルレシピ。
そらまめの香りと、スモークの香りがとてもよく合います。
合わせるパスタは、手打ちのファルファッレ。
ひらひらふわふわした食感と、コクのあるソースが美味しいパスタです。

 

Secondo Piatto   Pesce in padella con Tapenade
魚のソテー タプナード添え

その日入荷する鮮度の良い魚を使い、ふわっカリッと軽いソテーにします。
合わせるソースは、オリーブの風味豊かなタプナードソース。
南仏のソースですが、イタリアから食材が渡り、逆輸入的にイタリアへ入ってきました。
軽く仕上げるポイントを押さえて、保存食レシピに加えてください。

 

Dolce   Canestrelli
カネストレッリ

リグーリア地方の郷土菓子、カネストレッリをご紹介します。
花籠をイメージした可愛らしい形、ほろほろっとした食感は、誰もが好きな味。
面白い作り方ですが、簡単にできるので、アレンジもしやすいかと思います。
本格的に暑くなる前に、ぜひ復習してみてください。

 

今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは、
RIVUS MAJOR VINO SPUMANTE BRUT(右)
リグーリア州・チンクエテッレで創立された共同組合で作られるスプマンテ。
ぶどうの作付け面積が狭い同じエリアにおいて、豊作年のみ作られる貴重なワインです。
青りんごのフルーティーな酸と香り、柑橘、トロピカルフルーツなどのニュアンスもある、大変バランスの良い仕上がりです。
暑くなるこれからの季節にぴったりのワインです。

’15 Riviera Ligure di Ponente Pigato Marene(左)
リグリーア州のピガート種100%の白ワイン。
こちらのカンティーナは、1989年に有機農法の認定を受けました。
黄桃やムスク、シダのアロマなどエキゾチックな雰囲気に、アルコール感が感じられる、しっかりした味わいです。
セコンドのタプナードソースを引き立てる、ボディのある白ワインです。

 

今月はオリジナルメニューも含め、リグーリア州のお料理をイメージしてご紹介しています。
私がリグーリア地方へ行ったのは10月も半ばでしたが、海に入りたくなるくらいの陽気で、波面がきらきらしていて眩しいくらいの明るい土地でした。
北イタリアに数えられますが、海岸線にまで迫るアペニン山脈が北からの冷たい空気を遮断しくれるおかげで、温暖な気候が長く続きます。
フランス文化の影響も色濃く、素朴な漁師料理にもどことなくフランス風のニュアンスが加わり、興味深く感じました。
日本での知名度は今ひとつですが、日本人が好きな要素がたっぷり詰まった魅力ある土地です。
今月のお料理を食べた方が、次の渡伊先の候補地として思い浮かべてくれたらいいなあと思いながら、メニューを決めました。
初夏のテーブルに、リグーリアの色を感じていただければと思います。

今月の残り日程、5月28日(日)11時〜のクラスに1席だけ空きが出ました。
ご興味がある方は「お問い合わせフォーム」より、お気軽にご連絡ください。

 

ご参加お待ちしています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。