イタリア料理教室La mimosa 1月レッスンメニュー

 

イタリア料理教室La mimosa 2017年のレッスンがスタートしました。
1月のレッスンメニューを詳しくご紹介します。

 

Antipasto   Bagna cauda
バーニャカウダ

日本でもおなじみバーニャカウダは、イタリア・ピエモンテ州、ヴァッレダオスタ州などで食べられる、冬のお料理です。
にんにく・アンチョビ・オリーブオイルの定番タイプではない、ちょっと珍しいバージョンをご紹介します。
暖かいソースで、瑞々しい季節の野菜をたくさん食べましょう。
今回は珍しい野菜をいろいろ取り寄せました。
味の違いや食感もお楽しみください。

 

Primo Piatto   Tajarin al Burro e Salvia
セージバターソースのタヤリン

ピエモンテ州の郷土パスタ、タヤリンを手作りしましょう。
卵黄たっぷりのパスタは、黄金色も美しいリッチな風味。
ふんわりやわやわを楽しむために、ソースはシンプルに。
庭の摘みたてセージで作る香り高いソースです。

 

Secondo Piatto   Capunet
カプネット

イタリア北部で前菜に食べられるロールキャベツを、ボリュームをもたせてセコンドでご紹介します。
現地では寒さに強いちりめんキャベツで作られますが、日本のキャベツで作ってもとろりとしてとても美味。
焼き上げることで、キャベツの甘みがぎゅっと凝縮されます。
崩れないようにきれいに仕上げるコツなどもお伝えしますね。

 

Dolce   Brutti ma Buoni al Cacao
ブルッティ マ ブォーニ カカオ風味

「不細工だけど美味しい」というストレートな名前の郷土菓子。
クロッカンテなカリカリ感がおいしい、止まらないタイプの味わいです。
来月のヴァレンタインにも作っていただけるように、カカオ風味にしました。
簡単で美味しいので、普段のおやつにもオススメです。

 

mieux-mieuxさんセレクトのワインは、

’13 Chardone VALLE D’AOSTA(右)
日本では流通が少ない、ヴァッレダオスタの白ワイン。
自然農法で作られたシャルドネは、素直できれいな味わい。
熟したアプリコット、麦わら、といった熟成感もありながら、伸びのある酸味でバランス良くまとまっています。
コクのあるバーニャカウダソースと合わせてどうぞ。

’12 DOLCETTO D’ALBA VILOT(左)
フレッシュなチェリー、スミレの香り。
凝縮感のある果実味、程よいタンニン。
エレガントにまとまっています。
タヤリンやカプネットによく合います。

 

 

今月は、ピエモンテ州やヴァッレダオスタ州など、北イタリアで食べられるお料理を中心にご紹介しています。
アルプス連峰から流れるミネラルたっぷりの水で美味しく育つ野菜や、牧草。
それらを食べて育つ牛や豚が生み出す、肉や乳製品。
滋味深い山の幸を食べる贅沢が、そこにはあります。
冬の厳しい地域なので、体を温めるお料理が多く、日本でも冬に食べたくなるお料理だと思います。
作っている時から暖かくなるようなメニューばかりなので、一年で一番寒い今の季節にぴったりですよ。
後半クラスの皆さまも、どうぞお楽しみに!

 

今月、残り日程のクラスは満席となっております。
2月に体験レッスン、ワンレッスンをご希望の方は、空席状況を事前にご案内いたしますので、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。