イタリア料理教室La mimosa 12月レッスンメニュー

 

クリスマス本番、皆様いかがでしたでしょうか?
イタリア料理教室La mimosa 12月レッスンは、日本のクリスマスパーティーや年末年始のご馳走に加えていただきたいメニューで構成しました。
面白い調理道具を仕込んでいたので全クラス終わるまでお待たせしておりましたが、メニュー詳細をご報告します。

 

Antipasto   Salmone marinato

自家製サーモンのマリネ

脂の乗った北欧サーモンを、日持ちのするマリネにします。
アレンジ次第では、お正月にもお使いいただけるレシピ。
レッスン時は、円(サークル◯)にカットした野菜をトッピングし、おめでたい雰囲気にしました。

 

Primi Piatti   Tortellini in Brodo
トルテッリーニ イン ブロード

今年はおまけで小さなプリモピアットをご用意しました。
イタリアのナターレ(クリスマス)になくてはならない一皿。
コラーゲンが溶け出るまで煮出した鶏のスープに、甘いかぼちゃのトルテッリーニを浮かべました。
ご馳走の間の箸休めにオススメの組み合わせです。

 

Primo Piatto   Garganelli con Funghi e Noci
きのこと胡桃ソースのガルガネッリ

ガルガネッリを手作りし、コクのある胡桃ソースに合わせます。
工作みたいに楽しい、ガルガネッリ作り。
ほわっとした食感は手打ちならではです。
ソースは乾麺とも相性が良いので、ご自宅ではお好きなパスタと組み合わせてください。

 

Secondo Piatto   Pollo al forno
ローストチキン

フランスから持ち帰った陶器を使い、美味しいローストチキンを作りました。
笑いを取りたくて、頑張って運んだ陶器。
皆さん笑ってくれて良かった〜
鶏肉はブライン液に漬け込む方法で、表面はパリっと、肉質はしっとり柔らかに仕上げます。
漬け込んでおけば後はオーブンが仕事をしてくれるので、思いの外かんたんですよ。
クリスマスだけではなく、家族が集まるシーンで是非作ってみてください。

 

今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは、

ROTARI Brut(手前)
トレンティーノ・アルト・アディジェのコスパの良いスプマンテ。
繊細でなめらかな泡が、きりっとドライな琥珀色のスプマンテを格上げしています。
お料理を選ばない、おきにいりのスプマンテです。

’13 LE CUPOLE DI TRINORO(奥)
イタリアワイン界の鬼才が作る、エレガントな赤ワイン。
完熟された果実味に、コンポートのような濃縮感で、冬のご馳走を引き立ててくれます。

今年もナターレのドルチェは、パネットーネにしました。
ヴェネト州マンドヴァのパスティッチェーリアのパネットーネ。
ラム酒漬けのドライフルーツがたっぷりで、リッチな味わいです。
マスカルポーネクリームを合わせて召し上がっていただきました。

 

 

今年のナターレのお料理は、日本のクリスマスにお馴染みのメニューで構成しました。
馴染みがあるからこそ、シンプル丁寧に作ることで味の違いを実感していただけると思います。
忙しい普段はクイックメニューも便利ですが、家族が集まる機会が多いこの時期、ぜひ大切な方が喜ぶ顔を思い浮かべて腕をふるってください。
アレンジ次第ではお正月料理にも転用いただけますので、ご自分のセンスをフル稼働して、美味しいお皿にしてくださいね。

 

クリスマスから続く、年末年始のご馳走テーブル。
完走できるように、もう少し頑張りましょう!!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。