イタリア料理教室La mimosa 10月レッスンメニュー

 

ブログでのご報告が遅くなりましたが、フランス・スペインの旅から戻りました。
大充実の旅だったのでレポートしたいことがたくさんありますが、一度お休みをし、この週末から始まったイタリア料理教室La mimosa 10月のレッスンメニューをご紹介します。

 

Antipasto   Polpetti di Baccala’
鱈のポルペッティ

イタリア、スペイン、ポルトガルなどでよく食べられる塩鱈のコロッケ。
これをシチリアスタイルで作ります。
フィリングに工夫があるので、中はふわふわ、外側はカリッと揚がります。
よく冷やした、シチリアの白ワインとご一緒にどうぞ。

 

Primo Piatto   Spaghetti alla Norma
ノルマ風スパゲッティ

南イタリアの定番プリモ、揚げナスとトマトソース、バジルのパスタ。
よく見かける組み合わせですが、オリジナルはシチリアです。
シンプルなパスタほど難しかったりするのですが、奥深い味になるように丁寧に作ります。
美味しくなるポイントを、詳しくご説明します。

 

Secondo Piatto   Arrosto di Maiale al Marsala
ローストポーク マルサラ酒ソース

ローストポークに合わせるのは、やはりシチリア特産のマルサラ酒ソース。
これさえあれば!と思うほど、レストランのような立体的なソースになります。
ロゼ色に火入れした肉厚の豚肉に、マルサラ酒ソースの旨味。
ご馳走を作る機会が増える年末にも、おすすめのレシピです。
コントルノ(付け合わせ)には、カリッホクッなフライドポテトを。
フランスで買ってきたお塩を合わせます。

 

今月のmieux-mieuxさんおすすめのワインは、

 

’15 LA SEDRETA BIANCO(右)
パイナップルや桃の熟した香りながら、柑橘系のさっぱりとした酸味が心地よい白ワイン。
ミネラルも有り、揚げ物やシーフードに合わせやすいワインです。

’13 PASSO ROSSO(左)
ベリー系、チェリーのような香り、味わい。
心地よい果実味と酸味が、タンニンと心地よいバランスです。
シチリアのエレガントな赤ワインです。
おまけドルチェは、かぼちゃのプリンをお出しします。
ほろ苦いカラメルと、まったりしたかぼちゃの焼きプリンです。

 

今月はシチリアの定番・シンプルな家庭料理をご紹介します。
画的にはちょっと地味ですが、コツを抑えて丁寧に作ることで、とても深い味が引き出せます。
11月、12月は工程の多い手の込んだメニューになる予定なので、今年最後のシンプルな家庭料理をお楽しみください。
誰が食べてもほっとできるお料理なので、季節の変わり目、体調の崩れやすい時にもお勧めです。

今月は、下記日程に空席がございます。

10月21日(金)11時〜  残席1
10月22日(土)11時〜  残席1
10月23日(日)11時〜  残席1

体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

 

 

 

フランス、スペインを旅して、美味しいものをたくさんいただいたのですが、イタリアンがとっても恋しくなりました。
私の細胞にはイタリア料理が染み込んでいるのだなぁ、と再認識。
美味しく・楽しく・丁寧に作った私のイタリア家庭料理、ぜひ食べに来てください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。