2016フランスたび〜Saint-Émilion サンテミリオン〜

 

dsc_1711

ボルドーからローカル列車で30分ほど、フランスワインの中でも名醸造地として知られるサンテミリオンへやってきました。
イタリアでも列車利用を中心に移動しているので、なんだか懐かしい気分。
ホーム変更のアナウンスがフランス語で流れると、傍にいた男性が自ら教えてくれたりと、なんだかほのぼのしちゃいます。

サンテミリオンの名前の由来に深い関係のあるモノリス教会を中心に、街の路地が2キロ四方に伸びています。
8世紀にこの街の洞窟に隠遁した僧侶聖エミリオン。
聖エミリオン (Saint Emilion) の死後、9世紀から12世紀にかけて一枚岩を削りくり貫いて高さ11m、幅20~30mのモノリス大聖堂が製作されました。
制作には300年もかかったそうです。

街のインフォメーション主催のツアーに参加すると中を見学できます。
撮影はNGだったので写真はありませんが、内部も技巧の工夫がよく分かる素晴らしいものでした。

インフォメーションでは、近郊のワイナリーツアーも主催しています。
ワイナリーの繁忙期は個人での見学予約が難しいので、私たちもこちらに参加しました。
街の旧市街を出ると、なだらかな丘陵にぶどう畑が広がっています。
この日は天気もよく、快晴。
ぶどうの葉に日差しが反射し、海の水面のようにきらきら輝いていました。
この風景に吹き渡る風。
サンテミリオンのワインを飲むたびに、鮮明に思い出すことができると思います。

美味しいワインとお料理を楽しめるレストランが、小さい街ながらたくさんあります。
ステーキをボルドーソース(赤ワインソース)で。
お肉もソースも付け合せも全て美味しかったんですが、完食しないように気をつけました。。
まだ旅も序盤、あまり飛ばさないように注意深くね。

 

サンテミリオンの駅から街の中心部までは徒歩で15分〜20分ほど。
ボルドー〜サンテミリオン間は1日数便列車が運行していますが、サンテミリオンからの午後の列車は本数が少なくなります。
乗り遅れに注意してください。
また、サンテミリオンの駅は無人駅なので、ボルドー駅で必ず往復の切符を買っておきましょう。

 

 

 

La mimosa 公式  Instagram でも旅行記事をUPしてます。
ブログより少し早く写真が楽しめますよ。
アカウントを持っていなくても、下のバナーをクリックすると見ることができます。
コメントも大歓迎です!

Instagram

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。